6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント

6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント

一人暮らしをされている方で6畳1Kの間取りにお住いの方は多いのではないでしょうか。

しかし、そんな6畳1Kの間取りはベッドや机などの家具をどうレイアウトしたらいいか悩ましいもの。

今回はそんな6畳1Kの間取りをテーマに家具、インテリアのレイアウトの悩みを解消するポイントを紹介します。

ベッドやテレビ台など、アイテム別にどのように家具を配置したらよいかというレイアウトのポイントと

6畳1Kによくある間取りの形状パターンに合わせて、レイアウトパターンをいくつかご紹介いたします。

家具の配置は大きいサイズの家具からが基本

一人暮らしの部屋に欲しい家具といえば、ベッド・テレビ台・収納、だと思います。

では6畳1Kの部屋での家具のレイアウトは何から考えればよいのでしょうか?

ほとんどの人が同じ考えかと思いますが、「ベッド」ですよね。

家具の配置は大きいサイズの家具から考えることが基本です。

大きいサイズの配置が決まれば、次の家具の配置も考えやすくなります。

では、ベッド・テレビ台・収納、それぞれのレイアウトのパターンをみていきましょう。

ベッドのレイアウトのポイント

ベッドは大きいのでそもそもレイアウトできる場所がかなり限られてしまいます。

そのレイアウトパターンは大きく部屋の短い方の壁側につけるレイアウトか、長い方の壁側につけるレイアウトパターンかに分かれます。

各々のレイアウトパターンを見てみましょう。

部屋の短い方の壁側につけるレイアウト

このレイアウト例は、まとまったスペースが広くとれるので、ベッドや机の他にもコンパクトなソファを配置することもできるレイアウトです。

ただし、クローゼットの扉や窓の前にベッドを配置する場合は、扉や窓を開け閉めするためのスペースが必要です。

洋服が取り出しづらいとか窓の出入りがしづらいなど、普段の生活のストレスにならないようにしましょう。

【参考事例】部屋の短い方の壁側につけるレイアウト

部屋の長い方の壁側につけるレイアウト

長い辺にベッドを配置すると、ベランダへの動線がとりやすいレイアウトになります。

洗濯物をベランダに必ず干すという方は、ストレスにならないので、こちらのレイアウトがおすすめです。

【参考事例】部屋の長い方の壁側につけるレイアウト

テレビ台のレイアウトのポイント

ベッドが決まったら、次はテレビ台の配置を考えましょう。

6畳1Kの部屋でテレビを観るときは、ベッドに座ったりして観ることが多いのではないでしょうか。

ベッドはソファがわりになったり、床に座った時の背もたれになったりしますよね

よく座る場所から、見やすい位置にテレビをレイアウトするパターンをいくつか見ていきましょう。

テレビ台とベッドを並行にしたレイアウト

ベッドの上から、またベッドを背もたれにしてテレビを見る場合の部屋のレイアウト例です。

ベッドとテレビ台の間にローテーブルを置いたりすると、テレビを観ながら食事も取れます。

スペースを有効に活用しながら、使い勝手の良いレイアウトです。

【参考事例】テレビ台とベッドを並行にしたレイアウト

テレビ台とベッドを直角にしたレイアウト

テレビの向かい側にソファや座椅子などを配置してテレビを見る場合の部屋のレイアウト例です。

狭くても寝る場所とテレビを観る場所という、生活スペースをきっちりと分けたい方にオススメです。

【参考事例】テレビ台とベッドを直角にしたレイアウト

収納のレイアウトのポイント

6畳の部屋でクローゼットや押入れなどの備え付けの収納がたっぷりあるという部屋は珍しいと思います。

多くの方が収納部分に不足を感じているのではないでしょうか。

備え付けの収納とは別に本棚や収納棚などが必要になりますが、どのように配置するのがよいかパターンを見ていきましょう。

部屋の入り口側につけるレイアウト

背の高い収納棚は入り口側にレイアウトすると圧迫感がなく部屋が広く見えます。

モノが多くても収納の工夫次第で部屋をスッキリと見せることができます。

6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント

【参考事例】部屋の入り口側につけるレイアウト

間仕切りや目隠しとして使うレイアウト

生活スペースを分けるなどの場合に、収納棚を間仕切りや目隠しとしてレイアウトするパターンです。

ベッドのあたまの近くに配置すると、目覚まし時計やメガネなど小物を置くのにも便利です。

6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント

