あると便利な一人暮らしの収納家具

一人暮らしで一番何が不自由に感じていますか?
一人暮らしの人からよく聞く声は

①収納の少なさ
②お風呂や洗面所の狭さ
③散らかりやすい
④服をしまうところが少ない
⑤靴箱が小さい

など、聞くと収納に関連することに不自由していることがわかります。

かといって希望する収納があれこれ完備されていると賃貸面積が広くなるため家賃に跳ね返るのも避けたいと思いますよね。

そこで今回のテーマは、一人暮らし歴20年以上、引っ越し20回以上の女性K子さんに聞いた“一人暮らしにあると便利な収納家具”です。

収納家具は最初に素材の良いものを選ぶ

あると便利な一人暮らしの収納家具

K子 「一人暮らしを始める時はお金をあまり掛けたくないので最初はネットや家具ショップで可愛い!とか安い!とかで買うことが多いと思いますが、結局、しばらく使用していると安い理由がわかってくるのです。塗装やカラーが剥がれたり、グラつくようになったりデザインは格好よいけど作りが偽物だったりしてー。」

なるほど、それは一人暮らしでよくありそうなお話ですね。ではどんな素材がオススメなのでしょう。
お訊きしたところ下記の素材がよかったようです。

①無垢材
②ステンレス
③突き板などの合板
④アルミ

逆にあまりよくない使い心地だったのは
①ベニア素材の家具(中が空洞で軽いもの)
②ガラス
③集成材
④プラスチック
との意見がありました。

オススメの素材の理由としては
・素材がしっかりしており使用していても壊れにくい。
・素材がよいと作りもしっかりしていることが多い。
・メンテナンスも手入れ次第で修理ができる。
が挙げられるようです。

あると便利な一人暮らしの収納家具

 ではあまりオススメしない素材の理由はどうでしょう。
①一概には言えませんが飽きがくる
②修理がなかなかできない
③引っ越しが多いと、これらの素材は比較的壊れやすい(*個人の見解です)。

そしてどこの家にもある収納家具の代表格薄手のプラスチックは静電気で意外とゴミや埃が付きやすく、見えるころに置くにはあまりオススメの家具ではないかも。ということでした。

確かに、使用経験者ならではの意見ですね。

どんな収納家具があると便利なのでしょう?

K子さんに当関連サイトの中から、あると便利な収納家具を数点選んでいただきました。
(*各詳細は”詳しくみる”もしくは”購入する”から是非ご覧ください。)

あると便利な一人暮らしの収納家具

写真引用元:無印良品

K子 「最初に選んだこのキャビネットは素材が無垢なのですが、大学生の頃こういう素材のキャビネットを購入したところ、幾度も引っ越ししても全く歪みが無くて、つなぎ目の緩みも無く、食器から小説やお気に入りの飾り物をいれるディスプレイの棚としても使えて便利でした。」

「また、このデザインのタイプは正面がガラス製で中が見え、引き戸だったから開き戸よりスペースが不要で、埃の心配も無くて長くずっと使えました。」あると便利な一人暮らしの収納家具引用元:大塚家具

K子 「下記のような少し背が高いけれど収納力があり何にでも使えるような物も魅力的ですね。

この収納家具は高さも携帯や鏡を置いたりするのに丁度よくて大変活用できると思います。」

引用元:journal standard furniture

次に選んだのは収納スツール。

あると便利な一人暮らしの収納家具引用元:ディノス

K子 「これはお婆ちゃんが鏡台のスツール使っていたことを思い出して自分も購入したのですが、一人暮らしの部屋に鏡台を置くスペースなどあまり無いので、化粧水やケアメイク、ホットカーラーなど収納したくて困っていたのです。

かといって出したままでは恥ずかしいし、ごちゃごちゃしている化粧品関係は見えないように収納したいと思案していた時にお婆ちゃんのスツールを思い出し、探して購入しました。」

あると便利な一人暮らしの収納家具写真引用元=dinos

K子 「オススメなのは移動にも重くない素材で、収納力があること。上記のようなスツールは折りたためて化粧品で無くても収納できるので大変役に立ちお買い得だと思います。」

あると便利な一人暮らしの収納家具

写真引用元=dinos

K子「またこんなシンプルなデザインでも収納できるデザイン的なスツールも憧れます。いかにもという感じがしなくてよいですね。

その次にあるとよい収納家具はキャスター付引き出しサイドテーブルです。」

あると便利な一人暮らしの収納家具写真引用元=dinos

「もうこれはどこにあっても本当に便利な収納家具です。ただ、最初に話したように安い!と思って購入したところ引き出しの底板がベニアでできており、使用していたらどんどん弛んできてしまい残念に思った記憶があります。

下記のように少々値が張りますが、何にでも使えておしゃれな雰囲気のサイドテーブルが今は欲しいなと思います。」

あると便利な一人暮らしの収納家具写真引用元=大塚家具

「これまでの経験から、特に家具本体や引き出しの素材、また部屋のどこにでも置けるようにサイドテーブルの背面にも塗装が施されているものを選ぶとよいと思います。

下記のようなタイプのキャビネットは学生の時はペンやノートなどのデスク周りやベッド側のサイドテーブルとして使っていました。」

あると便利な一人暮らしの収納家具

写真引用元=dinos

社会人になってからはキッチンコーナーでお箸やスプーン、小皿箸置きなどの食器関係に使っていたこともあります。

友人が遊びに来る時はそのままリビングに移動して食器のサポートテーブルにして、テーブル上はドリンクを置いたりして活用しました。」

なるほどこれは大変便利そうですが確かに購入する品の素材と作りが大切なポイントになりますね。

一人暮らしの収納家具の選ぶポイント

このようにK子さんの実体験からお聞きすると一人暮らしの収納家具を買う注意点とポイントが分かってきましたね。

まとめとして
(1)衝動買いはしない
(2)素材と作りを吟味する
(3)収納したい物をあれこれ臨機応変に活用できる

これに気をつけてよい収納家具を探すことができると結果的に長く使え、経済的にもお得になり、物を大切にできることにつながりますね。

収納家具を購入予定の一人暮らしの人は是非参考にしてはいかがでしょう。

Text=大島香(topophili)http://www.topophili.com