2016
12.02
家具配置 LDK

「窓が多い」リビングダイニング 家具配置を解決する3つのポイント

家具配置が難しいリビングダイニングに、「窓が多い」リビングダイニングがあります。一戸建てやタワーマンションのリビングダイニングによく見られるのですが、窓の前にしか家具を置けないなど、家具配置に悩んでしまいますよね。でも、窓が多いリビングダイニングは開放感が抜群です。そこで、なるべく開放感をそのままに、家具配置をするのがポイントになります。

では、具体的に、どのようなポイントが大切なのでしょうか?窓が多いリビングダイニングの家具配置で困る、「3つのこと」を解決するポイントをご紹介いたします。

窓が多いリビングダイニングで困ることは?

窓が多いリビングダイニングの家具配置で困ることは、次の3つです。

  • テレビの配置
  • ソファの配置
  • 収納家具の配置

では、具体的なポイントをみていきましょう。

家具配置3つのポイント

1.テレビの配置のポイント

窓が多いリビングダイニングで困るのはテレビの配置です。家具配置を決める際は、テレビの配置を最初に考えるようにしましょう。

テレビジャック(コンセント)の位置に逆らわない

テレビの配置はテレビジャックの位置でおおよそ決まりますよね。テレビは、テレビジャック(コンセント)の近くに配置しましょう。置きたい場所にケーブルを伸ばした場合、掃き出し窓の下を這わせることになれば、見た目が悪く、出入りの際につまずく原因になるので危険です。

窓の前は、なるべく避ける

窓の前にテレビを配置すると、意外と幅・高さともに面積があるため、窓を遮ってしまうことになります。窓・テレビ、両方のサイズに注意して、配置しましょう。

また、逆光も注意しなければなりません。逆光は、カメラを撮るときに、誰でも経験したことがあると思います。光によって対象の物が黒く、見えづらくなりますよね。テレビの配置も、窓の前に置いた場合、逆光になってしまいます。なるべく窓の前に配置するのは避けましょう。

窓の前にしか置けない場合は、光の入りにくいカーテンで、テレビを見る時だけでも閉めるようにしましょう。

2.ソファの配置のポイント

壁側にテレビを配置すると、おのずとソファが、窓側になることが多いはずです。窓の前にソファを置くのは、抵抗感がありますが、動線と視線を意識をしていれば問題ありません。

動線・視線を考えて配置する

窓が多いリビングダイニング

関連記事:【部屋のコーディネート】開放感のあるLDK でも窓が多くて困ることありませんか?

よく出入りする窓の前は、避けましょう。また、よく視線が向きやすい窓の前も圧迫感を感じやすいのでなるべく避けましょう。

圧迫感のないソファを選ぶ

クラスティーナインターファニチャー

引用:クラスティーナインターファニチャー

窓の前に大きなソファを置くわけですから、ロータイプのソファや、淡い色のソファを選んで圧迫感が出ないようにしましょう。

カバーの日焼けに注意

d3cd3db6bc3638c48812e375251f8e70_s

窓の前にソファを置く場合はカバーの日焼けが考えられます。カバーが取り換えできるタイプのソファにする、または、UVカット機能があるレースカーテンを選びましょう。

3.収納家具の配置のポイント

リビングダイニングは家族の物が集まり、どうしてもごちゃごちゃとしやすいですよね。スッキリさせるには収納家具が大切です。

テレビ台に収納を集約させる

カリモク家具

引用:カリモク家具

収納家具を置く場所が少ないので、置ける場所に収納をまとめましょう。まとめることで部屋もスッキリしますね。

家具の配置パターン5選

こちらの窓が多い長方形のリビングダイニングを3つのポイントをもとにコーディネート

窓の前にソファもテレビも配置しないパターン。開放感が保たれます。

テレビを掃き出し窓の前に配置したパターン。ソファからの開放感が保たれます。

テレビを腰窓の前に配置したパターン。腰窓の前なら圧迫感がおさえられます。

ソファを掃き出し窓の前に配置したパターン。収納量が多い方は壁側に収納を。

ソファを腰窓の前に配置したパターン。一番部屋が広く見えます。

また、正方形のリビングダイニングも窓の面積を占める割合が多く難しいですよね。正方形のリビングダイニングに家具を配置するコツ長方形のリビングダイニングの家具配置パターンも参考にしてみてください。

窓の前に家具を配置する場合は、結露に注意!

最後に、窓が多いリビングダイニングは、どうしても、何かしらの家具を窓の前に配置することになります。その場合、注意することは結露です。結露が発生するとカビも発生しやすく、お気に入りの家具も台無しですね。窓の前に家具を置く場合は必ず、窓から隙間をあけて配置するようにしましょう。結露対策も忘れずに。

コーディネート使用ブランド:カリモク家具

Text=RoomCo naviインテリアコーディネーター

おすすめの関連記事を見てみる

■狭いLDKでも広く見せたい!誰でも取り入れやすいコツ5選

■カーテンから考える、狭い部屋を広く見せる方法

■部屋がスッキリ見える家具配置 5つのコツ

窓が多い部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】テレビの配置に困る!窓やドアが多いLDKのコーディネート

■【部屋のコーディネート】開放感はあるがレイアウトに困る、窓の多いリビングダイニング

■【部屋のコーディネート】家具をどこに置く?窓が多いLDKのコーディネート

VRrooms