子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリア

子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリア

子供のいる家庭において子供部屋の在り方は地域によってかなり違うように思います。

都内のマンション暮らしの場合、子供部屋に割けるスペースは1部屋が多く、子供が2人になると将来的にはプチリフォームをする家庭が多いように見受けられます。

地方ではマンションでも1~2人の子供部屋を最初から割けることも多くありますので、家族構成はまさに住居において重大要素となります。

子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリア

新築戸建てのインテリアコーディネートをしていると、子供が小学生になる、2人目が生まれるなど、何かのきっかけで戸建てを購入するというお話をよく聞きます。そのために大きめの洋間を作り、後に壁を立て2部屋に分けられるような間取りやレイアウトを希望される方が多くいらっしゃいました。

そんな居住環境の子供部屋におくベッドからは様々な要望が垣間見えます。

今日はその子供部屋におけるベッドの存在について話をしたいと思います。

親の好みが大きく影響するベッド

子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリア

今から50~55年ほど前に子供の学習机がブームになりました。それに伴い子供に部屋を与えることが当たり前になり、子供のためのベッドが誕生しました。

ある時期までは親と就寝している子供も子供部屋ができると一人で寝るようになります。その際に親がベッドで寝ていると子供もベッドで寝ることを好み、親が畳の上で布団だと子供も床で寝ることを好むという傾向があります。

最近の新築でも親が布団で、子供はベッドというインテリアコーディネートの家庭はあまり見かけません。子供の部屋というのは親の影響が大きいということがわかりますね。

さてその子供部屋、どのような部屋にしたいですか?タイプ別にみてみましょう。

(1) 子供の時期にしか味わえない「可愛い、楽しい」
(2) 男も女もどちらも使えるシンプルなもの
(3) できるだけコンパクトになっている
(4) 中学生になったら全て買い換えることを前提に
(5) 大人になってもそのまま使える

いかがでしょう?どれか当てはまるタイプはありますか?

それではタイプにそってそれがどのようなものかご紹介していきます。

タイプ別 子供部屋に置きたいベッド

子供の時期にしか味わえない「可愛い、楽しい」

子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリア引用元:Re:CENO

こちらの白のベッドは高さがやや低めで下に収納箱が入るようになっています。白を基調に黄緑、オレンジの2色で構成された子供向けのベッドです。

素材は天然木のパイン材で塗装もホルムアルデヒド、トルエンを含まない塗料を使用しています。ベッド本体がノックダウン式、マットレスは三つ折りなので引越しの多い家庭に向いています。

子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリアE-ko シングルベッド
¥59,400~ (税込)
購入する

男も女もどちらも使えるシンプルなもの

子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリア引用元:Francfranc

角をとった丸みのあるスチールパイプは子供にも安心なデザイン。丸みの効果でヘッドボードの高さの圧迫感が軽減されています。カラーは少し落ちついた白なので部屋に馴染みやすく、男の子、女の子でもどちらでも。

ベッド下に別売りの収納引き出しをつければでスペースも無駄なく使えます。どんなテイストのお部屋にだって合わせられるのが魅力です。

子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリア スピノ ベッド ホワイト
¥33,028 (税込)
詳しくみる 購入する
子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリアカレーラ ベッドストレージ
¥13,000 (税込)
詳しくみる 購入する

できるだけコンパクトになっている

子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリア引用元:Re:CENO

タモ材で作られたこちらのシリーズ、ベッド高が156cmほどあるので下に机や収納棚など全て納まります。子供にとってまさに城のような空間ですね。

カラーはナチュラルとダークブラウン。机や棚など別々に使用できますので部屋の大きさに合わせて組み合わせできます。ベッドのスノコは厚みがあるので敷布団でもOKというのですから布団派には嬉しいベッドです。

子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリアLibre ロフトベッド
¥63,800 (税込)
購入する

中学生になったら全て買い換えることを前提

子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリア引用元:Francfranc

ビビットな色をベッドで使うことは日本人は少ないようです。家具のメーカー自体が鮮やかなカラーの塗装をあまりしないことも理由の一つかもしれません。

そのようなカラー事情ですが、子供時代にアメリカの家庭で使われていそうな鮮やかなビビットカラーをあえて使ってみる、というのはいかがでしょうか。

明るい色は子供の心の成長にも影響があるといわれますのであえて個性的な色も幼少期にはよいのではないでしょうか。

子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリアマナーナ ベッド レッド
¥52,000 (税込)
詳しくみる 購入する

 大人になってもそのまま使える

子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリア引用元:無印良品

オーク材で作られた落ち着き感のあるベッドです。無駄を省いたシンプルなスクエアのデザインは子供から大人になっても対応できるデザインです。

オーク材はパイン材よりインテリアを選ばないのでコーディネートもしやすいです。上下セパレートしても2台とも同じ高さなので並べて使っても綺麗に見えます。簡単に組み立てられるノックダウン式なのも嬉しいですね。

子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリアオーク材2段ベッド
¥75,000 (税込)
購入する
子供部屋のベッドの選び方で変わるインテリア

子供部屋に向いているベッドスタイルは子供の人数にも関係があります。2人予定、既にいるという家庭にはこれまでご紹介した中でも多かったように2段ベッドで、後に1段ずつ分けて使えるものがやはり人気のようです。

1人の場合はご紹介したタイプを念頭に子供部屋を作るときにじっくりインテリアコンセプトとカラー、子供の成長を考えてみるとよいかもしれません。

子供にとって初のベッドデビューはとても大きな影響力があり、存在感のある家具になります。

わたくしの子供の頃のベッドは黒のアイアンで繋ぎ目がゴールドという配色の2段ベッドでした。当時は2階(上段)にあがる梯子がアイアンで出来ているのが冬に冷たくて、足を乗せるのが子供心に苦手だったのを覚えています。

こうして歳月が経ってもその足の感触や思い出は忘れられないものです。

ぜひ、大切な子供のベッドを慎重に選んであげてくださいね。

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com