クローゼットが狭い部屋の収納のアイデア

部屋 レイアウト クローゼット

インテリアコーディネーターとして、また私自身の30回近い引越しの経験を通しても、しっかりとした大きさのクローゼットが備わっている部屋は滅多にお見かけしたことがありません。それは日本家屋の長い押入れ文化と茶箱文化と深い関係があるように思います。そんな日本の住宅事情もマンションなどが増え、和室ではなく洋室で生活することが非常に多くなりました。和室が全くない間取りも珍しくなくなりました。それに伴って部屋の収納も押入れからクローゼットへと変化してきています。皆様の中にもお部屋の収納はクローゼットをお使いになっている方は多いのではないでしょうか。

広いマンションなどではウォークインクローゼットなど、収納スペースも広く、使い勝手の良いクローゼットもあるようですが、まだまだ狭いクローゼットしかなく収納にお困りの方も多いはず。今回はそんな狭いクローゼットしかない部屋の収納を上手に使うアイデアをご紹介し、部屋で快適に過ごせるご提案をいたします。

服をコンセプトごとに分けて収納する

部屋 レイアウト クローゼット

狭いクローゼットを上手に活用するには、効率的にものをクローゼットに収納する必要があります。その方法としてクローゼットに収納する服をコンセプトごとに分けることをおすすめします。まずは、自分の手持ちの服や靴の内容を把握するために以下のことをしてみましょう。

①仕事用スーツ、パーティー用、レジャー用、デート用、普段着用などの使用目的ごとに服を分ける

②上記に併せ靴も同様に使用目的ごとに分ける

③不要なものは手放す(断捨離する!)例えば、2年間着なかったものは捨てた方がよいなどといいますね。

④使用目的ごとの整理ができたら使用目的の中で更に季節ごとに分ける

⑤季節ごとに分けたものをたためるもの、吊るすもの、収納形態ごとに分ける。

ただし、吊るすには長すぎるものは除く(ア)。

⑥吊るすものをクローゼットのハンガー部分に、たためる物は引き出しへ季節ごとにまとめて入れてみる。

ただし、真夏と真冬の季節がかなり限定されるもの(極薄手、極厚手)は除く(イ)。

さて大分クローゼットに収納するものの整理ができてきたのではないのでしょうか。ここまで来たらかなり自分の手持ちの服を理解したのではないでしょうか。私もそうですが、結構いらない服や靴が整理できてしまうものですよ。

部屋 レイアウト クローゼット

上記までできたら、次のステップに進みますが、ここで必要なものがあります。防水パッキンが施された大きなコンテナボックスをいくつか用意してください。ここに(ア)、(イ)で分けたものをそれぞれを入れ、②で分けた靴も一緒に入れて外のバルコニーなどに置きます。結構大胆な手段ではありますが、こうすることであまり出番のない服、靴は部屋のクローゼットにいれなくても良くなり、スペースを有効に使えるとともに服の出し入れの手間も減るはずです。

自宅外の保管スペースも活用する

収納は何も自宅のスペースを利用しなければいけないということはありませんよね。最近ではクリーニングを出してそのままクリーニング業者の倉庫へ保管できたり、保管ルームにてパソコンを使って収納したものを出し入れできるシステムなどの新しいサービスにより、自分の部屋の外で衣類などを保管することができるようになりました。私も実際利用してみましたが、なかなか便利で部屋の服も減って快適になりました。皆様も是非一度活用してみてください。

部屋 レイアウト クローゼット

整理して空いた部屋のスペースを有効活用する

さて、今までクローゼットに収まらずハンガースタンドやそれらしき物に服を掛けていたそのスペースが空いたことでしょう!衣装ケースを積み上げていたという人はその場所が空きますよね!今まで使っていたハンガースタンドや衣装ケースをなくして空いたスペースを有効活用できるよう、部屋のレイアウトを考えてみてはいかがでしょうか。

ハンガースタンドは意外と場所をとり、衣装ケースはインテリアの雰囲気をマイナスにしがちですので本当に必要かどうか見極めてみましょう。帽子やストール、バッグなどの小物は平たいケースにいれてベッド下や、天井際の空きスペースに入れ、視覚に入らないようにするとよいでしょう。部屋を広く見せるコツはできるだけ床のスペースを見せるようにします。また、空いたスペースに全身が写る鏡があると部屋を広く見せることができるので是非置きたいアイテムの一つです。

部屋 レイアウト クローゼット

いかがでしたか?今回はクローゼットが狭い部屋の収納のアイデアをご紹介しましたが、部屋のクローゼットが狭いからといって、収納を衣装ケースやハンガーに頼ってインテリアの印象を悪くしてしまうのはもったいないですよね。効率的に収納するためには、まず持っている服を選り分け、保管場所を選び、部屋を広くすることが大切でしたね。また、部屋の内外で色々とアイデアを活用してみましょう。狭い部屋でも収納のアイデアで快適なインテリアライフを送ってくださいね。

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com

保存保存