一人暮らしに必要なインテリアアイテム5つのご提案

インテリア グッズ 一人暮らし

一人暮らしをしたことがありますか?それとも今一人暮らしをしていますか?一人暮らしを始める時はとてもワクワクと夢が広がりますね。その反動であれもこれもとインテリアアイテムを用意してお部屋が狭くなることもあります。

今日はこの5つがあれば、素敵な一人暮らしをスタートできるという物をご紹介いたします。

座り心地のよいマイチェアを一つ

インテリア グッズ 一人暮らし

ただ腰掛けるイスではなく、本を読んだり、お茶を飲んだり、居眠りしたりと暮らしに欠かせない存在のイスを持っているととても暮らしに重宝します。

長く使える丈夫な作り、汚れても拭いたりカバーの交換ができるタイプだとなおさら愛用することができます。

お得だからということではなく、一生暮らしのパートナーとして使えるか?ということを見据えてちょっと奮発しても買いたいインテリアアイテムの代表と言えるのがマイチェアです。

コートハンガーは万能

インテリア グッズ 一人暮らし

インテリアとしては意外かもしれませんが一人暮らしにはコートハンガーがあると何かと便利です。

特にI型のストレートタイプは洋服はもちろんのこと、大きな寝具を干したり乾かすときに、また臨時のパーテーションとして布をかけたり何かと使えて役立ちます。スタンドの高さを低くしてクローゼットや押し入れの中にいれてハンガースタンドとしてももちろん役立ちます。

チェストの引き出しの数だけ幸せ

インテリア グッズ 一人暮らし

引き出しのある胸の高さくらいの家具をチェストといいます。

最近は日本ではあまり見かけなくなってきましたが、アメリカ、ヨーロッパなどでは先祖代々のチェストがあるほど大切なインテリアアイテムとして一家に1台は存在する家具です。

そのチェストがおすすめの理由は使い勝手がいろいろとよい万能家具だからです。高さ次第では上に鏡を置いてドレッサー、洋服をたくさん入れる洋ダンス、書類をしまうキャビネットなど必要に応じて一人暮らしの生活をサポートしてくれる家具です。見せ家具として少しセンスよい物を選ぶと部屋も素敵になります。

鏡は小さくても大きな存在

インテリア グッズ 一人暮らし

部屋に鏡はありますか?一人暮らしの部屋だと意外と洗面所の鏡しかないということを聞きます。鏡は姿見くらい大きいと全身も映せ、部屋も広くみせるといったよいこと尽くしなのですが、そんな場所がないのも一人暮らしの場合はありますね。そういうときは先ほどご紹介したチェストの上に乗せたり、壁にかけるタイプでも構いませんので、鏡のある生活をしてみてください。

想定していなかったような光が部屋に注いだり、ちらりと映る自分の姿をみて意外な自分の表情を知ったり、暮らしの中で様々な発見や刺激を与えてくれます。

ランプは心の拠り所

インテリア グッズ 一人暮らし

デスクランプも一人暮らしでは使用していない人が多いかもしれませんが、テーブルランプやフロアランプなど明かりがそこにポッと灯るような空間がインテリア空間にあるとマイチェアもチェストも鏡もそれぞれが素敵に引き立ち、自分自身もほっとする部屋作りができます。

スペースを取りそうだわと敬遠せず、是非お気に入りのランプを今年は探しに出かけませんか?まだまだランプ暮らしが少ない日本の生活ですが一人暮らしだからこそインテリアにこだわり、自分だけの明かりを作ってみてくださいね。

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com