日本でオンラインカジノをプレイするとクレジットカードの評価に影響を与えますか?

住宅ローンやその他の類の重要なローンの申し込みをしているなら、クレジットスコアは最優先に考えることでしょう。何か不可解な数字で、ほとんどの人はある月から翌月にかけて何が上下しているのかを完全に理解していませんが、私たち全員が知っていることは、スコアが高い方が貸し手をより引きつけるということです。ローンは以前よりも厳しくなっていて、貸し手は貸すことが安全な人であると思うかどうかを決めようとする時に、消費週間に関して細かくなることがあります。

ギャンブルのクレジットカードへの影響の仕方

クレジットスコアは、過去にお金を借りた方法に関するすべてです。負債にいかにうまく対処したのかということの数値的な反映です。そのため、資金繰りのために負債を利用していない限り、ギャンブルアカウントにお金を入れることは、クレジットスコアにはまったく関係がありません。

まず、資金繰りのために負債を利用すべてきではありません。それは恐ろしい考えです。すぐにやめるべきです。2番目に、オンラインカジノでクレジットカードを使用することはもう合法ではないので、借りたお金を使ってギャンブルをすることは以前にも増して難しくなっていて、これはすばらしいことです。法律が変わった2020年からこのようになったので、翻されることはなさそうです。実際に、規制はさらにもっと厳しくなる見込みです。

クレジットスコアに影響することには次のようなものがあります。

  • クレジットミックス – 住宅ローン、個人ローン(恐らく車)、クレジットカード、金融的な何かなどさまざまなタイプの負債を管理していること
  • 決済履歴 – 明らかに未払いの決済はスコアにマイナスの影響を与えます
  • クレジットの利用 – 実際に利用している、利用可能なクレジット金額。30%以下を維持すると良いスコアになります。
  • クレジット申し込み – 記録での多数のさまざまな厳しい調査で、多くのクレジットが必要なのかどうかを示し、スコアがマイナスになることがあります。
  • クレジット履歴の長さ – 貸主とのアカウント保持が長い方が良いです。これは、あなたと貸主間の関係がうまく行っているということを意味するからです。

ご覧のように、クレジットスコアにはギャンブル費用が特に影響を与えることはありません。クレジットスコアに影響を与えることがありますが、クレジット履歴には直接関連していない他の要因には、選挙人名簿にあるかどうか、住所や電話番号などの情報が古くないかどうか、裁判記録、特に詐欺があるかどうかということが含まれます。

銀行明細書に表示されない預け入れの方法

オンラインカジノの分別のある消費制限に従っているのに、貸主が拒否をすることに関して、本当に疑い深くなっている場合には、代わりに、いつもeWalletを使って預け入れをすることができます。

これは、例えばギャンブル明細書ではなく、Venus PointとかecoPayz決済として銀行明細書に表示されます。ですが、多数あれば貸主がそれに関して尋ねることを止めることはできません。

正直に言えば、日本でのギャンブルが管理されていて娯楽である限り、ローンやクレジットスコアに関してさほど心配することはありません。プロのギャンブラーは問題があるかもしれませんが、それでも彼らはそもそも、賭け記録によって何かをする傾向にはありません。

マーチンゲール法はルーレットで使える ?

マーチンゲール法は賭け戦略で、1700年代にフランスで考案されました。一般的にはルーレットの賭けに適用されますが、成功のオッズが大体50%のカジノやスポーツなど、どのタイプの賭けにも使えます。マーチンゲール法がもたらす「すばらしい」メリットに関して読めるウェブサイトがありますが、多数のパンターは自分達のためにセオリーを「考案する」またはどこかでそのことを聞きます。ですが、他の方法同様に、大きな資金面のリスクが隠されています。これは、ルーレットシステムをなんとか「やり抜く」考えに甘えすぎないようにするために自分でうまくコントロールできることを提案しています。

ルーレットでのマーチンゲール法の仕組み

簡単に説明すると、マーチンゲールはネガティブなプログレッションベッティングシステムです。この戦略は、負けるたびに賭けを2倍にすることを提案しています。テーブル制限に基づいて、開始するための最低ベッティングと最低ユニット、セッションすべてに使うと自分が決めた合計金額を選択します。負けたら金額を2倍にします。結果予測に何度失敗しても、常にこれが起こるたびに金額を2倍にしなければなりません。

最後に勝ったら、また最低ユニットから賭けを始めます。この方法の裏にある考えは、始める賭けに応じて、どれだけ負けても一度大きく勝ったらすべてチャラにできて、少し利益が出るというものです。

ルーレットテーブルでマーチンゲールを利用するプラス面

ルーレットプレイの際にマーチンゲールを使用する最も重要な長所のひとつは、単純に心理的な後押しを与えることです。賭け金のバックアップにベッティングシステムがあると、もっと自信を持てることでしょう。結局の所、特にルーレットの世界の初心者なら、どんな戦略でもまったく戦略がないよりも良いのです。次回のスピンでいくら賭けるのかということに絶え間なく奮闘することに対処する方法です。

特にミニマーチンゲール原理に固執することには特定の長所があります。これを使うと、ある時点で2倍賭けをやめるはずです。ですから、基本的にはテーブル制限よりも低い金額を賭けることができ、それでもまだ自分でマーチンゲールを試して継続的に賭けるチャンスがあります。一定の進行で変化を提案しないので、これは勝つか負けるかという場合を除いては他のバリエーションでは不可能です。

ルーレットテーブルでマーチンゲールを使うマイナス面

短所として、ベットにマーチンゲールを適用することを慎重に再考する最初の理由は、「ギャンブラーの誤信」つまり、「モンテカルロの誤信」というものです。それが存在する理由は、以前の結果が今後の結果に影響を与えるという考えを元にしていることです。つまり、最近起こっていない出来事は、今後起こりやすいということです。もちろん、この信条は作り話のようなもので、皆さんがご存じの通り、どんな戦略を利用しても、運だけが唯一の要因で、ゲームの結果に決定力があります。回転盤のどのスピンも完全に独立していて、以前のスピンには決して影響されません。誰も連続の勝ち負けがどうなるのかを予測することはできないのです。

長く負け続けることはないと誰もが思っていますが、現実は、しばらく回転盤を回すどのディーラーも、延々と赤や黒が続くのを見ています。長くプレイする場合には、6回、8回、下手すると10回や15回以上赤や黒が続くことは、完全に普通に起こることです。赤が10回来たら、次のスピンで赤が来るオッズはまったく同じままです。ちょうど50%以下です。