実家で作る憧れの一人暮らし風のインテリア

インテリア 実家 一人暮

もしあなたが親元で暮らすインテリア好きの方なら、早く一人暮らしがしたいと思っていませんか?それでも事情があって一人で暮らせないということもありますね。

今日はそんな人に向け、一人暮らしのように感じることができるインテリアのコツをご紹介します。

まずは部屋のドアから

インテリア 実家 一人暮

部屋のドアは一つのインテリアとして存在感があるものです。ペンキを塗ることが可能でしたら好みの色に仕上げてみることをおススメします。そこまでできない場合はドアプレートなどをつけてはいかがでしょう。

名前や部屋番号でもプレートで飾ることによってドアらしさがグンとあがります。

ドアを開けた側にシューズボックスなどレイアウトする

インテリア 実家 一人暮

一人暮らし風の部屋には下駄箱までは置けませんが、トランクやボックスなどに入れてさりげなく積み重ねると、インテリアとしてディスプレイしながら収納でき使い勝手もよいです。

部屋の中に自分の靴を置いておくのは便利なことが多いです。部屋で服のコーディネートをするときにどの靴がよいか合わせやすく、メンテナンスもしやすいです。

また、靴は部屋に入る程度と思っていれば必要以上の靴を持たなくて済むので一石二鳥かもしれません。

小さくてもキッチンコーナーを作ってみる

インテリア 実家 一人暮らし

そうはいっても一人の部屋にキッチンを作る場所はありませんよね。でも小さな冷蔵庫を置くくらいは場所を作れそうではないですか?

自分だけの飲み物や食べ物が部屋にあるというのは嬉しくて便利なことです。

キッチン風として冷蔵庫の上にグラスやカップなどを数点収納できるように棚を設けたり、栓抜きやコルクスクリューなど可愛い小物を飾るのもいいですね。

デスク代わりに小ぶりのダイニングを使う

インテリア 実家 一人暮

家でパソコンを使う人はデスクを置いているかと思いますが小ぶりのダイニングテーブルを代用してはいかがでしょう?

もちろん椅子は2脚置きたいですね。邪魔に感じるようでしたら1脚はベッドサイドのテーブル代わりに使っても様になります。

一人の部屋に2脚の椅子が置いてあるということがポイントなので、邪魔とおもわず工夫次第で使ってみてください。

それだけでも一人暮らし風の部屋が作れます。

自分だけのテレビを置く

インテリア 実家 一人暮

一人暮らしの醍醐味として好きなテレビ番組が見れるということはありますね。人の目を気にせず見たいものを見る、大なり小なりテレビを置きたいものです。テレビ台もいわゆるものではなく、コンパクトな薄型の棚を選ぶことをおススメします。インテリアファニチャーとして使えるもので探されるとよいですね。

実家では自分の城はつくれないと諦めず、このようにできそうなことから一人暮らし風の部屋を楽しんでみてはいかがでしょう。

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com