2017
08.02
本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較

本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較

寝具を選ぶとき、布団にするかベッドにするかはどのように決めていますか?

お部屋の広さや好みで選ぶのはもちろんですが、良質な睡眠をとるために、自分の身体やライフスタイルに合ったものを選ぶことが重要です。

そこで今回は、布団とベッドのメリット・デメリットを比較しながらそれぞれの特徴をご紹介します。

布団のメリットをチェック

本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較

1.  部屋を広く使うことができる

布団は寝るときに敷くものなので、睡眠スペースを常に確保しておく必要はありません。部屋の広さが十分に確保できない場合は、使うとき以外はしまっておける布団をチョイスするのがおすすめです。

また好きな場所に敷けるので、夏場は風通しの良い場所、冬場は暖房器具の近くなど、季節に応じて快適な場所を選ぶことができます

2. 生活にメリハリができる

部屋にベッドがあると、なんとなく寝転んでそのまま寝てしまったり、ベッドの上でダラダラ過ごしてしまったりすることも多いのではないでしょうか。

布団は敷かない限り横になることができないので、生活にメリハリが生まれます。

3. 手入れがしやすい

人間は寝ている間に大量の汗をかくため、寝具は定期的に手入れが必要です。ベッドの場合はマットレスを干すことができないのですが、布団はそのまま干すことができます。

布団で寝ることのデメリット

本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較

1. ホコリを吸い込みやすい

丁寧に掃除をしていても、床には目に見えないホコリが溜まっています。布団は床に直接敷くため、どうしてもホコリを吸い込みやすくなってしまいます。

2. 出し入れが大変

布団は出し入れして使うため、ベッドに比べると面倒と言えます。大変だからといって布団を出しっぱなしにしていると、見栄えが良くないだけでなく、カビが発生しやすくなってしまいます。

3. 収納スペースが必要

敷布団と掛け布団をたたむとある程度の大きさになり、それだけの収納スペースを常にあけておく必要があります。

ホコリが気になる方におすすめ!すのこベッド

本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較

引用元:Re:CENO

布団を床に直置きすると、湿気が溜まりやすくなりカビの原因になります。そこで最近人気を集めているのが、通気性の良いすのこベッドです。敷布団を敷いても良いですし、マットレスを敷くこともできます。

本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較

引用元:Re:CENO

二つ折りタイプやマット状のものなどさまざまなタイプが出ていますが、おすすめはロール式のタイプ。使わないときはくるくる巻いてコンパクトに収納できるので、狭い部屋でも重宝します。

このアイテムをチェック

ベッドを使うメリット

本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較

引用元:IDC  OTSUKA

1. ホコリを吸い込まない

ベッドはフレームや分厚いマットレスの分高さがあるので、床付近のホコリを吸い込む心配がありません。アレルギーをお持ちの方などは、ベッドに寝たほうが安眠できるでしょう。

2. インテリアとして楽しめる

大型家具のベッドは存在感も抜群。ベッドのフレームやベッドカバーのデザイン次第で部屋の雰囲気をお好みのスタイルに演出することができます。

3. 寝起きが簡単

ベッドはすぐに横になれるだけでなく、ある程度の高さがあるので、起き上がるのも楽です。高齢の方は布団に慣れているかもしれませんが、ベッドを使ったほうが、腰に負担がかかりません。

ベッドのデメリットはコストとスペース

本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較

引用元:Re:CENO

1. 場所をとる

ベッドを置くにはある程度の広さが必要です。部屋がそこまで広くない場合、空間を圧迫してしまいます。なるべく低いタイプのものを選ぶなど、工夫が必要です。

2. 手入れしにくい

敷布団は干すことができますが、マットレスは簡単には干すことができません。また、ベッドの下は掃除がしにくく、ホコリが溜まりやすいので、掃除機が入り込めるスペースをあけておくことが必要です。

3. コストがかかる

家具のなかでも大型のベッドは、それ自体に費用がかかるだけでなく、配送にもコストがかかります。なかには安価なものもありますが、マットレスの質も下がってしまうため、寝心地が良くないこともしばしば。無理してベッドを買うとかえって高くついてしまうこともあります。

狭い部屋におすすめのベッド

本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較

引用元:Re:CENO

高さをおさえたデザインのベッドなら、圧迫感が少なく部屋を広く見せてくれます。フレームの上にマットレスを置くタイプなので、汚れにくくいつでも清潔。木製フレームがインテリアのアクセントになって、ただマットレスを置いておくよりもおしゃれ度がアップします。

このアイテムをチェック

本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較

引用元:Re:CENO

ベッドの下が収納になっているタイプのものを選べば、部屋をすっきり見せることができます。リフトアップ式の大容量タイプには、スーツケースや厚手の羽毛布団など、かさばる荷物を収納できて便利です。

このアイテムをチェック

本当に自分に合う寝具選びとは? 布団とベッドを徹底比較

引用元:Re:CENO

引き出しタイプのものは、出し入れしやすいので、洋服や下着など毎日使うものも収納可能。収納スペースが少ない部屋におすすめのデザインです。

このアイテムをチェック

布団もベッドも、それぞれのデメリットをカバーできるデザインや機能のものを選べば、どちらも快適に過ごすことができます。それぞれの特徴をよく理解して選ぶようにしましょう。

おすすめの関連記事を見てみる

■寝室に風水を取り入れたい部屋のレイアウトはベッドの位置がポイント

■狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツ

■快適な寝室のために!ベッドマットレスの買い替え時期を知る、おすすめポイント

おすすめの部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】6畳・寝室、北欧スタイルの大胆な色使いで明るい部屋に

■【部屋のコーディネート】5畳の寝室を快適にするための6つのヒント

■【部屋のコーディネート】5畳・寝室、風水を取り入れた部屋のコーディネート

部屋のコーディネートをいろいろ見る

■あなたの部屋の参考に!部屋のコーディネート集「VR rooms」

VRrooms

RoomCo

RoomCo naviは、家具とインテリアを楽しむための情報サイトです。
お部屋づくりに役立つ様々な情報を発信しています。

©LivingStyle, Inc. All Rights Reserved.