子供部屋を考えている方へ!子供の夢を叶えるディノスのおすすめベッド

子供部屋は、子供の成長とともに必要になります。

住宅事情や兄弟構成によっても異なりますが、一般的には、小学校入学のタイミングや、小学校中学年にあがるタイミングなど、春が多いようです。

一緒に寝ていた子供が自分の部屋を持ち、1人で寝るようになるのは、成長の証ですよね。

一方で、自我が芽生えた子供たちにとって、生まれて初めての自分だけの部屋は、特別なものになるはずです。

そこで今回は、子供部屋におすすめのベッドをご紹介します。

子供用ベッドを選ぶポイント

1.人数
まずはお子さんの人数を考えます。2人以上の場合は、1部屋を2人で使うのか、2人で1部屋ずつ使うのかでベッドの選び方が変わってきます。

1部屋で2人使う場合は2段ベッドがおすすめです。

2.サイズ
子供部屋の広さに合うベッドの大きさをあらかじめ決めておきます。

子供向けのショートサイズは、コンパクトで小さいうちは良いですが、成長すると買い替える必要があるので、あらかじめシングルサイズを購入しておいても良いでしょう。

3.フレーム
子供のうちは寝返りなどでの落下が心配です。高すぎないデザインのものを選ぶか、サイドガードがついたものを選ぶのがおすすめです。サイドガードは布団のズレ防止にもなります。

人気はロフトタイプ、長く使うことを考えるなら、通常タイプがおすすめ

住宅事情にもよりますが、子供部屋の広さは、平均4.56畳、広くても8畳ほどが一般的。

お子さん1人で使うとしても、机とベッド、収納家具を別々にレイアウトすると、それだけでスペースがいっぱいになってしまいます。

なるべく広さを確保したいという方におすすめなのが、ミドル〜ハイタイプのロフトベッドです。

ベッド下にデスクを組み合わせると、まるで自分だけのコックピットができたような特別感があり、憧れを抱く子供たちも多いはず。

とはいえ、高さがある分、階段を上り下りしたり、寝返りをうったりしたときに落下する危険を伴うのがデメリットではあります。

心配な方は通常のベッドタイプを選ぶことをおすすめします。

最近ではロフトベッドでも安心設計のものが多く出ているので、じっくり選んで決めましょう。

天然木を使ったあたたかみのあるデザイン

ナチュラルテイストのお部屋におすすめなのが、天然木を使ったロフトベッド。

全体の高さが170cmと高すぎないので、布団の上げ下ろしも楽にできます。

はしごも幅広で安定感があり、登り口はベッドの左右どちら側にも取り付け可能。

ベッド下の高さは130cm確保でき、プレイスペースにしたり、デスクを置いたり、収納スペースにしたり、子供の成長にあわせてお好きに活用いただけます。

子供部屋を考えている方へ

 

丈夫で安定感のあるスチール×天然木の組み合わせ

高さのあるロフトベッドは子供の上り下りや落下が心配、という方には、スチールと天然木を組み合わせた丈夫で安定感のあるデザインのものがおすすめ。

ベッド部分にはサイドガードの柵を高めに設定し、寝返りを激しくうっても落下しにくいようになっています。

黒スチールの柵は抜け感があって圧迫感がないだけでなく、男女問わず長くお使いいただけます。

子供部屋を考えている方へ

収納スペースを確保したいなら、ミドルタイプがおすすめ

ミドルタイプなら、ベッド下72cmで、デスクを入れることはできませんが、収納スペースとして活用することができます。

衣類やバッグ、習い事用品など、かさばる荷物もたっぷり収納することができます。

高さがないので圧迫感も少なく、低学年のお子様にもおすすめ。

はしごに持ち手があり、登りやすくなっているだけでなく、丸みのある仕上げで安心してお使いいただけます。

子供部屋を考えている方へ

同じシリーズのデスクやシェルフ、チェストも販売されているのですが、すべてベッド下に収納できるようになっているので、セットで購入すると、お部屋にも統一感がうまれます。

使わないときはベッド下にしまうことができ、お部屋のスペースをそのまま確保できるのがうれしいポイントです。

 

子供の成長に合わせてカスタマイズできるシステムベッド

高すぎるベッドは少し心配……という方におすすめなのが、全体の高さが125cmのミドルタイプのロフトベッドです。

このぐらいの高さなら、上り下りも安心なだけでなく、パパ&ママが寝ている様子をチェックしやすいのもうれしいポイント。

また、ベッド下に収納やデスクシェルフを格納することができ、子供が大好きな秘密基地のような雰囲気です。

わくわくするような空間ができたら、子供の自立心も育ちそうですね。

さらに魅力的なのが、ベッドとシェルフを別々にも使えるところ。

中学〜高校生になったら、階段をなくしてベッドを単体で使うのも良いでしょう。

天然木の味わいが楽しめるシンプルなデザインで、長くお使いいただけます。

ロフトベッドが心配な方は、普通のタイプもおすすめ

ロフトタイプのベッドは、高さがあるので圧迫感があり、部屋を狭く感じさせる要因にもなります。

なるべく部屋を広く見せたいなら、高さのない普通のベッドを選ぶことをおすすめします。

子供用にショートサイズから選ぶことができ、サイドガードが付いているので、寝返りをうっても安心です。

すのこタイプは通気性もよく汗かきの子供でも安心です。

いかがでしたか?子供たちが快適に過ごせる環境を作るために、ベッド選びは重要なポイントになります。

お子様の意見も取り入れつつ、理想のお部屋を作りましょう。