【参考事例】間仕切りや目隠しとして使うレイアウト

できれば置きたいアイテムのレイアウト

一人暮らしの部屋のインテリアに絶対に必要ではないけれど、あると一人暮らしが快適になる家具。

6畳の間取りでは少し手狭でも、あると便利な家具たちです。

ソファを置いてみる

部屋にソファがあると、寝転んだりしてくつろげますよね。6畳でもレイアウト次第で、ソファを置くことができます。

【参考事例】ソファを置いたレイアウト

ダイニングテーブルを置いてみる

コンパクトなダイニングテーブルなら机がわりにもなりおすすめです。

また、背が低いソファダイニングなら圧迫感もおさえられ、ソファがわりにもなるので一石二鳥ですね。

【参考事例】ダイニングテーブルを置いたレイアウト

デスクを置いてみる

パソコンがかかせない現代では、部屋にデスクがあると仕事用の机としても使えて便利です。

デスクのサイズは、幅の広いものを選択してデスクの下に収納スペースを作ってもいいですし、ドレッサーにもなるデスクなども便利です。

自分のライフスタイルにあわせたデスクを選びましょう。

DIYで収納棚を机と兼用して作るのも一人暮らしのインテリアを楽しむ工夫ですね。

【参考事例】デスクを置いたレイアウト

6畳1Kの部屋の形状4パターンごとのレイアウト例

6畳1Kの間取りでよくある形状とはどんなものでしょうか?

6畳1Kの部屋でよく見かけるのは、長方形の部屋。賃貸情報の中から、よくある間取りのパターンを4つご用意。

それぞれのレイアウト例をご紹介します。

形状1:入り口の横に収納がある縦長の間取り

こちらの間取りの形状は収納の間口が小さく、場所も入り口付近にあるため、デッドスペースが少ないのが特徴です。

窓側を中心に家具をまとめて配置できるなど、レイアウトの自由度が比較的高い形状になります。

 

6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント

【レイアウト例】入り口の横に収納がある縦長の間取り

6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント 6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント

形状2:長い方の壁側に収納がある縦長の間取り

こちらの間取りの形状は収納の間口が広く、場所も入口から離れているため、家具をまとめて配置することができず、デッドスペースが多くなりやすいのが特徴です。

広めの収納スペースを上手に使いながら家具をレイアウトしましょう。

6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント

【レイアウト例】長い方の壁側に収納がある縦長の間取り

6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント 6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント

形状3:入り口の横に収納がある横長の間取り

こちらの間取りの形状は収納の間口は広いものの場所が入口付近にあるためデッドスペースが少ないのが特徴です。

窓側を中心に家具をまとめてレイアウトできます。また、広めの収納スペースも有効に活用できます。

6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント

【レイアウト例】入り口の横に収納がある横長の間取り

6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント 6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント

形状4:短い方の壁側に収納がある横長の間取り

こちらの間取りの形状は収納が入口とは離れているものの、場所が短い壁側にあるのでデッドスペースが比較的少ないのが特徴です。

収納とは反対側の壁側を有効活用して家具をレイアウトしましょう。

6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント

【レイアウト例】短い方の壁側に収納がある横長の間取り

6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント 6畳1Kの一人暮らしの部屋、家具やインテリアのレイアウトとアイテム別のポイント

一人暮らしの部屋は自分の好きなインテリアに自由にできるのが魅力ですよね。

今回は6畳1Kの間取りの部屋のレイアウトを紹介しました。

一人暮らしのインテリアや模様替えの参考にしてみてくださいね。

Text=RoomCo naviインテリアコーディネーター