部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を

部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を

突然ですが、みなさんはどのように気分転換をしていますか?趣味やマッサージなどでしょうか。インテリアの視点からは、毎日を過ごす部屋の中で、リビングダイニングが落ち着ける場所になっているかどうかが大切です。

そこでおすすめなのがリビングダイニングの簡単な部屋の模様替えです。部屋の模様替えといっても家具やインテリア雑貨を買い足したりDIYをしたりする必要はなく、部屋の中の家具のレイアウトを変えるだけの簡単な模様替えでも気分転換をすることができます。

今回は家具の配置をちょっと変えるだけで、新しい気持ちになること間違いなしの部屋の模様替えの方法を3つご紹介します。みなさんの部屋の模様替えのシミュレーションにぜひ役立ててください。

家具の向きをかえる

部屋全体のレイアウトは大きくかえずに、ひとつの家具の向きをかえてみましょう。いつもと違う視線になるだけで、気分転換になります。

ダイニングテーブルの向きをかえる

部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を 部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を

ダイニングテーブルは、家事効率を考えるとキッチンの近くにレイアウトしておくことがよいので、なかなか大胆に移動ができません。

ですので、場所を移動せずにダイニングテーブルの向きだけを変えてみましょう。これだけで食事中の景色がいつもと変わります。

部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を 部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を

ソファの向きをかえる

部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を 部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を

ソファも大きな家具なので、なかなか場所を変えられる家具ではありません。窓やドアなど出入りする場所の前に置くこともできず、難しいですよね。

ですが、あまり出入りしない場所であれば思いきって変えてみても。下のようなソファの配置はダイニングやキッチンにいる人とのコミュニケーションが取りやすくなりますよ。

部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を 部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を

部屋にスペースがあるようであれば、大胆に、ななめ配置をしてみるのも面白いかもしれませんね。

部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を

家具の配置をいれかえる

家具を配置している場所を入れかえる方法です。新たな発見があるかもしれません。

テレビ台とソファをいれかえる

テレビどソファの関係は対面、または直角に置くのが一般的です。このテレビとソファを入れかえるだけ。これだけで部屋の中で見える景色が変わりますよ。

※テレビ台は配線の移動が大変なので、必ず事前に確認してから動かしましょう。

部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を 部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を

観葉植物の位置をいれかえる

大きめの観葉植物は、部屋の中で自然と目が向く場所です。ソファから、ダイニングテーブルから。観葉植物の位置を変えるだけで、いつもと違う雰囲気になります。

部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を 部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を

部屋をふたつに分ける

空間がつながっているリビングダイニングを、リビングとダイニングにわけてみましょう。食事をとる空間とくつろぐ空間を分けると、気持ちにもメリハリがつきますね。

ソファの向きでリビングとダイニングを分ける

部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を

ダイニングに背を向けて、ソファをレイアウトする。これだけで、食事をとる空間とくつろぐ空間をわけることができます。部屋が狭く見える可能性もあるので事前にシミュレーションをしっかり行いましょう。

部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を

収納家具でリビングとダイニングを仕切ってみる

部屋を完全に仕切る必要はありません。圧迫感が出ないように低めの収納家具をリビングとダイニングの間に配置します。収納家具は背面が見えるので、背面部分もキレイなデザインの家具を選びましょう。

部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を

家具を動かす前にレイアウトシミュレーションを!

家具は大きいものなので動かした後に入らなかったとか、通路が狭くなってしまったということがあっては逆に居心地の悪い部屋になってしまいます。まずは部屋のレイアウトのシミュレーションをしましょう。

家具配置の基本・動線を確保しましょう

家具を配置するうえで、動線を考えることは基本です。動線とは人の通り道のことです。

例えば、椅子に座るのに、狭くて椅子がひき出せないなど、動線を考えていないと、生活をするうえでストレスが生じてしまいます。

人が一人通るスペースは約60㎝、椅子を座るさいに引き出すスペースは75㎝~80㎝と言われています。確認してレイアウトするようにしましょう。

部屋の模様替え、家具のレイアウトを変えるだけで簡単に気分転換を

ちょっとした部屋の模様替え、やりたくなりましたか?模様替えで居心地のよい場所を探してみるのもよいですね。ファッションを楽しむように部屋づくりも楽しんでみてください。

Text=RoomCo naviインテリアコーディネーター

保存保存

保存保存