部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツ

部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツ

部屋がスッキリしていると、なんだか気持ちもスッキリしませんか?最近「断捨離」や「ミニマリスト」という言葉をよく聞くように、物を持たない暮らしが人気みたいです。しかし、意識していて物はどうしても増えてしまうもの。物を減らすのは、思いのほか難しいですよね。でも実は、部屋がスッキリしないのは物が多いだけではなく、部屋に家具を上手にレイアウトできていなかったり、物を上手に収納できていないことが原因かもしれません。

今回は物を減らすことではなく、家具のレイアウトや収納術などのインテリアの工夫で部屋がスッキリきれいに見えるコツをご紹介します。

部屋がスッキリきれいに見えるインテリアスタイル、「シンプルスタイル」の参考記事

家具をまとめてレイアウトする

家具は部屋の中でまとめてレイアウトすると、部屋をスッキリきれいに見せることができます。ポイントは床面を多く見せることです。

例えば、散らかった部屋を片付けたときに床が見えるとスッキリ感じると思います。同じように家具をまとめて配置し他レイアウトにすると、床を広く見せることができ部屋をスッキリとさせることができます。

家具をバラバラにレイアウトしたリビングダイニング

テレビ台やキャビネットがあちこちに置かれています。家具やファブリックの色はまとまっているのに、家具の配置がばらばらで、部屋全体にまとまりがありません。

部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその1 部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその2

家具をまとめてレイアウトしたリビングダイニング

同じ収納家具を片方の壁にまとめて配置しました。床がまとまって見えることでスッキリとしました。

部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその3 部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその4

家具の高さや奥行をそろえてレイアウトする

家具の高さや奥行をそろえてレイアウトすることも部屋をスッキリ見せるコツのひとつです。とはいっても、テレビ台は背が低く本棚は背が高いなど、収納する物でサイズはバラバラですよね。このように、高さが合わない場合はアートや小物で高さを揃えると部屋をスッキリと見せることができます。または、背の順に家具を配置してもスッキリ見せることができます。

家具の高さがバラバラに配置されている

部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその5

家具の高さをそろえて配置した場合

部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその6

高さの同じ家具をまとめると、さらにスッキリ見えます。

部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその7

家具の奥行がバラバラのレイアウト

家具がデコボコしていて、乱雑に印象に見えます。

部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその8

家具の奥行を揃えて配置した場合

家具の奥行が違う場合は前面を揃えましょう。収納家具はまとめられているとスッキリします。おすすめは壁一面の壁面収納家具を使うことです。ユニットタイプで取り入れやすい収納家具もありますよ。

部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその9

インテリアの色を統一する

ファッションに例えると、白一色でまとめたコーディネートと、白と赤と青と緑がまざったコーディネートではどちらがスッキリ見えるでしょうか。白と赤と青と緑がまざったコーディネートは言葉の印象だけでもスッキリしませんね。

家具・インテリアも同様に、部屋の中に白とナチュラルとブラウンの家具が混ざっているよりも、ナチュラルな家具でまとめた方がスッキリ見えます。また、カーテンやラグなどファブリックの色も統一すると、よりスッキリ見えます。ポイントは部屋の中の色数をなるべく少なくすることです。

いろいろな色の家具が混ざっているインテリアコーディネート

家具の高さや奥行が揃っているのに、部屋全体がごちゃついていますね。

部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその10

家具の色が統一されたインテリアコーディネート

部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその11

カーテンやラグの色も統一しましょう

色数をなるべく少なくすることがスッキリ見せるコツです。特に白は部屋が広く見える色です。よりスッキリさせたい方は白などの淡い色を選びましょう。

部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその12

隠す収納にする

スッキリ見える部屋に共通していることは、物がキレイに整理整頓され、片付けられている部屋です。

でも片付けには得意不得意がありますし、かっこよく収納するにもセンスが必要です。そこで、収納家具は扉付きのものを選び、物が外に見えないようにしてしまいましょう。シェルフなど扉がない収納の場合は、ボックスに入れて収納しましょう。スッキリ見せるポイントはボックスのデザインや素材を揃えることです。

隠さない収納の場合

シェルフやラックなど。スッキリ見せるセンスが必要です。

部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその13

隠す収納の場合

扉や引出し付きの収納にすると中身が見えにくく、多少、収納の中が乱雑でもスッキリします。

部屋をスッキリ見せる家具のレイアウトと収納、5つのコツその14

よく使う場所の近くに収納場所をつくる

最後に、どれだけ家具の配置を工夫して、スッキリした部屋のレイアウトにしても部屋の中が散らかっていてはスッキリした部屋とは言えません。

散らかってしまう原因のひとつは、使ったものを収納する場所が近くにないことです。収納するのが億劫になり、机の上などにそのままにしてしまう。これでは散らかったままですね。スッキリさせるには収納する場所も考える必要があります。ポイントはよく使う場所の近くにその物の収納場所があることです。

例えば、爪切りや耳かきはリビングで使う方が多いのではないでしょうか。リビングで使うものはリビングに収納場所をつくりましょう。家族が集まるリビングダイニングは物が増えやすい場所です。収納しやすい収納家具を配置することでスッキリきれいに見せることができます。

部屋をスッキリきれいに見せるコツ、すぐに取り入れられそうなことがいろいろとありますね。ぜひ参考にしてみてください。

Text=RoomCo naviインテリアコーディネーター

おすすめの関連記事を見てみる

■狭いリビングダイニングを広く見せるインテリアのレイアウト、3つのコツ

■狭いリビングダイニングでもスッキリ見せる収納のコツ

■クローゼットが小さい部屋で快適に過ごすレイアウト

スッキリ見える部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】狭いLDKをカーテンで広く見せるコーディネート

■5畳・1K、狭い部屋でもレイアウトを工夫して、快適な一人暮らしのインテリアを

■【部屋のコーディネート】ちょっとしたポイントで広くみえる。10畳のリビングダイニング

部屋のコーディネートをいろいろ見る

■あなたの部屋の参考に!部屋のコーディネート集「VR rooms」

VRrooms