1K、一人暮らしのインテリア、収納術のアイデアいろいろ

1K、一人暮らしのインテリア、収納術のアイデアいろいろ

都内などで一人暮らしといえば、6畳や8畳くらいの広さの1Kに住んでいる人が多いのではないでしょうか?そんな1Kに住んでいる方は収納スペースはどのようにしていますか?部屋の広さより収納スペースが小さかったり、そもそもクローゼットなどの収納スペースが設けられていなかったり、いろいろと収納に困っているという話をよく聞きます。狭い1Kの間取りでは大型クローゼットが完備されているということはなかなかありませんよね。今回はそんな一人暮らしの収納が少ない1Kでも上手に物が収納できて、インテリアもおしゃれにできるアイデアをご紹介いたします。

布団ではなく、ベッドを使うようにする

1K、一人暮らしのインテリア、収納術のアイデアいろいろ1

引用元:Re:CENO

意外なことですが若い人でも、1Kで布団を使用して寝ている人は一人暮らしの男性、女性とも約3割はいるそうです。その理由として、布団は使わないときは収納できて部屋が広くなるからということでした。

しかし、たたんだその布団をしまう場所や収納棚があればよいですが、そうでなければ布団はずっと部屋で見える所に置いておくことになります。それでは場所も撮ってしまいますし、おしゃれなインテリアを目指したい人にはマイナス要因ですよね。そのような方には、まず布団を使用していたらベッドに切り替えることをおすすめします。

その場合のベッド選びのポイントは、ベッドの下が予め収納になっているタイプは便利ですが、湿度の多い場所には不向きですのでその場合はオープンタイプのものをおすすめします。

ベッド下に入る収納ケースを活用する

1K、一人暮らしのインテリア、収納術のアイデアいろいろ2

引用元:Re:CENO

収納付きベッドではなくオープンタイプのベッドを選んだ場合には、ベッド下の収納に透明の収納ケースを使うことをおすすめします。透明の収納ケースは一家に一台はあるのではないでしょうか?今はたくさん使い勝手のよいケースがありますのでぴったりなサイズを選ぶこともできますし、インテリアを邪魔しないデザインのものもあります。特に引き出し型のタイプや、キャスター付きで積み重ね可能なタイプのケースですと、使うときも掃除のときも大変便利です。

次のステップとして部屋にある物を収納ごとに分けます。使う頻度やかたちごとに収納を分けていきます。例えば使用頻度が高く、たたむとシワになるものや、長い裾のものはクローゼットにしまい、シーツや枕カバー、タオルケットなどの出し入れの頻度が少ないものは先ほどの透明な収納ケースにいれましょう。これで部屋に出したままの服や荷物が片付き少しすっきりしてきます。

1K、一人暮らしのインテリア、収納術のアイデアいろいろ3

収納スペースが足りない場合は見せながら収納する

狭い1Kでは収納スペースが足りなくて、どうしても見えない場所に収納することができず、部屋の見える場所に置かなくてはいけない場合もありますよね。そのような場合にも、ほんの少し見せる収納として工夫するだけで収納をおしゃれなディスプレイに変えることもできます。

洗面所で使うタオルの収納

たとえば、洗面所のタオル。1Kの洗面所の収納スペースは十分なスペースを設けているところはなかなかないのが現状の一方で、一人暮らしでもタオルの枚数は意外とあり、収納しようとするとかさばってしまいがちですよね。
そんな時は洗面所の壁に小さな棚(釘痕が残らないタイプでブラケットを固定)を作り、タオルをクルクル丸めて作った棚に乗せていきます。タオルも取り出しやすく、収納が壁なのでスペースを取らずにすみます。見た目もとてもおしゃれなインテリアに見せることができます。

1K、一人暮らしのインテリア、収納術のアイデアいろいろ4

靴箱が小さい場合の収納

一人暮らしの玄関にチョコンと付いている靴箱…たくさん靴を持っているのに、数足いれたら一杯になりそう!1Kの造り付けの靴箱ではよくありますよね。靴箱が大きいと長靴や掃除道具もいれたりできて便利なのですが、靴自体が全部収納できないこともあります。そんな時は靴箱の上に棚を作り、靴をインテリアの一部にしてしまいましょう。

まず靴箱の上の四隅にレンガや太めの台を置きます、その上に厚板(透明で厚手のプラスチック板でもよいです)を繰り返し積み上げます。靴はすべて箱から出して色ごと、高さ別に整理して作った棚に並べます。これで一人暮らしならではの靴の収納ができますね。靴を多く持っている人は是非試してみてください。

1K、一人暮らしのインテリア、収納術のアイデアいろいろ5

1K、一人暮らしのインテリアの収納術のアイデア、いかがでしたでしょうか。たとえ収納スペースが小さくても工夫次第で収納スペースも確保できますし、スペースが確保できなくても見せる収納でおしゃれに部屋を見せることもできることがご理解いただけましたでしょうか。日々の生活で物はどんどん増えていく傾向にあります。今回ご紹介した1Kの一人暮らしの収納術を使って賢くおしゃれなインテリア作りができるように、うまく収納するテクニックをマスターしてみてくださいね。

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com

保存保存

保存保存