インテリアにおしゃれなガーデンファニチャーを取り入れてみませんか?

インテリアにおしゃれなガーデンファニチャーを取り入れてみませんか?

“我が家はマンションだからガーデンファニチャーは置けない”という方は都内に住んでいる人ほど多いのではないでしょうか?また“戸建だけどガーデンファニチャーを置くほど庭が広くない”という方も住宅事情でいらっしゃいますね。

皆さんは最近のガーデンファニチャーをご存知ですか?最近はガーデンファニチャーの素材、デザインがとても種類豊富になり、室内のインテリアファニチャーとしても愉しまれている方も増えています。

今回は日本人のガーデンへの意識と最近のガーデンファニチャーをご紹介しつつ、こんな使い方はどうでしょう?というご提案をしたいと思います。

日本人が持つガーデンのイメージは?

現代の日本人のガーデンへのイメージはひと昔前の日本庭園から随分変わりました。

ひと昔の日本庭園の構成は、池を中心にして土地の起伏を活かしたり、築山を築いて庭石や草木を配して、四季折々に鑑賞できる景色を作るのが一般的でした。

また日本の庭造りには灯篭や東屋、茶室なども配置されており、自然を愛でる、自然の四季を考えて樹々を植えるといった五感に触れる人の情緒的なものに響くことを意図して構成されていたのです。

世界の3大ガーデンスタイルとは?

では日本以外のガーデンの構成はどうかというと、海外のガーデンには「イギリス式」「フランス式」「イタリア式」と大きく分けて3つあるといえるでしょう。

イギリス式

イギリス式の特徴としては、幾何学的な人工の庭でなく、あくまでも花や樹々が自然に育つナチュラル感を感じさせるように構成しています。演出の一つに小径を曲がりくねらせ、行く先を見通しよくせず、この先はどうなっているのだろうという想いを抱かせる演出があります。

イタリア式

イタリア式のガーデンはあくまでも建築物を主体にしており、ガーデンはヴィラに付随するものとして位置づけられています。噴水などの建築物を立体的に配置し、常緑樹や花壇をその装飾として扱っています。

フランス式

フランス式はイタリアと違い平坦な土地が多く、水平方向に大きく広がっているのが特徴です。特に、左右対称であるシンメトリーや噴水、彫像、樹木など上手に組み合わせた幾何学的なデザインがなされているのが特徴です。

あの有名なベルサイユ宮殿などはとてもわかりやすいフランス式ガーデニングといえるでしょう。

海外でこのようなガーデンに触れた日本人の女性達は、中でも自然なガーデニングを好むイギリス人のライフスタイルやインテリアに感銘し、さらには屋外でのティータイムなどの体験を通して、一層ガーデンに魅了されて日本へ帰国した女性達が、イギリス式ガーデンを日本で真似しながら広めていったという時代がありました。

日本の庭を愛でる文化、茶道などはイギリス式のガーデニングやティータイムに共通していることもあり、日本人に受け入れやすい要素がたくさんあったことが、日本のガーデンはイギリス式が多いということになったのです。

ここまで進化しているガーデンファニチャー

写真引用元:ディノス

では次に現在のガーデンファニチャーはどのように種類が豊富になったかご紹介しましょう。

まず少し前までは木製のベンチやテーブル、荷物を収納する小屋のような牧歌的なファニチャーが一般家庭用では主流でしたが、いまは寝そべるタイプのベッドタイプチェアやカフェテリアのようなチェア&テーブル、ガーデニング大鉢とお揃いのファニチャーなど、使う目的、テイストに応えれるほどあります。

アンティーク調 ガーデンファニチャー オーバル 4点セット

アンティークタイプは、戸建でしたら外壁の色を意識して合わせるとおしゃれにマッチングしますし、ウッドデッキの上でも同系色で違和感なく使用できます。

引用元:ディノス

ストーン&ロートアルミガーデンファニチャー ラウンド 3点セット

下記のようなタイプでしたら、インテリアファニチャーとしてマンションの屋内のダインングルームで普段使用してもおかしくありませんし、時折バルコニーで使用するなど移動にも便利な重量と大きさです。

引用元:ディノス

MWHガーデンファニチャー フォールディングチェア

またポップな感じのデッキチェアも、あえてリビング用のソファチェアとして日常使用しても見劣りせず、むしろ使い熟し感があってセンス良く見えたりします。

引用元:ディノス

タリナ シングルソファ

”きちんと感”を持つシングルソファもリビングソファにも使うと面白いですね。

引用元:ディノス

こんな具合に様々なタイプがありますので是非、屋内外兼用で使用できるガーデンファニチャーを今年チャレンジしてみてはいかがでしょう!

Text=大島香(topophili)http://www.topophili.com