綺麗になるための部屋のレイアウト

部屋 レイアウト 綺麗

まずあなたにとって“綺麗”の定義は何でしょうか?顔?スタイル?それとも見た目?女性ならもちろん綺麗になりたい、見られたいと思う人は多いですよね。最近の男性もそうかもしれません。今日お話しするのは男女共通の綺麗になるための部屋のレイアウトのお話しです。

私は雑誌や媒体でモデルのような仕事もしているのですがそこでお会いする美容家、美意識の高い方とお仕事をご一緒しているといつも頭に浮かぶことがあります。それは装いも美しいのですがお住まい、暮らしぶりもとても美を取り入れて暮らしていることです。そんな視線で綺麗の方法をご紹介いたしましょう。

あなたの綺麗という価値・基準は?

部屋 レイアウト 綺麗

これまで25年以上、たくさんの住まいを拝見し、素敵だなと思う独身の人、家族のある人の住まいの共通は素敵な部屋のレイアウト、インテリアがあるということです。そこから感じることはその住人が何を美しく思っているかという住まう人の価値観なのです。それがどんな狭い部屋に暮らそうと大きな屋敷であろうと価値観をもって暮らしている部屋(家)はとても綺麗に輝いているのです。綺麗な人は汚れた美しくない部屋には住んでいないということを知っていただき、今あなたはどのような部屋のレイアウト、インテリアで暮らしているのか認識をすることから始めましょう。そして認識後はあなたの綺麗と思うことを一つずつ挙げてみましょう。

綺麗に住む人のレイアウトナンバーワン

部屋 レイアウト 綺麗

これは綺麗な人のお住まいに言える共通点なのですが、眠る場所、つまりベッドルームをとてもきちんと大切にされています。

最も気を使っているのはベッドの向きが心地よいかということを大切にしています。例えば入り口の扉の方に頭がある、窓側に頭があるということが多くありません。これは吉方、気の流れから考えるとよいレイアウトではないと考える方が多いようだからです。仕方なく窓側に置くことになってしまうこともありますが、窓側に頭があるのは以外と熟睡できないことも多いのです。もし心あたりがあるようでしたらベッドはそのままにしてご自身の体を上下逆にして眠るとその違いがわかるかもしれません。

また、水周りでトイレ、キッチンと並んでいる時には頭はその並びから外すように反対にするとご自身の気が流されないという意味もあるようで、足側を置くようにしたりしています。

鏡のある場所

部屋 レイアウト 綺麗

普通に暮らしていると鏡の位置はさほど気になる存在ではないのかもしれません。女性の部屋(家)でも洗面所以外は鏡がないという人もいますが、鏡はできれば全身が映る大きさの物が1枚でも部屋のどこかにレイアウトされてあり、裸で立てる場所なら尚よいとされています。それは今の自分の体をきちんとみるということを大切にする、自分と向き合う時間があるかどうかと意識に関係しています。自分のことをよく知る、よく知った上でよりよくなることを考えて、そうなるように部屋のレイアウトに落とし込むのです。

よくある例は、明るい陽射しの入るところに食事をする場を作り、間接照明でよいところにベッドルームを作り、そこに全身映る鏡を設置する。バスルーム近くに洗濯、洗面所があり掃除がしやすい環境があるというものです。

たまに玄関すぐそばにトイレがあり、バス、洗面所は奥にあるという住居もありますが、玄関のそばにはトイレがない方が本当はよいとされています。

玄関はその住居の大切な場所なので水に流すトイレは運気も流すといわれているからです。確かに臭い?の問題もありますね。

部屋 レイアウト 綺麗

いかがでしたか?

ほんの少しどう暮らしたいか、生きていきたいか、綺麗になりたいか考えるだけでそれにふさわしいレイアウトがあることをご理解いただけたでしょうか?綺麗は化粧だけではなく、生き方、それを裏づける暮らしの環境が部屋のレイアウトで作られるということです。

ますます綺麗な人がたくさん増えるとよいですね。

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com

おすすめの関連記事を見てみる

■美を気にする?部屋のレイアウトって?

■部屋のレイアウトで幸運を引き寄せる?

■意外に男性が気にする女性の部屋のレイアウト

女子におすすめの部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】憧れの白い部屋。6畳1K・女性の一人暮らしのインテリア

■【部屋のコーディネート】女子に人気な清潔感のある白い部屋 1K6畳一人暮らし

■【部屋のコーディネート】女性の憧れ 1人暮らしの大人可愛いインテリア