コーディネート提案実例28(40代・女性・ファミリー)

お申し込み内容

性別 女性
年代 40代
子供の人数 2人
世帯人数 2人
コーディネートする部屋 リビングダイニング
ご希望のインテリア ナチュラル2
検討アイテム ソファ/ ダイニングテーブル/ ダイニングチェア
検討アイテム予算 〜20万円
すでにお持ちの家具

テレビボード/ブラウン

幅:149 cm 奥行き:450 cm 高さ:500 cm

コーディネート概要

この度は、RoomCoコーディネート相談をご利用いただき誠にありがとうございます。

ご相談の内容や検討アイテムなどを拝見させていただきましたが、ご相談に来られる方々と同様のお悩みを抱えていらしゃいました。

これからお子様も成長していきますので、インテリアもそれに対応できる家具を考えて選ぶと良いでしょう。

今回はご要望のナチュラル2のテイストをソファダイニングをメインにご家族が快適で家族団欒しやすいリビングダイニングをコーディネートしました。

また、収納しやすく、ご家族が片付けや探し物にストレスを感じない収納を計画してみました。

テレビ台ですが、お持ちのテレビボードにそっくりなのがなかった為、サンプルアイテムをサイズを合わせて入れております。ご了承下さい。

画面を360°回転させてコーディネートを確認することができます。
※ご利用の機種やOSのバージョン等により表示ができない場合があります。

コーディネートポイント(平面図)

小学生のお子様と遊び盛りのお子様がいらしゃいますので、まだまだお子様中心の生活が考えられます。

お子様のこれからのご成長を考えて大事な家族団欒の場としてソファダイニングはコーディネーター的にもおすすめですよ。

そのソファダイニングを入口からみて右壁の方に配置しました。それに伴い、左側の壁側にはテレビボード、収納家具を配置しました。

普段は収納棚前がお子様の遊ぶ場所にできるように、広く開けております。

移動の際に動線が通りにくいと日々ストレスを感じますのでストレスの感じにくいレイアウトにしました。

また、お悩みの一つにありました、照明位置の問題ですが、ソファダイニングにする事で丁度良い位置にくるのでお悩みも解決しますね。

家族団欒のソファダイニング

ソファとダイニングテーブルを組み合わせたソファダイニングは両方のいいとこ取りをしていて、昨今のインテリア業界でもブームになっています。

また昨今のダイニング学習を進める流れもあり、色々なソファダイニングタイプが各メーカーさんから発売しています。

今回はリーズナブな家具ながら使い勝手の良い家具を取り扱うRe:CENOのPURIシリーズを選びました。

長時間座っても疲れにくい、少し硬めのソファになっています。チェアに比べて座面が深いのでお子様には背中にクッションを挟んで調節してあげると良いでしょう。

旦那様が横になりたいとの事でしたのでこちらのL字のカウチタイプのを選ぶと、旦那様もゆっくりくつろぐ事ができますよ。

また、このL字タイプがある事でレイアウトを変えて、使う事が出来るのも嬉しいポイントですよ。

オススメポイントの一つには、小さいお子様がいらしゃいますが、高さが変えらる子供椅子をお持ちの点です。

もしもソファダイニングに変更してもお子様にもストレスなくお使いいただけますよ。

【別パターン】ご両親やお友達が来たパターン

自立を促す収納

お子様が使うことを考えて収納計画を立てると収納アイテム選びに失敗しにくく、長く使うことができますよ。

ナチュラルなインテリアと言えば名前が上がる無印良品のステンレスユニットシェルフは使い勝手が良くおすすめです。

今後お子様の成長に合わせて、お子様が自身のお部屋を持った際にはシェルフを組み替えて使うことができますよ。

汎用性が高く、パーツを買い足したり、追加の棚を増やしたりと、組み立ても容易な上、生活のステージに合わせて、形が変えられますよ。

今回、棚は下段におもちゃ、中段にはランドセル置き場と学校の書類などを分類できるようにファイルボックス、上段には教科書などお子様の目線を意識した配置になっています。

出し入れしやすくしてあげる事でお子様にとって自分でお片づけができるきっかけになりますよ。

無印良品のステンレスユニットシェルフのシミュレーターがあってご興味があればぜひ棚を自分好みに作る事が出来るので試してみて下さい。面白くておすすめですよ。

【今回のパターン】

別売りの収納用品を入れて棚内を整理整頓していきます。

【パーツを使用したパターン】

隠す収納にした場合、このようになります。下段引き出し、上段はフラップ扉になっています。

ステンレスユニットシェルフ シミュレーター URL:https://www.muji.net/store/pc/user/homewares/sus/sim-sus.html

収納をまとめるとお部屋もすっきり

リビングダイニングってみんなで使うところなので、ついついモノが集まり、散らかりやすい状況に陥ってしまうのはどこご家庭でも同様の問題です。

リビングダイニングの収納を一箇所にまとめることで、どこに何があったっけ?などの探しモノの時間が短縮でき、家族の行動導線も分かりやすくなりますよ。

また使う人で分けたり、用途別に分けるなどするとお子様でも理解しやすいでしょう。ちょっと工夫してシールや色のついたラベルなどを貼っておく事でお子様がお片づけのお手伝いをしてくれるようになるかもしれませんね。

先ほどのポイントでお伝えした収納棚にまとめていただければこのカウンター下に収納棚は必要なくなり、お部屋はもっとすっきりになり、雑多な印象はより少なくなりますよ。

今回のパターンは、今後2人目のお子様が小学校に上がったりして更にモノが増えた時を想定して収納棚を入れてみました。画像はMAX入れたパターンになっています。

この収納棚は必要に応じでボックスを追加できるタイプになっています。もしも置くとした色はホワイトタイプにして壁になじませる事でごちゃつきを抑えてくれますよ。

※弊社で商品の取り扱いがなかったので、リンク先のURLを入れておきます。

https://www.receno.com/shelf/cbox.php

コーディネートアイテムリスト

アイテム合計金額:¥171,000(税込)

その他コーディネートアイテムリスト

※ベッドのマットレスは合計金額に含まれません。

※コーディネートアイテムの情報は公開時の情報となります。

※コーディネートで提案した家具等についての在庫・品質・販売価格等は購入の際に必ず購入先でのご確認をお願いいたします。

3Dシミュレーターで確認する

※ご利用の機種やOSのバージョン等により表示ができない場合があります。