コーディネート提案実例33(30代・女性・ファミリー)

お申し込み内容

性別 女性
年代 30代
子供の人数 2人
世帯人数 4人
コーディネートする部屋  子供部屋
ご希望のインテリア 北欧ナチュラル
検討アイテム 収納器具/ デスク
検討アイテム予算 〜10万円
すでにお持ちの家具

チェスト(下段)+本棚(上段)

カラー:ベージュ系

高さ180㎝ 奥行50㎝ 幅90㎝

コーディネート概要

この度はRoomCoコーディネート相談をご利用いただきありがとうございます。

内装は頂いた写真をもとにし、子供たちが自分で片づけや身支度ができるようにコーディネートいたしました。

お子様のこれからの成長を考え、成長と共に「買い替える」ではなく、成長と共に「変える」ことができるインテリアを選びました。

子供たちが「片付ける」という意識をもたず、自発的に遊びのようにお片付けができてしまう、そんなお部屋になるように考えました。

忙しいお母さんがいつも手をかけなくてもいいような環境を整えてあげたいですよね。

ご予算はリビングダイイングと子供部屋で合わせて40万円以内で頂いておりますが、ご案内できる家具ですとどうしてもご予算以内に収めるのが難しく少しオーバーしております。ご了承ください。

今回、別件でリビングダイニングの依頼もあわせて頂いておりますので、内容が被る部分もございます。内容にボリュームがありますが最後までよろしくお願いします。

コーディネートポイント(平面図)

限られたスペースを収納スペースと子供が遊ぶスペースに家具を使ってゾーニングしました。

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、ゾーニングとはお部屋の空間を用途によって区分することを意味します。

例えばリビングの中で、食事をとるダイニングと、ゆったり過ごすソファースペースの2つを作りたい時にソファやラグなどを使って空間を分けます。

ゾーニングをすれば動線に無駄がなくなるので、より効率的に動くことができます。快適な自宅生活を送るためにはとても大切です。

身支度は自分でしたくなるしくみ

幼稚園や小学校に通うようになると、持ち物の準備や身支度を自分でする、ということを身につけていく時期です。

「ココならひとりで身支度できる」という自信を持たせてあげられるように子供目線に立った収納方法にしました。

引っ掛けるだけ、入れるだけなどの簡単な動作で出し入れができたり、パッと見ただけでどこに何があるかわかるようオープンな収納にしたりすると自主的に動きやすいのでおススメです!

子供の服、教科書、ランドセルもラックや棚など一カ所に収納できるといいですね。

※弊社ではオススメしたいアイテムの取り扱いがないため、下記リンク先にてご確認ください。コーディネートには類似アイテムを入れてコーディネートしております。ご了承ください。

オススメしたいアイテムはRe:CENO(リセノ)のR.U.Sシリーズです。組み合わせが自由なシェルフなので、将来高さを出して使ったり、引出しをつけたり、はたまた違う部屋で使うなどの汎用性があり、オススメの商品です。
「R.U.S ワードローブ Aタイプ (幅92cm×高さ165cm)」
https://www.receno.com/us-bed/rus-wdr-a.php

お手持ちの家具にチェストがあるとのことでしたので、まずはそれとRe:CENO(リセノ)のR.U.Sシリーズを並べて配置してもいいですね。

二つの空間を家具で仕切る

ひとつの部屋を区切ってしまうと、部屋が狭くなってしまうのではと思っている人もいるかもしれません。

しかし部屋を区切ることで、収納スペースと子供が遊ぶスペースを区切ることができ、目的ごとに生活空間をわけられるというメリットがあります。

収納家具を部屋の真ん中に配置することで、空間を区切るだけでなく、収納スペースの確保もできるという実用性を兼ね備えています。

開放感はもたせつつ、それぞれ独立した空間を作ってあげることでお互いに心地よい空間が生まれます。

ここは子供の場所だと一目でわかるスペースを作ってあげることで、子供たちは自分の城が出来て喜んでくれること間違いなしですね。

広々としたシェルフの上にはお子様が描いた絵や作品を飾れば、お子様の作品展ができていいですね。

個人と共有のスペース

今回は個々の机を置かず、部屋の中心に大きなデスクを配置しました。

個人のスペースも大切ですが、兄弟と共有するスペースも大切ですよね。いつも色々なことを一緒にした経験は、兄弟ならではの貴重な経験。

勉強だって、お絵描きだってみんなで並んでやった記憶はきっと大人になっても記憶に残るはずです。

デスクにはあえてローテーブルではなく、無印良品のスタッキングシェルフを横にしたものをつなげてデスクとして配置しました。

成長して「やっぱり机を配置したい」「間取りを替えてみたい」そんなときはデスクからスタッキングシェルフにすることもできます。引出しをつけたり、はたまた違う部屋で使うなどの汎用性があり、オススメの商品です。

デスクにしたとき、下が空洞になっているので、カゴにプラレールを入れて収納するのはもちろん、座る時に脚が当たらないように座る部分は抜けをつくって座ったりとその時々で変えることができます。

コーディネートアイテムリスト

アイテム合計金額:¥62,700(税込)

※ベッドのマットレスは合計金額に含まれません。

※コーディネートアイテムの情報は公開時の情報となります。

※コーディネートで提案した家具等についての在庫・品質・販売価格等は購入の際に必ず購入先でのご確認をお願いいたします。

3Dシミュレーターで確認する

※ご利用の機種やOSのバージョン等により表示ができない場合があります。