2017
05.12

ベッドも収納家具!種類別、収納ベッドのおすすめポイント

ベッドを選ぶ時、収納スペースが少ない方や収納量が多い方は、収納ベッドが選択肢にはいっているのではないでしょうか。

そんな収納ベッドには様々な種類があるのをご存知ですか?大容量に収納できるもの、使い勝手がよいものなど、それぞれにおすすめのポイントがあります。ですが、種類が多いと悩んでしまいますよね。

そこで今回は、おすすめポイントを種類別にご紹介いたします。収納ベッド選びの参考にしてみてくださいね。

収納ベッドのメリット・デメリット

収納ベッド チェストイメージ  

そもそも、収納ベッドとはベッド下やヘッド部分に収納できるようになっているベッドです。部屋の収納スペースが少ない方や、収納量が多い方にはスペースを有効活用することができるのでおすすめです。まずは、収納ベッドに共通していえるメリットとデメリットをみてみましょう。

収納ベッドのメリット

収納ベッドのメリットは、スペースが有効活用できることです。一人暮らしで収納スペースが少ない方は、他の収納家具を置くよりも、収納ベッドにした方が部屋のスペースを広くとることができます。

また、収納ベッドにすることで、収納家具を省くことができ、代わりにソファが置けるなど部屋づくりの幅が広がるかもしれませんね。

収納ベッドのデメリット

反対にデメリットもあります。デメリットはベッド本体に収納がついていることでフレームの大きさが大きくなってしまうことです。また、ベッド下に空間がないため圧迫感も出やすくなってしまいます。部屋を広く見せたい方は、できる限り淡いカラーのベッドを選ぶようにしましょう。

また、ベッド下は湿気がこもりやすいため、部屋の喚起も忘れないようにしましょう。

引き出しタイプは普段使いの収納におすすめ

収納ベッド 引き出しタイプ

Re:CENO/照明・収納付きベッド RECAST

収納ベッドで一番種類が多いのが、引き出しが一体型になっているタイプ。ベッド本体にレールがついているので、チェストのように引き出しやすいのが特長。引き出しにキャスターがついているタイプはより軽い力で引き出せるので普段使いの収納におすすめです。

また、引き出しの反対側が空洞になっていて、ラグなどの長いものなどが収納できるようになっているタイプが多く、ホコリも入りづらいのが安心です。

注意点は?

引き出しの位置は、左右を変更できるようになっているか確認し、引き出すスペースを考えて家具の配置を考えるようにしましょう。

収納BOXタイプはライフスタイルに合わせて変えられる

収納ベッド BOXタイプ

Re:CENO/木製ベッド NOANA(引き出し別売)

収納BOXタイプは、収納BOXや引き出しが別売りになっているので、必要な時に、必要な数だけ追加できるのがおすすめポイントです。

ベッドフレームと同じデザインで揃えてもいいですし、お好みのBOXを入れて収納してもOK。引っ越しや、模様替えで不要になったらBOXだけ処分すればベッドはそのまま使うことができます。

注意点は?

注意点はフタがないBOXのホコリ対策。別売でフタを販売していることも多いので確認してみましょう。また引き出しタイプと同じく、引き出すスペースを考えて家具の配置を考えるようにしましょう。

チェストタイプは収納力が抜群

収納ベッド チェストベッド

Re:CENO/チェストベッド Aniesca

なんといっても収納力が魅力のチェストベッド。チェストのように、たっぷり普段使いの収納ができます。部屋に収納家具を置くスペースがない方におすすめです。

普段使いできるよう、引き出しがスムーズに引き出せるようになっているか確認するのがポイントです。

注意点は?

収納力がある分、高さが出てしまうのが注意点。寝返りなど不意にベッドから落ちてしまわないよう、工夫が必要です。

床下収納タイプはあまり使用しない物を収納

収納ベッド 床下収納タイプ

Re:CENO/床下収納ベッド Angelica

床下収納タイプは引き出しやBOXタイプとは違い、ベッド下一面が収納スペースに。ベッドサイズ分のスペースがあるので大きな物も収納できます。布団のように、普段使わない季節ものなどを収納するのにおすすめです。

注意点は?

すぐに出し入れができず、マットレスの下に入れっぱなしになってしまうので、湿気がこもりやすいのが注意点。ベッド本体自体に通気性の配慮がある仕様になっているか確認しましょう。また乾燥剤などの工夫も必要です。

跳ね上げ式タイプは大きな物も収納できる

収納ベッド 跳ね上げ式横

大塚家具/ベッドフレーム「GR-01F」

縦向きに開くタイプもあります。

収納ベッド 跳ね上げ式縦

大塚家具/ベッドフレーム「ペタルC」

床下タイプと同じように、大きな物も収納できるのが跳ね上げ式のおすすめポイント。床下タイプと違うのは、女性でも楽に開け閉めができること。普段使わない大物の収納から、様々な収納に活躍できそうです。女性の一人暮らしにもおすすめですね。

注意点は?

開け閉めする際の、上部のスペースがあるか確認が必要になります。また金具などがあるため組み立てが難しい場合もあり、値段も他のベッドと比べると高価になるのが注意点です。

収納ベッドといっても様々な種類があるんですね。これからのベッド選びの参考にしてみてくださいね。

Text=RoomCo NAVIインテリアコーディネーター

おすすめの関連記事を見てみる

■狭い5畳の寝室のインテリア、ベッド選びやレイアウト、5つのコツ

■クローゼットが小さい部屋で快適に過ごすレイアウト

寝室のインテリア、風水を取り入れた部屋はベッドの位置がポイント

おすすめの部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】寝室6畳をヴィンテージ風家具でコーディネート

■【部屋のコーディネート】5畳の寝室を快適にするための6つのヒント

■【部屋のコーディネート】狭い寝室をカーテンで広く見せる!5つのパターンでシミュレーション

部屋のコーディネートをいろいろ見る

■あなたの部屋の参考に!部屋のコーディネート集「VR rooms」

VRrooms

RoomCo

RoomCo naviは、家具とインテリアを楽しむための情報サイトです。
お部屋づくりに役立つ様々な情報を発信しています。

©LivingStyle, Inc. All Rights Reserved.