和室で一人暮らしをする場合のインテリア選び

和室 一人暮らし インテリア

家賃を抑えるアイディアとして比較的家賃がリーズナブルな和室を借りる一人暮らしの方もいると思います。

和室を活かしてそのままインテリアを和風に揃えている方も、洋風にアレンジして暮らしている方もいるでしょう。

今日は和室で暮らしをスタートさせる時におすすめのインテリアをアドバイスいたします。

カーペットを考える

和室 一人暮らし インテリア

和室の床全てに敷くカーペット、ある一部分に引くラグマットとタイプがあります。例えば和室の畳を見えるように残してアジアやヨーロッパ諸国などで製造された個性ある柄のラグマットをアクセントとして使用することもできます。一部に敷くと和室の良さを活かすことができますし、全部覆うことで和室感を消すこともできます。

また新しい畳は心配ありませんが少し擦り切れたような畳の場合、直接座ると衣類を引っかけたり、畳のクズが衣類についたりしますので、畳でない素材の床を部屋に作ることはおすすめです。

バーチカルブラインドを利用する

和室 一人暮らし インテリア

ウィンドウトリートメントの一つのバーチカルブラインドはブラインドを縦にしたような形で羽の向きが右左、寄せるなど操作できます。通常は洋室で使うことが多いですが、あえて和室で使うのはいかがでしょう。

和室の窓におすすめするプリーツスクリーンという和紙風の素材で蛇腹に折りたたんだものがありますが、リアルな影や景色を一人暮らしの生活で楽しみたい方はプリーツスクリーンの中でもシアー生地のものや、あえてバーチカルブラインドを使用されることも一つのアイディアと思います。

大きめのペンダントライトを選ぶ

和室 一人暮らし インテリア

よく和室にイサムノグチ氏のあかりシリーズなどが好まれ、わたくしも何度か取り扱いました。その他にも和室の面白さをだすという効果としてハーフトーンなどの色の傘がある大きめなペンダントライトがあるとインテリアも綺麗に見えるあかりが作れると思います。

何故ならランプ(光源)が直に見えるタイプは影ができやすく、陰影を空間で作ることができます。また天井から下げることで和室の木肌の柄を控えることができるので和を強調せずにすみます。

壁に絵を飾る

和室 一人暮らし インテリア

一間の和室は洋室に比べ窓が少なく、小さいこともあります。

窓を増やす感覚で好きな絵を壁に飾ると目線が上向きになり部屋が広く見え、またインテリアしても楽しめるアイテムです。

その時も額縁をどのようなものにするかなど、一人暮らしの和室の部屋をうまくコディネートするのに是非チャレンジしてみてくださいね。

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com