一人暮らしの男子必見!おしゃれなセミダブル&ダブルベッドの選び方

一人暮らしの男子必見!おしゃれなセミダブル&ダブルベッドの選び方

インテリアの要にもなるベッドは、デザイン云々よりもつい価格で選んでしまいがちですが、長く健康で暮らしていくためにも、自分の体にあったものを選びたいですよね。

そこで今回は、男性の一人暮らしにぴったりのベッドをサイズごとにご紹介します。女子ウケするスタイリッシュなベッドが満載。これから一人暮らしを計画されている方や、模様替えをお考えの方は必見です!

ベッドの善し悪しはマットレスで決まる!?

一般的に上質と言われているベッドはフレームではなく、マットレスの構造が優れているものがほとんど。そのため、体格に合わせた硬さをしっかりと見極めることが重要になってきます。たとえば、体の小さい方は柔らかめのもの、逆に大きい人は硬めのもの。

またカビや湿気が溜まりにくい、通気性の良い素材を選ぶなど、そのような点にも注意してベッドを選ぶと失敗は少ないでしょう。

まずは適正サイズを見極めましょう!

成人男性がゆっくり体を休めるには、どのくらいのサイズが適正なのでしょうか?

シングル?セミダブル?それともダブル?
購入したあと後悔しないためにも、まずはあなたの体に合ったサイズを確認しましょう。

成人男性にはシングルベッドは不向き?

ベッドのなかで一番小さいサイズのシングルベッドは幅90~100cm。価格帯もリーズナブルで、サイズが小さい分、家具の移動がしやすいとメリットはたくさんありますが、成人男性にとってシングルサイズは横幅が物足りないこともあります。

横になるだけならいいのですが、寝るときの幅は“寝返りの幅”まで考慮することが重要。窮屈だと感じないために必要なスペースは“肩側の両側に30cmずつ”とも言われているので、日本人の成人男性の平均肩幅(約45cm)にはシングルベッドではなく、セミダブル以上が好ましいでしょう。

セミダブルのメリットとは?

シングルサイズでは少し大きさに物足りなさを感じている方におすすめなのが、セミダブルベッドです。

ダブルと呼ぶことから二人用のベッドと思われがちですが、幅は120cmでシングルサイズに+2030cmのゆとりがある大きさになります。この差を大きいと取るか小さいと取るかは人それぞれですが、成人男性がひとりで眠るのには十分な大きさといえるでしょう。

メリットは、大きすぎないサイズであること。またシングルベッドと同様にベットシーツやカバーも種類が豊富に揃うので、自分の好きなコーディネートが楽しめるはずです。

ダブルベッドのメリットとは?

一人暮らしでダブルベッドにするメリットは、成人男性でもゆったりと快適に眠ることが出来るという点です。夜はベッド、日中はソファーといった、くつろぎスペースとして使用する方も少なくありません。

一般的にダブルサイズのベッドは幅140cm。ダブルという言葉から、シングルサイズのベッド2台分と思っている方もいるかもしれませんが、実はシングルサイズの約1.5倍以下。そんなに大きいものではないんですね。ベッドを選ぶときは呼び名ではなく、実際の寸法を確認することが重要です。

ただし、お部屋の広さが十分でないワンルームとなるとキッチンも同じ間取りなので、少し狭く感じたり、シングルやセミダブルに比べ費用がかさむデメリットも。失敗しない買い物をするためには全体のバランスを見て、決めていきましょう。

おすすめのセミダブルベッド

【Re:CENO】ウォールナットヘッドパネルベッド CINERARIA

重厚感がありながらスタイリッシュという言葉がぴったりなこちらのベッド。
トレンドのインダストリアルテイストのお部屋にマッチする、落ち着いたウォールナット板とアイアンフレームがおしゃれな雰囲気を演出してくれます。

高さを抑えた設計になっているので、スペースの限られた一人暮らしには特におすすめです。ヘッドパネルの上には携帯や目覚まし時計、メガネなど、ちょっとした小物を置くスペースになっているのも嬉しいポイント。

引用元:Re:CENO

【Re:CENO】アジアンスタイルベッド Glanz FLOOR-BED

女性に人気のアジアンテイストがおうちにいながら味わえる、そんな魅力的なフロアベッドも登場。通常のベッドよりも高さが低いので圧迫感も少なく、お部屋全体が広く見えるメリットも。

またマットレスがフレームに収まるように設計されているので、マットレスがずれにくく、安定感抜群。ベッドとしてだけでなく、ソファーとして活用することもできるマルチさも大きな魅力です。

引用元:Re:CENO

おすすめのダブルベッド

【Re:CENO】収納付きベッド Kurt

毎日使う洋服やバッグ。見えるところに出ていると生活感が出てしまいますよね。そこでおすすめなのが収納付きベッド。

通常、収納付きベッドにはヘッドが付いていたり、背が高いものが多いのですが、余計な装飾がなく、収納力があるわりには高さも低めに設定されているので、お部屋に開放感を与えてくれます。

また左右どちらにも引き出しが付いているので、模様替えしたいときにも便利。大人っぽいたシックなデザインは、おしゃれにうるさい女性からも高評価をもらえるはずです。

【Re:CENO】布団で使えるフロアベッド Vega

シンプルかつスタイリッシュさをとことん追求するなら、こちら。

フレームにサイズ違いの布団やマットレスを置けば、サイドテーブル付きベッドとして使用することも可能。ベッド下は通気性に優れている設計になっているので、湿気の多い梅雨の時期や夏場でも安心してお使いいただけるのもおすすめポイントです。

いかがでしたか?
一人暮らしの男性におすすめのベッド。ご参考になれば嬉しいです。