引っ越しが多い人でも長く使えるおすすめユニットシェルフ

引っ越しが多い人でも長く使えるおすすめユニットシェルフ

引っ越しをする時、荷造りはもちろん荷ほどきも大変な作業ですよね。特に、ダンボールに詰め込んだ細々としたものを出したはいいものの、新居の収納に収まりきらなかったりすると、部屋がなかなか片付きません。

処分するか、新しく収納を買い足す必要が出てきてしまい、引っ越してからもしばらくダンボールが山積みのまま、という経験を持つ人は多いのではないでしょうか。

つい後回しになりがちな収納家具ですが、組み合わせて使えるユニットシェルフがあれば、間取りが変わっても柔軟に使えるのでおすすめです。最近はスタイリッシュなデザインのものも充実していて、様々なスタイルのお部屋に合わせられます。

そこで今回は、長く使えるおすすめのユニットシェルフをご紹介します。

ユニットシェルフのメリット

引用元:無印良品

1.どんな間取りでも対応できる

様々なサイズの棚を組み合わせて使うことができます。部屋ごとに間取りも変わるので、引っ越しが多い人ほど広さに合わせて柔軟に変えられる収納がおすすめです。

2.あらゆる場所に使える

テレビボードや食器棚など、あらかじめ用途が決められた収納家具は、汎用性がありません。ユニットシェルフはシンプルなデザインなので、サイズさえ合えばどこでも使うことができます。

3.棚のバリエーションが豊富

棚の高さを自由に設定できるだけでなく、専用パーツも豊富で、引き出しやガラスの引き戸がついたものなど、用途に応じて組み合わせて使うことができます。

ユニットシェルフの活用事例

ドレッサー機能をプラスして、クローゼットをアップデート

引用元:Re:CENO

ユニットシェルフの機能は、収納だけにとどまりません。

高さが自由に調節できるメリットを生かして、シェルフの一部をドレッサーにすることも可能です。特に1人暮らしの限られたスペースでは、高さのあるテーブルを置くと圧迫感が出てしまうので、収納と一体になることですっきりとした印象に。

必要なものが一箇所に集まっていれば、朝の身支度がスムーズに進みそうですね。

自分のこだわりを集めた、キッチン&ダイニングの“見せる収納”

引用元:Re:CENO

コンパクトなキッチンでは、お皿やキッチン家電が備え付けの収納に収まりきらないことも。収納を買い足す場合、食器棚にしてしまうと、ちょうど良いサイズ感のものがなかったり、用途が限定されてしまい使いにくかったりします。

シンプルなユニットシェルフは、スペースを自由に使うことができるので、例えばこだわりのコーヒーセットをおしゃれにディスプレイして、カフェのような雰囲気を演出することもできます。

キャビネットを組み合わせて、サイドボード代わりに

引用元:Re:CENO

キャビネットのパーツをうまく組み合わせれば、サイドボードのように使うこともできます。高さを抑えると圧迫感がなくなるので、ベッドルームを広く見せてくれる効果も。

細々としたものはカゴなどを使ってうまく収納すると、ぐんとオシャレ度がアップします。

デスク代わりに使って、お部屋の一角を書斎に

引用元:Re:CENO

書斎を作りたくても空いているスペースがない、という方にも、ユニットシェルフはおすすめです。

本を置いたり、引き出しを組み合わせたりすれば、お部屋の一角が自分だけのスペースに早変わり。一部屋空けなくても、プライベートな空間が作れます。

洗濯機上のデッドスペースを有効活用

引用元:Re:CENO

高さのあるものを選べば、洗濯機の上のデットスペースをうまく有効活用することもできます。

白のアイアンフレームとウッドの組み合わせは、清潔感があってすっきりとした印象。タオルや洗剤が取り出しやすい位置にあったら、家事の時間も楽しくなりそうです。

ガーデニングスペースを立体的に演出

引用元:無印良品

落ち着いたシルバーのスチールシェルフは、植物のディスプレイにぴったり。主張しすぎない無骨なデザインで、シンプルなお部屋の程よいアクセントになります。

おすすめのユニットシェルフ

引用元:Re:CENO

ベースとなる基本セットを選び、必要なパーツを揃えていきます。

高さは165cm91cm54cm3種類から選ぶことができ、フレームや棚板、ガラス製のキャビネットなど、合計27個のパーツを自由に組み合わせ可能。

色や形も様々で、組み合わせ次第で幅広い使い方ができます。

無印良品はパーツの豊富さが魅力

引用元:無印良品

シンプルデザインで、男女問わず幅広く人気の無印良品は、パーツのバリエーションがとにかく豊富。

種類によって細かく異なりますが、高さは175.5cm120cm83cm46cmから選ぶことができ、幅も細めとワイドに分かれています。

棚板や収納ボックスは、オーク材やウォールナット、ブリ材やラタン(籐)など、こだわりの天然素材が使われているのもポイントです。

いかがでしたか?

ユニットシェルフは、木製家具などに比べてお手頃価格なのも魅力の1つ。同じメーカーのものであれば、買い足しやパーツの変更も簡単で、解体にも手間がかからないので、引っ越しが多い方は是非検討してみてはいかがでしょうか?