部屋干しの臭いが気になる方に!サーキュレーターで効率よく洗濯物を乾かす方法

雨が降り続く梅雨の時期や、気温が低く曇りや雪の日が多い冬には、洗濯物を外に干せず、部屋干ししなければなりません。また、高層マンションはベランダで洗濯物を干せなかったり、花粉やPM2.5が酷い日などもあったり、最近では普段から部屋干しというご家庭も多いのではないでしょうか。

とはいえ、部屋干しは乾くまでに時間がかかる上に、嫌な臭いがついてしまうことがあるなど、問題もたくさん。
そこで今回は、部屋干しをスピードアップしてくれるサーキュレーターをご紹介します。

サーキュレーターとは

扇風機に似ていますが、送風に特化し、空気を循環させることを目的として作られたものです。そう、サーキュレーターとは「循環させる」という意味なんですよね。家電量販店で扇風機と一緒に販売されているので、見かけたことがある方も多いはず。

扇風機は、人が涼しく感じるために作られているので、風を直接当てても心地よく感じられるように、広範囲に広がるように設計されています。

それに対してサーキュレーターは、室内の空気を拡散させるために作られているので、強い風を一直線に遠くまで届けられるようになっています。用途としては、冷暖房効率を上げるために使用されることが多いです。

夏にエアコンから出る冷気は足元にたまりやすく、冬は暖かい空気が上部にたまりやすくなるので、サーキュレーターで強い風を送ることで、空気が撹拌され、部屋の温度を均一にすることができるのです。

空気の流れを作って洗濯物を早く乾かす

洗濯物を早く乾かすには、湿気をおさえることが重要です。部屋干しに時間がかかるのは、湿った洗濯物が室内にあることで湿気がたまってしまうからなんです。

また、部屋干しの嫌な臭いの原因は、洗濯で落ちなかった皮脂やアカなどの汚れをエサに繁殖した雑菌が原因です。サーキュレーターを使って空気を循環させることで、洗濯物をより早く乾かし、雑菌の繁殖に必要な水分をなくすことができます。

ポイントは乾燥させる場所を閉めきらずに解放すること。リビングルームやバスルームのドアを開けて、空気が流れるようにしましょう。

扇風機やエアコンの除湿じゃダメなの?

とはいえ、扇風機をお持ちの方は、似たようなサーキュレーターは必要ないと思うはず。実際に扇風機の送風でもある程度空気を拡散させることができます。しかし、部屋干しのときは洗濯物は部屋の上部にあることが多く、扇風機の角度を一番上にしても届かないことが多いのです。

その点、サーキュレーターは扇風機より強い風を送ることができるだけでなく、角度を真上に向けることができるので、洗濯物同士がくっついたりせず効率的に乾かすことができます。

また、エアコンの除湿を使われる方もいると思いますが、部屋自体の気温が下がって寒くなってしまう上に、電気代がかかってしまいます。サーキュレーターの電気代は、1時間で約1円とかなりリーズナブル!風を調節して弱くすれば1円以下におさえることもできるんです。

自宅に乾燥機がない方、エアコンは電気代がかかるから使いたくないという方は、サーキュレーターの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのサーキュレーター

【無印良品】サーキュレーター(低騒音ファン・大風量タイプ)・ホワイト

サーキュレーターはシンプルなデザインのものが多く、インテリアになじみやすいのも特徴です。

無印良品のものは大風量ながら動作音が静かなのがポイント。風量は弱・中・強の3段階切り替えで、用途に応じて使い分けることができます。カバーが取り外せるので、羽根のお手入れが簡単にできます。

【Re:CENO】±0 プラスマイナスゼロ サーキュレーターC311

デザイン家電の人気ブランド「±0」からもサーキュレーターが出ています。

風力は微弱・弱・中・強の4段階で調節できるだけでなく、最大70°まで上下左右に首振りができます。さらに、ON/OFFタイマーが付いていて、設定されたタイマー時間にあわせて自動的に運転が可能。充実した機能で1年中活躍します。

【ディノス】サーキュレーター首振りタイプ

アイリスオーヤマのサーキュレーターは、コンパクトなサイズながらパワフルな風を送ることができます。

3段階の風量調整ができ、左右の首振り機能付き。動作音もかなり静かなので、リビングに置いても気になりません。価格も手ごろなので、すでに扇風機をお持ちの方にもおすすめです。

 【ディノス】BALMUDA/バルミューダ サーキュレーター グリーンファンサーキュ

人気急上昇中のデザイン家電「BALMUDA」からもサーキュレーターが出ています。

洗練されたボディデザインはもちろんのこと、15m先まで大量の風を送ることができるパワフルな送風力がポイント。適用畳数はなんと30畳!風量は4段階に切り替えができて、水平から垂直まで90°動かすことができます。

いかがでしたか?

サーキュレーターは部屋干しの心強い味方になってくれるだけでなく、エアコンと併用して使うと効率よく室内の温度を調節することができ、電気代を節約することができるなど、使い勝手も抜群。

これからくる梅雨の季節に向けて、検討してみては?