2017
05.21

賃貸の部屋でも出来るリノベーション的な部屋のレイアウト変え

長く同じ部屋に住んでいたり、気分を変えたくなる時など引越しをしたくなりませんか?

そんな時は、賃貸でもリノベーションをして新たな部屋に住んでいるかのようなことが、レイアウトを変えることでできます。

寝室に貼って剥がせる壁紙を

部屋レイアウト 壁紙

最近は壁の一部をアクセントクロスを用いて色を変えたり、柄を変えたりすることが珍しいことではなくなってきました。そのため、色や柄が豊富な海外製の壁紙を自分で部屋に貼れる紹介が増えていますね。実際に壁紙サンプルを見て購入できるお店もたくさんあります。

壁紙はインテリアの中で自分で施工でき、手軽に部屋の雰囲気やイメージを変えることができるので、リノベーションをしたように感じる効果が高いものです。アドバイスとしてはベッドルームの頭側の方向にある壁に気分やイメージに合う新たな壁紙を選び、貼ってみてはいかがでしょうか?

ちょっと失敗するのが怖い、大変そうと思う時は、壁の全部ではなくセンター部分だけレイアウトして貼るなどもよいですね。

テレビの位置を変える

部屋レイアウト テレビ

テレビを持っているとテレビの存在って大きいものではないでしょか。

置き場所もそうですが、テレビをどこに、どういう風に置くかで部屋のレイアウトが変わってきます。例えば今までテレビ台にテレビを露出して使用されていたなら、テレビを入れて周りがキャビネットになっている壁タイプのテレビ台に変えることも大きな部屋のレイアウト変えにもなり、間仕切り風に部屋を区切るように置くのも面白いリノベーションにもなります。

窓側の家具の配置を変える

部屋レイアウト 窓側

手軽にプチリノベーションを楽しみたい方に、簡単にできるご提案があります。

それは窓近くに置いている家具の位置を変えることです。なぜ窓の近く?と思われるかもしれませんが、窓の近くは、部屋に差し込む光、明かり、視界に入ってくる影響力が大きいとされています。

これまで窓側に置いていたチェストを椅子といれかえてレイアウトしてみるというだけでも窓からの光が変わり部屋の印象も変わりますよ。

音の音源を変える

部屋レイアウト 音

電車に乗ると、イヤホンをして音楽を楽しんでいる人を多く見かけます。皆さんは自宅ではどのような音の流れを作っていますか?部屋の中を流れる音は壁を反射したり、聴こえてくる音のレイアウトによってかなり気分も変わります。

また、その音の音源になるスピーカーの存在も大きく、インテリアのような置き型のスピーカーもあれば、天井から吊るすタイプもありますし、多種多様にあります。そのスピーカーの種類を選び、置く場所によってリノベーション風の新鮮な空間がつくれます。以外と無意識に聴いている音ですが、手軽な方法の一つですね。

このように、リノベーションは「手を加えてよくすること」を意味しますので、手軽に挑戦して住環境をよくしてみてはいかがでしょう。

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com

おすすめの関連記事を見てみる

■お部屋の模様替えを始める前にやっておきたい3つのこと

■狭いリビングダイニングを広く見せるインテリアのレイアウト、3つのコツ

■部屋をスッキリきれいに見せるインテリアと収納、5つのコツ

■プチ模様替えで気分一新!部屋の印象をガラリと変えてくれるインテリアのアイデア

■リビングの模様替えにぴったりなラグの選び方

■部屋のサイズだけじゃない!家具のレイアウトを考える前に確認するべき5つのポイント

部屋のコーディネートをいろいろ見る

■あなたの部屋の参考に!部屋のコーディネート集「VR rooms」

VRrooms

RoomCo

RoomCo naviは、家具とインテリアを楽しむための情報サイトです。
お部屋づくりに役立つ様々な情報を発信しています。

©LivingStyle, Inc. All Rights Reserved.