単身赴任や転勤族におすすめしたい 引越しやすいベッドとは?

単身赴任や転勤族におすすめしたい 引っ越しやすいベッドとは?

引越しの時に頭を悩ませるのは、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電や、ベッドの運搬方法ではないでしょうか。気に入ったベッドを引っ越し先でも使いたいと思っても、運搬にかかる費用が高くて、買い直したほうが安いなんてことも多々あります。

そこで今回は、運搬しやすい“引越しやすいベッド”をご紹介します。

ベッドの引越しで注意すべき点とは?

単身赴任や転勤族におすすめしたい 引っ越しやすいベッドとは?

大型家具のベッドの運搬は、サイズだけでなく、分解できるか否かで費用が大きく変わってきます。

例えば、シングルサイズのベッドで簡単に分解できるものであれば、2,000円〜10,000円が相場です。ところが、ダブルベッドで解体が困難なタイプのものになると、クレーンを使う必要も出てくるため、ベッドの運搬だけで数万円かかることもあります。

また、ベッドのタイプによっては、解体はできても組み立てには専門的な知識が必要になることもあり、結果的に引越し業者に相談したほうが安心という場合もあります。ベッドを選ぶときは、寝心地の良さだけでなく、引越しの頻度が多い場合は運搬しやすいかどうかも重要なチェックポイントになります。

引越しやすいベッドの条件

簡単に分解できて、コンパクトにまとまるものは、運送費をおさえることができるので、引越し時に負担になりません。特に折りたたみ式のベッドは、そのまま運べるので便利です。

また、細かく分解できるパイプ式のベッドも、比較的コストをおさえられます。組み立て式のベッドは、木製のものはかさばるものが多いものの、最近では分解・組み立てが簡単にできるものがたくさん出ています。寝心地の良さもふまえつつ、条件に合うベッドを選びましょう。

単身赴任や転勤族におすすめしたい 引っ越しやすいベッドとは?引用元:Re:CENO

分解できないマットレスの引越しはどうする?

ベッドは解体できますが、分厚いマットレスは分解できないので、どうしてもかさばります。サイズも大きく、自力で運ぶと汚れや傷がつきやすくなってしまうので、引越し業者に頼むのがベストです。

シングルサイズなら、折りたたみ式のマットレスがあるので、引越しやすさを重視するなら、そういったものを選ぶのもおすすめです。ただし、厚みはなくなるので、寝心地は犠牲にしなければなりません。寝心地をとるか、引越しやすさをとるか、自分のライフスタイルに合うものを選びましょう。

単身赴任や転勤族におすすめしたい 引っ越しやすいベッドとは?

分解・組み立てやすいおすすめベッド5選

ベッドは解体できますが、分厚いマットレスは分解できないので、どうしてもかさばります。サイズも大きく、自力で運ぶと汚れや傷がつきやすくなってしまうので、引越し業者に頼むのがベストです。

シングルサイズなら、折りたたみ式のマットレスがあるので、引越しやすさを重視するなら、そういったものを選ぶのもおすすめです。ただし、厚みはなくなるので、寝心地は犠牲にしなければなりません。寝心地をとるか、引越しやすさをとるか、自分のライフスタイルに合うものを選びましょう。

単身赴任や転勤族におすすめしたい 引っ越しやすいベッドとは?
引用元:Re:CENO

持ち運びやすさだけでなく、見た目も重視したいという方におすすめなのが、組み立て式の木製ベッド。実はすのこベッドにヘッドボードを組み合わせているのですが、それだけでスタイリッシュな雰囲気に。組み立て時間も、1人で25分程度と簡単です。

単身赴任や転勤族におすすめしたい 引っ越しやすいベッドとは?

さらに、すのこ部分は折りたたみ式になっているので、M字のままフレームに固定すると、掃除がしやすいだけでなく、布団を干すこともできます。

単身赴任や転勤族におすすめしたい 引っ越しやすいベッドとは?
引用元:Re:CENO

お部屋に開放感を与えるロータイプのフロアベッド。これもマットレスだけでなく布団を組み合わせることができます。フレームとサイズ違いのものを合わせれば、空いたスペースをサイドテーブルとして利用できるので、限られたスペースを有効活用できるので便利です。

ヘッドボードにはちょっとしたものが置ける棚とコンセントが付いているので、携帯電話を充電できたり、おしゃれなライトを置いたりもできます。

単身赴任や転勤族におすすめしたい 引っ越しやすいベッドとは?

引用元:Re:CENO

組立式のため、梱包がコンパクトでお部屋に入りやすいサイズになっています。ねじ止めがなく、工具を使わずに組み立ても分解も簡単にできます。シンプルなお部屋にぴったりなデザインでお手頃価格なのも嬉しい。お子様用にお求めになる人も多いようです。

単身赴任や転勤族におすすめしたい 引っ越しやすいベッドとは?

引用元:無印良品

ヴィンテージ風のこちらはアイアンのヘッドボードのフォルムが美しいベッドです。引き出しがついていたり、ヘッドボードが大きいベッドは80㎏以上と重いものが多いのですが、こちらは40㎏と比較的扱いやすい重量です。

ヘッドボードがあるとクッションを立て掛けたり、背中をつけて読書を楽しんだりと寝るだけのスペースではなく自由な使い方ができておすすめです。

引越しが多い人の家具選びは、好みだけでなく、運搬しやすいかどうかも重要なポイントになります。自分のライフスタイルに合わせて、じっくり吟味して選びましょう。

引用元:journal standard Furniture

引っ越し見積もりの比較サイト【引越し侍】