2017
03.15
部屋のレイアウト

そもそも部屋のレイアウトって何?

間取りのこと?部屋に置く家具の場所?改めてレイアウトってなんだろうと考えると漠然としたイメージが浮かぶのでは無いでしょか。その漠然とする部屋のレイアウトですが、意外と大きな影響力を持っているかもしれません。

例えば、正座暮らしをしている生活は足に負担がかかることが多く、足の成長に影響すると言われています。反面、椅子暮らしの生活は足への負担が軽減するようです。この正座か椅子かの選択も一つのレイアウトに繫がっています。

在る?無い?で変わる?スタイル

部屋のレイアウト

あなたの部屋にこのようなベッドがあるとします。ちょっと大きくてベッドに高さがあります。すると気軽に腰掛けるということはせず、ベッドの奥にレイアウトされている椅子に腰をかけるのではないでしょうか?窓は椅子の左手と後ろにあり、椅子に座って景色を見るという感じのレイアウトでは無いですね。もし部屋の窓から景色が素晴らしく見えて、毎日眺めるのが楽しみになるような景色だったら、見え無いレイアウトは「まぁ綺麗!」と感動する時間を少なくしていることになるのではないでしょうか。もし、このベッドがもう少し低くて座りやすかったら、あなたはベッドヘッドにもたれながら窓の外の景色に目を向けることが増えるかもしれません。これも部屋のレイアウトの一つなのです。

ソファの形と大きさは大きな存在

部屋のレイアウト

ソファを買う時は慎重になるナンバーワンに近いアイテムではないでしょうか。値段もリーズナブルというよりどちらかといえば値が張るものが多いですし、買うとそうそう買い替えをすることはありません。ソファをどういうデザインと形で、部屋に対してどのくらいの大きさをレイアウトとして占めるのかを想像して買うのはなかなか大変なことです。ゆったり足を伸ばせるL型のソファにするとL型に沿って歩くようになります。

部屋のレイアウト

I型のソファならばフットスツールを置いて、スツールは流動的に置き場所を変えれるので人の動きも流動的になります。些細なことですがレイアウトにとっては大きな違いがありますね。また壁に寄せるか部屋の真ん中に置くかでもスペースもライフスタイルも違ってくると思います。

いかがでしょう?このように家具の選択、置き方、配置のレイアウトによって私たちの部屋における動きが変わってきます。その行動を毎日していれば身体や心にも影響を与えているというのがわかります。

心地よい部屋とレイアウト

部屋のレイアウト

レイアウトというのは部屋に置く家具もレイアウトになることがわかると自分の部屋に何気に置いた家具を見る目が変わりませんか?

テーブルや椅子、ベッドにソファ・・・どの家具もあなたの大切な要素なのです。ずっと同じ場所に置きっ放しの家具の置き方を変えると違う家具に感じることがありますよね。ぜひ、心地よいレイアウトをあれこれ探してみてください。

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com

おすすめの関連記事を見てみる

■部屋のレイアウトで幸運を引き寄せる?

■狭いリビングダイニングを広く見せるインテリアのレイアウト、3つのコツ

■家具だって試着したくない?誰でも使える!かんたん家具配置シミュレーション

おすすめの部屋のコーディネートを見てみる

■5畳・1K、狭い部屋でもレイアウトを工夫して、快適な一人暮らしのインテリアを

■【部屋のコーディネート】6畳・2DK、団地をおしゃれインテリアでレイアウト

■【部屋のコーディネート】縦長リビングダイニング 丸テーブルのある、おしゃれな部屋

部屋のコーディネートをいろいろ見る

■あなたの部屋の参考に!部屋のコーディネート集「VR rooms」

VRrooms

RoomCo

RoomCo naviは、家具とインテリアを楽しむための情報サイトです。
お部屋づくりに役立つ様々な情報を発信しています。

©LivingStyle, Inc. All Rights Reserved.