2017
03.19
リビング インテリア

リビングを”飾るように楽しむ”壁インテリア

大胆な模様替えなしでも、狭い間取りでもお部屋をおしゃれにアップデートしてくれる“壁”インテリア熱が急上昇中です! そこで今回は、こうするとおしゃれに見えるという“壁”インテリアのセンスアップポイントについてご紹介していきます。

初心者さんはまず、壁掛け時計をチェンジ!

リビング インテリア

引用元:ACME furniture

たくさんの実例を見ても、“結局、何から取り入れたらいいのかわからない”と悩んでしまう方も多いのでは? 実際に広くて真っ白な壁を自分でディスプレイするのは至難の業ですよね。そこで、まずおすすめなのが存在感のある壁掛時計を取り入れること。生活感たっぷりだった時計からデザイン性の高いものに変えるだけで、ぐっとこなれた雰囲気に。面積は小さいものの、壁の時計を1つチェンジすることでお部屋が素敵にアップデートするはずです。

お馴染みの額縁アートは大きさや形でリズムをつけて

おしゃれな家には必ずといっていいほど飾ってある額縁。部屋の雰囲気にあわせてアートやメッセージなどを飾るのはもちろんですが、注目すべきは額縁の大きさや形。例えば、海外ホテルのようにベッドの上に横長の額縁を渡すように飾ったり、リビングのソファーサイドにあえて同じサイズの額縁を2つ並べてみたり。部屋のムードによって、壁に異なる額縁をディスプレイすることで、暮らしに新しいリズムをもたらしてくれます。

リビング インテリア

引用元:ACME furniture

リビング インテリア

引用元:ACME furniture

お気に入りのファブリックを飾る

リビング インテリア

引用元:journal standard furniture

人と差をつけたい。そんな方には大きめのファブリックやフラッグをさげて、雰囲気たっぷりに仕上げるのもおすすめ。流木やシェルなど海や波に関係したものを飾れば、アメリカ西海岸風のテイストに近づき、マリメッコやヨセフ・フランクなど北欧発ブランドのプリントを使ったファブリックを飾るだけで、北欧風のインテリアが簡単に完成します。しかも、気分が変わったら手軽に取り替えOK。シーズンごとに壁インテリアを楽しむことができるのも嬉しいですよね。

物が多い人には見せる収納シェルフ

リビング インテリア

引用元:IDEE

さまざまな大きさの箱、戸棚、引き出しを多重に組み合わせたシェルフに好きなものを好きなだけ飾って、”見せる壁収納”を楽しむのもひとつ。おしゃれで実用的なシェルフなら壁掛時計や額縁とは違い、シーズンによって中身を変えられるのもポイント。洋書を敷き詰めたり、観葉植物をランダムに飾るのも素敵。シーズンによって中身をがらっと取り変えて、新鮮なインテリアを楽しむことも可能です。枠にとらわれず、自由な発想でインテリアを楽しんでみませんか?

いかがでしたか? 一から真っ白な壁を素敵に彩るのは難しい。まずは手軽なアイテムから取り入れ、最終的に目指すインテリアに仕上げていくという手法を取れば、誰でも簡単にこなれた壁インテリアがマスターできるはずです。ぜひ挑戦してみてくださいね。

おすすめの関連記事を見てみる

■プチ模様替えで気分一新!部屋の印象をガラリと変えてくれるインテリアのアイデア

■ちょっとした工夫でリビングダイニングの照明を変える方法

■部屋での過ごし方別、家具配置のコツ

壁インテリアのある部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】リビングダイニング15畳をカフェスタイルインテリアに

■【部屋のコーディネート】楽しく暮らしやすく。正方形のLDKインテリアのアイデア

■【部屋のコーディネート】縦長リビングダイニング 丸テーブルのある、おしゃれな部屋

部屋のコーディネートをいろいろ見る

■あなたの部屋の参考に!部屋のコーディネート集「VR rooms」

VRrooms

RoomCo

RoomCo naviは、家具とインテリアを楽しむための情報サイトです。
お部屋づくりに役立つ様々な情報を発信しています。

©LivingStyle, Inc. All Rights Reserved.