2017
06.15
一人暮らし 部屋 インテリア DIY

自分で作れる一人暮らしのためのインテリア

テレビでも100円ショップで材料を購入して一人暮らしを素敵にしましょうという番組が放送され、今では大工女子もいるほどですからDIYは男性仕事というイメージは過去のものと言えるかもしれません。

今日は一人でも作れるインテリアをいくつかご紹介しましょう。

簡単にできるカフェカーテン

一人暮らし 部屋 インテリア DIY

欲しい生地がなかなか見つからない時、生地屋へ行くと驚くほどの種類を目にします。一人暮らしの大切な窓にどの生地を使うかはとても慎重になり、その分真剣に選ぶのではないでしょうか。レース生地か木綿か麻か、素材も柄もどれにするか迷いますが、それでもインテリアに合うものを探すのは楽しい時間です。

価格は幅100-140cmくらいで¥500〜あり、種類もたくさん選べます。小窓なら1幅で済むこともありますし、両開きなら1幅半でできます。

写真のようなカフェカーテンでしたら上部を袋縫い、下部を三つ折りかウエイトテープを巻き込んだ縫製にし、後は突っ張り棒に通して完成です。

窓辺に面した広いカウンター

一人暮らし 部屋 インテリア DIY

パソコンを使ったり食事をしたりする時に外を眺めるカウンターがあればと思うことはありませんか?なかなか一人暮らしではそんなカウンターのある部屋は見つからないかもしれません。またそのようなテーブルカウンターは比較的高額でインテリアショップで見てびっくりなんてこともしばしば。

しかしカウンターも、板はインターネットで板専門店に直接注文して入手できますし、テーブルの脚はワインの木箱を重ねたり、スノコをL型に蝶番でつくったりとアイディア次第で作ることができます。一人暮らしの部屋にちょうどよい大きさに作れるのも便利です。

難しくないベッドヘッド

一人暮らし 部屋 インテリア DIY

あると素敵だけれどなかなか売っていないベッドヘッド。

特にファブリック仕立ては殆どがオーダー品になり、インテリアにあった生地で仕立てましょうということが多いのですが、海外ではこのようなベッドヘッドでも自分で作ることがよくあります。

写真のように難しい形は上級者向けですが、シンプルなスクエアタイプなどは意外と簡単に作れます。おおまかな作業の流れとしては、まず材料となる木の板を購入先のホームセンターなどで希望サイズにカットしてもらい、その板の布面に座面用のスポンジやクッション材を貼ります。次に好きな布をピンと貼り、ボードの裏に生地をまわしてタッカーで固定します。後はこれをベッドと壁の間に立てて完成です。

壁紙の模様替え

一人暮らし 部屋 インテリア DIY

さすがに一人で部屋を全部塗るのは大変ですので、インテリアにこだわりのある場所の壁や洗面所、化粧室などのあまり大きくないスペースに室内ペンキを塗るのはいかがでしょう。

賃貸でも大家さんが了承してくれることもあります。

また塗るのが難しい場合は壁紙の上から貼れる壁紙を施工するのもよいでしょう。今では貼ってはがせるタイプが豊富にありますので、気軽に一人暮らしならではのデザインを選んで貼りたいものです。

これだけ自分で手を加えたインテリアがあると一人暮らしの部屋も楽しく愛着のある空間になりますね。

ご紹介した物できそうなのはありますか?

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com

おすすめの関連記事を見てみる

■6畳1K一人暮らし、狭い部屋のインテリアを広く見せる3つのコツ

■6畳1K、一人暮らしの部屋を広くみせる家具配置の3つのコツ

■一人暮らし6畳1Kの部屋のインテリア、レイアウトパターンとアイテム別ポイント

おすすめの部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】5畳・1K、狭い部屋でもレイアウトを工夫して、快適な一人暮らしのインテリアを

■【部屋のコーディネート】6畳・ワンルーム、一人暮らしの部屋のスタイル別コーディネート

■【部屋のコーディネート】6畳・1K、一人暮らし女子に人気な清潔感のある白い部屋

部屋のコーディネートをいろいろ見る

■あなたの部屋の参考に!部屋のコーディネート集「VR rooms」

VRrooms

RoomCo

RoomCo naviは、家具とインテリアを楽しむための情報サイトです。
お部屋づくりに役立つ様々な情報を発信しています。

©LivingStyle, Inc. All Rights Reserved.