2016
08.09
インテリアスタイル

知っておきたい、インテリアスタイルの基本いろいろ

インテリアには、○○スタイルや○○テイストといった部屋のイメージがあります。特定のスタイルをコンセプトにしているインテリアブランドもありますね。日本では最近、男前インテリアや塩系インテリアなどが流行っていますが、日本独特の呼びかた。このようにスタイルはたくさんあります。いろいろなスタイルがあふれていて

「そもそもスタイルって何?私の部屋は何スタイルになるの?」

「北欧といってもいろいろあるけど・・・」

と思っていらっしゃる方も多いのではないのでしょうか。

わかりづらい要因は、ほとんどのスタイルがいろいろな要素が混ざったものだから。今回は、たくさんあるインテリアのスタイルを整理してみることにしました。

その時代のスタイル

インテリアのスタイルでもっともポピュラーなのが年代・時代ごとのスタイル。

大きく分けると4つ

◆伝統的なスタイル

434b2b5d5a432792bb3c8a812cde7b88_s

クラシック

古典をさす言葉。中世のヨーロッパで使われていたデザインの家具やインテリア。曲線のデザインが特徴的

エレガント

優雅で上品な様。こちらもヨーロッパで使われてきたデザインや家具ですが、クラシックよりも格式が高くないものを指します。

◆現代的なスタイル

90bf540e5ed581f18afb9d13ca749f74_s

モダン

まさにモダンの意味は”現代的”。直線的なデザインの家具やシンプルな配色(色数の少ない)のコーディネート。カジュアルと対象的で生活感をなるべくださないのがモダンなテイストです。

カジュアル

気軽でラフなデザインの家具やPOPな配色のコーディネート。形式がばらばらで自由な組み合わせを楽しむのがカジュアルスタイル

懐かしいあの頃のスタイルも

あの頃には流行があるもの。インテリアにもあの頃のスタイルがありました。

アンティーク

ミッドセンチュリー

1940~60年代に誕生した、デザイナー家具を中心としたインテリア。代表的なのはチャールズ・レイ・イームズやジョージネルソン

カントリー

ヨーロッパやアメリカのひと昔前の田舎のインテリアのこと。手作り感のある内装や家具が特徴でぬくもりのあるスタイルです。

他にも、アンディークやヴィンテージなど古きよき時代を象徴したスタイルも。このように、その時代のインテリアをさす言葉はスタイルの1つになっています。

地域や国のくらしから

北欧やアジアン。これらはその地域のくらしから名付けられたインテリアスタイル。○○風スタイルとも呼ばれますね。日本にも和スタイルと呼ばれるように、その地域には昔からの知恵やアイデアが詰まったくらし方があります。

スタイル

よく使われるスタイルを地図上で整理してみました。その地域の気候などから生まれた、暮らしの知恵や文化がインテリアのスタイルとなっています。

  • 北欧 引用:IDEE
  • アジアン

<各地域のくらしのイメージ画像>

例えば、北欧は日照時間が少なく、せめて家の中は明るくしようという工夫から白木の家具や大胆なデザインが使われるようになりました。これが北欧スタイルです。参考になるのは、ホテルのインテリア。その地域の文化が少なからず表れているからです。

まずは自分の好きな地域を見つけてみてはいかがでしょうか。

やわらかさや雰囲気。物や場所のイメージを表すことば

273c9746ec110388d56fad2bd7d96681_s

人気の高い、シンプルやナチュラルなスタイル。このようなスタイルはその物の様を指します。ナチュラルは“自然な”という意味で綿や麻、無垢の木材など素材のことを指します。どれもその物のイメージがインテリアのスタイルになっているようですね。またホテルライクやカフェのように場所のイメージをインテリアのスタイルとすることもあります。

このようなスタイルはイメージを4つに分けられます。

スタイル

柔らかくてあたたかい雰囲気が好きな方は自然と”ナチュラル”なテイストがお好みなのではないでしょうか。最近流行りの”男前”や”塩系”もこちらに分類されますね。

スタイル2

結局、インテリアのスタイルはほとんどがミックス

スタイルを整理してきましたが、ほとんどのスタイルがミックスされていることにお気づきでしょうか。

”シンプルモダン” ”アメリカンカジュアル” など。

実は同じようなスタイルなのに流行からネーミングが違うという場合もあります。上級者のテクニックにはなりますが地域のまったく違うスタイル(北欧とエスニック(中東)など)を合わせてコーディネートしている例もあります。これだけミックスされているのだからインテリアのスタイルがたくさんあるのも納得ですね。

ミックス

引用元:ASPULND

たくさんの写真や画像を見ることも大切ですが、それでもスタイルがよくわからなくなったら、いつの時代の、どこの地域の、どのような雰囲気か。この3つの分類から自分が好きというスタイルを見つけてミックスしてみてはいかがでしょうか。

VRroomsでは3Dシミュレーターを使用したお部屋のコーディネートを見ることができるので参考にしてみてください。

今後、各スタイルについて、もう少し掘り起こした記事を書いていく予定です。どうぞお楽しみに。

3Dシミュレーターとは?

Text=RoomCo naviインテリアコーディネーター

関連のおすすめ記事を見てみる

インダストリアル

関連記事:教えます。インダストリアルなインテリアの作り方

VRrooms