2016
10.20
縦長のリビングダイニングのレイアウト ポイント&パターン10選

縦長のリビングダイニングのレイアウト ポイント&パターン10選

縦長リビングダイニングは家具、インテリアのレイアウトが万能な間取り

縦長リビングダイニングはマンションでよく見かける間取りですよね。広さはLDKで12畳くらいが一般的でしょうか。この縦長リビングダイニングは家族のコミュニケーションが取りやすく、家具、インテリアのレイアウトもしやすい万能な間取りなんです。今回はこの縦長リビングダイニングのレイアウトについて、ダイニングキッチン、リビングでそれぞれに家具の配置パターンをポイントと合わせてご紹介します。

家具配置の基本の参考記事

縦長リビングダイニングの間取りパターン

長方形LDK

代表的な縦長のリビングダイニングといえば3つ。それぞれキッチンがカウンタータイプになっているのが特徴です。また、縦長と思っていてもリビングダイニングの部分が正方形の場合もあります。家具、インテリアのレイアウトが難しいと思った場合は正方形リビングダイニングの家具配置のコツも参考にしてみてください。

①マンションでよく見る「田の字プラン」縦長LDK

縦長LDK、リビングダイニング12畳

出典:ブランズシティ久が原

②「田の字プラン」縦長LDKの反転パターン

縦長LDK反転パターン、リビングダイニング12畳

出典:ブランズシティ世田谷中町

③ワイドスパン型。LDK両サイドに入り口があります。

ワイドスパン型LDK、リビングダイニング11畳

出典:ブランズ横浜

ダイニングキッチンのレイアウトパターンは3つ

長方形LDK

縦長のリビングダイニングは家具のレイアウトパターンも決まってきます。ダイニングの家具配置の基本も参考に、ダイニングキッチンでのダイニングテーブルのレイアウトパターンをみていきましょう。

キッチンカウンターにダイニングテーブルをつけたレイアウトパターン

キッチンカウンターにダイニングテーブルをつけるレイアウトパターンは部屋のスペースが広くとれるだけでなくダイニングキッチンとリビング側とのコミュニケーションが取りやすいレイアウトパターンです。

縦長リビングダイニング、レイアウト1

キッチンカウンターとダイニングテーブルを並行に配置したレイアウトパターン

壁側に収納家具などを配置したいときはこのレイアウトでスペースを確保します。縦長リビングダイニングといっても、縦の長さが十分にないとソファとの間のスペースがなくなってしまうので注意が必要です。

縦長リビングダイニング、レイアウト2

ダイニングテーブルを壁側につけて配置したレイアウトパターン

リビングダイニングの壁側にドアや窓があると配置できませんが、部屋が広くみえるレイアウトです。テーブル幅が大きいサイズも配置できます。注意点は上のレイアウトパターンと同様に、リビングダイニングの縦の長さによってはソファとの間のスペースを注意しなければいけません。

縦長リビングダイニング、レイアウト3

リビングのソファのレイアウトパターンも決まっています

長方形LDK

リビングはソファからテレビを見てくつろぐ方が多いと思います。ソファは、配置の基本や、ローテーブルとのバランスも大切ですが、ソファとテレビとの関係性が強い配置になります。

ソファを壁側に配置したレイアウトパターン

メリットの多いレイアウトパターンです。部屋が広く見え、スムーズな動線が確保できます。テレビ台もソファの正面にレイアウトすることができるので、テレビが見やすい配置です。ダイニングキッチンとリビングのつながりもよいので家族のコミュニケーションが取りやすいレイアウトです。

縦長リビングダイニング、レイアウト4

ソファをダイニングテーブルに背を向けて配置したレイアウトパターン

リビングのくつろぎを重視した配置。ダイニング、キッチンが見えないようテーブルに背を向けたレイアウトです。ある程度、リビングダイニングの縦の長さがないと狭く見えてしまうので注意です。よく出入りする窓がたて側にある場合はこのレイアウトもよいですね。

縦長リビングダイニング、レイアウト5

ソファを窓側に配置したレイアウトパターン

リビングダイニング両側に出入りするドアや窓がある場合の配置です。ソファを窓によせているのでリビングダイニングの空間は広く見えます。リビングダイニングの入り口から見た時に圧迫感を出さないためには低めのソファを選ぶことがポイントです。

縦長リビングダイニング、レイアウト6

ソファを通路側に配置したレイアウトパターン

リビングの壁一面に壁面収納を考えている場合のレイアウトです。また、リビングの窓側にあたる短辺のサイズが広い場合はソファの後ろに通路を作れるので適しているレイアウトです。

ただしリビングダイニングの短編のスペースが狭い場合は、動線がスムーズではなくなるのでデメリットが少々増えます。窓の出入りが少ないのであれば問題ないレイアウトです。

縦長リビングダイニング、レイアウト7

番外:壁付けキッチンの場合

壁付けキッチンの場合でもダイニングテーブルのレイアウトパターンは限られてしまいますが、基本のレイアウトパターンは変わりません。部屋のスペースに余裕がある場合はシェルフなどでキッチン、ダイニングとリビングを仕切るとくつろぎ感がアップします。

縦長リビングダイニング、レイアウト8

家具で変化をつけて配置を楽しもう!

家具配置

縦長のリビングダイニングは家具の配置がしやすいのも特徴です。ありきたりなレイアウトのリビングダイニングじゃイヤ!という方は家具に変化をつけると印象的なインテリアの部屋にすることができますよ。

丸い形のダイニングテーブルを取り入れる

丸型なのでダイニングスペースは広めにとる必要がありますが、角がなく部屋がおしゃれな雰囲気になりますね。

縦長リビングダイニング、レイアウト9

リビングに一人掛けソファを配置する

ソファに座る人が限られているようであればリビングに一人掛けソファをランダムに配置しても面白いですね、一人掛けソファはゆったり読書をしたりテレビを見たりと、リビングでくつろぎたい方におすすめです。

縦長リビングダイニング、レイアウト10

縦長のリビングダイニングはまだまだ家具、インテリアのレイアウトパターンを増やせる王道の間取りです。これだけレイアウトパターンがあれば気分転換に模様替えをしてみるのもおすすめですよ。

気になる家具と合わせて家具、インテリアのレイアウトも楽しんでみてくださいね。

Text=RoomCo naviインテリアコーディネーター

おすすめの関連記事を見てみる

■よこ長LDKの家具配置、ポイント&パターン10選

■正方形のリビングダイニングに家具を配置する5つのコツ

■狭いLDKでも広く見せたい!家具配置の3つのコツ

■リビング横和室をおしゃれに見せる インテリアの基本ルール

縦長リビングダイニングの部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】縦長リビングダイニング 北欧&ナチュラルスタイル 広さ別コーディネート例

■【部屋のコーディネート】長方形LDKをRe:CENOの家具でコーディネートしてみました

■【部屋のコーディネート】縦長リビングダイニング 丸テーブルのある、おしゃれな部屋

部屋のコーディネート集
「VR rooms」はこちら

部屋のコーディネートをいろいろ見る

■あなたの部屋の参考に!部屋のコーディネート集「VR rooms」

VRrooms

RoomCo

RoomCo naviは、家具とインテリアを楽しむための情報サイトです。
お部屋づくりに役立つ様々な情報を発信しています。

©LivingStyle, Inc. All Rights Reserved.