大切な家具を永く使うために取り入れたいカビ対策

大切な家具を永く使うために取り入れたいカビ対策

日本は高温多湿の環境で、夏はジメジメと蒸し暑く、冬も窓に結露がたまりやすくなるなど、カビが発生しやすい条件が揃っています。

風呂場や窓のサッシなど普段目につくところは掃除しやすいですが、ベッドや本棚、食器棚といった家具にカビが生えると、なかなかお手入れが難しいですよね。

また、カビの胞子を吸い込んでしまうと健康被害を引き起こすことがあるので、カビ対策は重要です。
今回は、カビを予防する方法、そしてカビが生えてしまったときに除去する方法をご紹介します。

カビを寄せ付けない空間づくり

常に換気する

気温が高くなってくると、部屋に湿気がこもりやすくなります。特に締め切った状態だと空気も汚れてくるので、窓を開けてきれいな空気と循環させるようにしましょう。

最近の家はエアコンを使うので、窓を開けないことも多いかもしれません。窓を開けるのが難しい場合は、キッチンやお風呂、トイレなどの換気扇を常に回したり、扇風機や、空気清浄機、エアコンを使って空気の流れを作るのも有効です。

家具を壁にくっつけない

湿気がたまりやすい場所=カビが発生しやすい場所です。空気の通り道を作って湿気を逃がすようにしましょう。家具は壁にピッタリくっつけるのではなく、5cm程度隙間を作って空気が流れるようにします。

さらに、定期的にエアコンの風を当てたり、掃除をして空気を流すようにすると、家具をカビから守ることができます。

ホコリをためない

カビは、ホコリがたまる場所にも発生します。ホコリに湿気が加わると、一気にカビが繁殖してしまうことに。

湿気の多い時期には、掃除をしてホコリをためないようにしましょう。

収納家具に物を詰め過ぎない

本棚やクローゼット、たんすなどの収納家具に物を詰め込みすぎると、湿気がこもりやすくなり、カビを発生させる原因になってしまいます。

通気性を保てるぐらいの容量にとどめておくのがベストですが、難しい場合は、時々収納棚の中身を出して空気の入れ替えをするのがおすすめです。収納棚がいっぱいになってきたら、使っていないものがないか、定期的に断捨離をしてみても良いかもしれません。

もし家具にカビがついてしまったら

家具にカビが生えていることに気づいたら、慌てて手ではらったりしていませんか?カビをこすると、胞子が飛んでしまい、吸い込んでしまうと健康に害を及ぼすことも…。
カビ取りを行うときは、必ずゴム手袋、マスクを装着してください。

また、カビの除去方法は家具の素材によって異なります。ここでは木製家具とカーテンや布団といった布製家具のカビの除去についてご紹介します。

木製家具にカビが生えた場合

1. エタノール、またはオキシドールを使って拭き取る

薬局で市販されているエタノール、またはオキシドールを使って拭き取ります。またカビは湿気を好むので、濡れ布巾で拭き取るのはNGです。

①乾燥させた状態で、エタノールかオキシドールをスプレーで直接噴きかける。
②完全に乾いたら、乾いた布巾で拭き取る。

2. カビを削り落とす

エタノールやオキシドールを使ってもカビを拭き取れなかった場合、紙やすりを使って削り取る方法があります。漂白剤を使うと落ちやすくなるのですが、なるべく木材を痛めにくい酸素系漂白剤を使うのがポイントです。

①漂白剤を浸した布をカビがついている箇所にあてる。
②しばらくおいた後、布を外して乾燥させ、紙やすりをつかって丁寧に削る。

周りと見た目が変わるため、目に見える部分はおすすめできませんが、家具の裏側や内側などにおすすめです。

3. 木材専用のカビ取りスプレーを使う

市販されている木材専用のカビ取りスプレーを使うのも有効です。

カビをなるべく乾燥させ、スプレーを直接噴きかけます(湿る程度が目安)。30分ほどおくと、自然とカビが落ちます。
1度で落ちない場合は、この作業を2〜3回繰り返します。カビが取れたらざっと水拭きし、乾燥させます。

色柄物は脱色してしまうこともあるため、念のため目立たない箇所でテストしてから行うようにしましょう。

布製品についた場合

1. 酸素系漂白剤につけて洗濯する

カーテンなど洗濯機で洗えるものは、酸素系漂白剤を使って落とします。塩素系を使うと色落ちしてしまうので、必ず酸素系を使うようにするのがポイントです。

カビがついている箇所を漂白剤でしばらく浸けおきし、洗濯機に入れるだけでOK。カビがたくさん付いているものほど長く浸けておくようにしましょう。

2. 中性洗剤や重曹水をスプレーする

布団やマットレスなど洗濯機で洗えないものは、重曹水を使います。
重曹水は水500ccに対して重曹を大さじ2溶かしてつくります。

①カビがついている箇所にスプレーで噴きかける
②2〜3分おいた後、ブラシでこする。
③カビが落ちたら硬く絞った布で拭き取る。

いかがでしたか?

大切な家具にカビが生えてしまっても、自宅でカビを除去する方法はあります。

まずカビが発生しないように、日々のお手入れを欠かさないことが重要ですが、もし生えてしまっても、あきらめずにきちんと対処すれば、家具を永く使うことができます。ぜひ参考にしてみてくださいね。