梅雨時期を快適に過ごすおしゃれインテリアテク

梅雨 インテリア おしゃれ

いよいよ夏が来た?そう思ってしまうほど暑い日もありますが、その前にじっとりと湿気がまとわりついて気分まで憂鬱になってしまう…。そんな梅雨時期がやってきます。

この時期は1年で1番、家のなかで過ごす時間が多いので、インテリアを快適かつ素敵に模様替えしたいと思う方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は家具を買い替えるような大掛かりな模様替えではなく、ちょっと意識するだけで実現できそうな事例をご紹介。梅雨時期の快適なお部屋作りの参考にお役立てください。

寒色系アイテムで見た目から涼しく快適に

梅雨 インテリア おしゃれ

引用元:Franc franc

梅雨時期といっても、けっして肌寒いわけではなく、むしろジメジメ蒸し暑いのが特徴ですよね。

そこで、洋服と同様に寒色を使った室内に模様替えしてみてはいかがでしょうか? 暖かみを感じる暖色系よりもブルーをインテリアの中に取り入れるだけで清潔感が溢れる、涼しげなお部屋に。

梅雨 インテリア おしゃれ

引用元:Re:CENO

なかでもベッドカバーやクッションなどのカバー類は季節に応じてカラーチェンジが簡単にできるのでおすすめです。

体感温度が下がるブルーのクッションは、じっとりとした梅雨時期にこそ使いたい色。クッション全部を寒色に変えても良いですが、それだと他の季節に合わない。そんな時は今あるクッションにブルー系を1個混ぜるだけでもOK。

梅雨 インテリア おしゃれ

引用元:Re:CENO

こちらはラグをブルー系にする際、参考になりそうなリビング。青はすっきりとしたイメージがありますが、それと同時に寂しさも感じてしまう色です。青を使ってリラックスした雰囲気を出したい場合はこんな感じの模様入りを選んだ方が良いかもしれませんね。

冷たさを感じるインテリア小物を取り入れる

ガラスや水、植物などを使ったインテリア雑貨や冷たいイメージがあるアイテムは、蒸し暑い梅雨時期にもってこい。軽さを感じる素材を積極的に取り入れることで、じめっとした室内を涼しげな印象に変えていきましょう。強い日差しを少しでも緩和してくれるはずです。

梅雨 インテリア おしゃれ

引用元:Re:CENO

こちらはオープンシェルフに“海”を連想させる小物や瓶をセンスよく並べて、清涼感を出したリビング。風通しのよい雰囲気が梅雨時期でも快適な部屋を演出してくれます。

梅雨 インテリア おしゃれ

引用元:Franc franc

部屋の一角にガラス瓶があるだけで涼しそうなイメージに。これなら夏が終わる頃にガラス瓶をしまうだけでいいので、秋のインテリアにもすぐにチェンジできますね。

いかがでしたか? これまで年中、同じインテリアで過ごしていたという人もこれを機会に快適でおしゃれなお部屋に挑戦してみてはいかがでしょうか?