調理家電をキッチンできちんと収納する5つのコツ

調理家電をキッチンできちんと収納する5つのコツ

最近は便利な調理家電が増えましたね。調理家電の種類も増えましたが機能がさらにアップして今より美味しく焼けるトースターや、ホームベーカリー、炊飯器に・・・と聞くと試してみたくなり、ついつい購入される方も多いのでは?

それでなくてもキッチンには調理機器や家電がたくさん置かれているのに、これ以上どこに置いたらいいの!と頭を悩ませている方もいらっしゃると耳にします。

今日はその増えがちで収納に困る調理家電を、キッチンできちんと収納できる5つのコツをご紹介いたしましょう。

コツ①:キッチンの使用頻度によって置く場所を決める

オーブンレンジやトースター、炊飯器など、使用頻度は高いけれど扉の中へ収納する訳にもいかないもの、いくつかありますよね。炊飯器を使用するときに、スライドさせて引き出すタイプは今でも定番の収納の一つです。

使用頻度が高くてもなるべく調理家電をまとめて隠したい、そんな方へおすすめのキッチン収納家具がこちら!

【ディノス】レンジや家電が隠せる シンプル家電収納ストッカーレンジ台 高さ180cm

フラップ扉をサッと閉めて目隠しできるので、キッチンのゴチャゴチャ感が一気に解決する収納家具です。

扉の内部はスライドテーブル仕様で、手前に引き出して使えて便利。システムキッチンや壁面に美しく馴染むデザインはまるで造作家具のよう。食器棚やレンジボードとしておすすめです。

引用元:ディノス

【ディノス】シンプルキッチンストッカー食器棚 高さ150cm

また一人暮らし用にはこのサイズはいかがでしょう。

コンパクトにまとめられたこの収納は、ストッカーに食器棚に大活躍のキッチンカウンター扉と引き出しで、食器や食材のストックに便利なキッチンストッカー。

光沢のあるシンプルモダンなデザインで引き出し付の食器棚としても活躍します。これ1台で十分かも?

引用元:ディノス

コツ②:収納家具とキッチン扉の色を合わせる

難しそうに聞こえますが、キッチンなどの備え付けの扉と、これから購入しようとしている収納家具の扉を同じ色やテイストにすると、とてもすっきり見えます。細かいものが多いキッチン周りの色を、できるだけカラー数を減らすことで洗練されたすっきり感を作ることができるのです。

例えば無垢材で備え付けの扉が付いているキッチンなら同じようなテイストの無垢を合わせる方が、普通の白を合わせるよりはグンとオシャレ感が増します。

例えば以下のような感じです。

【unico】BREATH(ブレス) キッチンボード オープン W1250

男性やエコ好みの女性にも人気の高い、木の呼吸を感じるような、無垢材をそのままを生かしたキッチン収納です。

無垢材は時を重ねるごとに色づき、使い込むほど味わい深くなります。キッチンの扉も同じような無垢材ならより年月を重ねながらキッチン空間を楽しむことができます。上部のガラス棚には食器やグラスの収納を。スライド棚にはレンジやトースターなどの家電を便利に収納できます。

シリーズが種類豊富で、ダイニングテーブルなどもシリーズで揃えると、雑多になりがちがなダイニングルームにきちんと感が簡単に作れます。

引用元:unico

コツ③:フレキシブルにできるパーツ家具を利用する

物を組み立てるのが好きだったり、工夫してクリエイティブな空間を作りたい人には、パーツを自分で組み合わせていく収納をおすすめします。素材はモダンでシンプルな暮らしに合わせやすいアルミ素材、無垢材、白色のプラスチックなどが使いやすいです。

調理家電を入れるためだけの家具でなく、本棚や収納棚など、いろんな部屋で必要に応じた使い方ができれば…と思うことはありませんか?引越しが多い人で、引越し先では買った収納家具が入らないということもありますね。

そんな時には、収納家具を買うより組みわせて作るパーツ収納が役に立ちます。オープン棚には箱を用途ごとに用意して、利用する時には箱ごと出すと作業も便利になり、片付けも楽で見た目もすっきりします。

例えば下記のようにシンプルなシェルフもよいですね。

【無印良品】ユニットシェルフ

組み合わせ自由自在なユニットシェルフ。

使い勝手に応じて一つひとつのパーツが選べるので、シーン問わずお部屋に合わせて設置できますよ。

引用元:無印良品

また無印良品のサイトでは、「ユニットシェルフの組み合わせシミュレーター」もあるので、気になった方は試してみてはいかがでしょうか。

ユニットシェルフの組み合わせシミュレーター:https://www.muji.net/store/pc/user/homewares/sus/sim-sus.html

コツ④:よく使う小物家電は移動可能なキャスター棚を活用

コーヒーメーカーやコーヒーミル、トースター、ホットサンドプレスやジューサーなど、朝食時に使う調理家電は意外と多いですよね。キッチンからダイニングまでいちいち立つのも面倒な時、一台のワゴンにコーヒーメーカーやトースターなど乗っていると便利ではないでしょうか。

食事の時にワゴンを出して、使用後はワゴンごとスペースに下げるだけで片付ける手間も省け、また見た目もスマートな感じがします。ワゴンもキッチンのテイストに合わせることがポイントです。

小ぶりながらも収納ができそうなワゴンはこちら↓

【ディノス】ステンレス作業台ワゴン 引き出し 73.5cm

調理などの補助スペースとして使えるステンレス製ワゴン。

キャスター付きで移動もラクなので、このままダイニングテーブルの横に移動して使用するのもおしゃれな感じがしますね。引き出しにはラップやカトラリーを収納できます。この時の見える調理小物や家電はセンスよく見せるために色は合わせるとよいですね。

引用元:ディノス

【ディノス】Kroov(クルーブ) キッチンワゴン ミドルタイプ

少し大型の調理家電を乗せるならこちらのキッチンラックはいかがでしょう。モダンなキッチン・ダイニングの空間にもぴったりマッチします。

耐荷重約25kgの棚板で、電子レンジやキッチン家電をしっかり支えます。頑丈なキャスター付きで掃除も簡単です。スリムなサイズでちょうどよい高さも使い勝手がよいですね。

引用元:ディノス

コツ⑤:見えるところに見せたい家電、見えないところに見せたくない家電

メーカーも違えば素材も違う、キッチンの調理家電は小から大まで様々ありますが、その中でも「あら素敵!」と友人などに言われる調理家電はありませんか?

見せてもいいという調理家電は、見えてしまう場所をうまく利用してディスプレイ感覚でまとめるとセンスよく収納されているイメージになります。

見せたくない調理家電はその反対方法、見えないスペースにしまうなどして隠しながらの収納方法をするとよいですね。

【ディノス】ステンレス製 奥行スリム 伸縮ラック トレー付き

シンプルながらカフェコーナーぽい仕上げになりそうな収納方法では下記のような感じもよいですね。

こちらは幅伸縮式のキッチンラックで、デッドスペースになりがちな小型レンジやトースターの上にも収納ができ、キッチンカウンターやコンロ・シンク周りすっきりと整頓できます。
付属のキッチントレーは持ち運びが可能で、調味料などのキッチングッズなどの収納にもおすすめです。

引用元:ディノス

以上のご紹介しました5つのコツを参考に素敵な収納をされてみてくださいね。

その前に、不要な物がないかもチェックしておくと片付けがスムーズになり、どのような収納が必要か分かりやすくなりますので、是非片付けから初めてみてください。

Text=大島香(topophili)http://www.topophili.com