2017
05.09
インテリア おしゃれ

おしゃれな部屋作りのポイント!インテリアのスタイルを決める2大要素

お部屋をおしゃれにしたい!と思っていても、どこから手をつければいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。「ナチュラル系」や「北欧系」など、おしゃれな雑誌でよく目にするインテリアの様々なスタイルを参考にしようとしても、なかなかうまくいかないものです。

そこで今回は、これさえおさえればインテリアのスタイルが決まる、という2つのポイントをご紹介します。

「色」と「素材」に注目!

実は、さまざまなインテリアのスタイルは、それぞれに特徴的な色と素材感があります。

お好みのインテリアのスタイルが決まったら、ベースとなる色と、家具の素材感に気をつけてコーディネートすること。理想のお部屋に近づけるためには、この2点に注目するだけで良いのです。

4つのインテリアのスタイルを例にご紹介します。

ナチュラル系は白やベージュ×白木

インテリア 

引用元:Re:CENO

ナチュラル系は、その名の通り天然の素材を用いたテイストです。白木などの温かみのある木の質感に、天然素材のファブリックを合わせて、家具のデザインもなるべくシンプルなものがベスト。色味は白やアイボリー、ベージュなどの優しく目に穏やかな色をベースにすると、バランスよくまとまります。

キーカラーなどは使わずに、全体的に淡いトーンでまとめるのが、ナチュラルスタイルのポイントです。

グラフィカルなテキスタイルを加えると北欧系に

インテリア スタイル

引用元:Re:CENO

ここ数年トレンド継続中の北欧系も、ベースとなっているのは木のぬくもりを感じるシンプルなナチュラルスタイルです。色味もホワイトやベージュなどがメインですが、クッションカバーやラグなどにグラフィカルなテキスタイルを取り入れると、たちまち北欧テイストに!

北欧デザイナーの家具を取り入れても北欧インテリアは作れますが、ファブリックの色と柄を変えるだけで印象がガラリと変わるので、コストを抑えずスタイルを変えたい方におすすめです。

ワントーン×メタリックでシンプルモダンな雰囲気に

インテリア スタイル

引用元:IDEE

モダンテイストは、洗練された都会的なイメージです。ガラスやメタリックといった質感の家具をポイントに、なるべく色味を抑えるワントーンコーディネートでまとめると、スタイリッシュな印象になります。色味は白、黒、グレーのモノトーンが代表的ですが、ネイビーやダークグリーンなど深みのある色合いを使ってもおしゃれになります。

トレンドのヴィンテージスタイルはダークブラウン×レザー

インテリア スタイル

引用元:Re:CENO

最近注目のヴィンテージ感のあるインテリアは、シンプルで無骨なメンズライクなイメージです。色味はダークブラウンやブラックなどの落ち着いたトーンがメインです。重量感のあるレザーソファの質感をポイントに、木目やアイアンでまとめると、スタイリッシュに仕上がります。

色と素材に統一感を持たせるだけで、お部屋はスタイリッシュな空間になります。大型家具を買い替えなくても、クッションやラグなどのファブリックを変えるだけでも十分印象が変わるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

おすすめの関連記事を見てみる

■ひとり暮しの部屋でもできる!シャビーシックなインテリア

■無駄のない、シンプルスタイルインテリアの作り方

■教えます。インダストリアルなインテリアの作り方

おすすめの部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】縦長リビングダイニング 丸テーブルのある、おしゃれな部屋

■【部屋のコーディネート】典型的な長方形リビングダイニングも素敵にコーディネート

■【部屋のコーディネート】長方形リビングダイニングをRe:CENOでレイアウト

VRrooms