リビングの収納、スッキリときれいにする方法

部屋のインテリア、おしゃれな家具で揃えていても、必ずあるのが収納の問題問題ですよね。特にリビングは、家族みんなが過ごす場所なので、たくさんの“物”が集まってきてしまいます。リビングが散らかる原因は、このよく使う場所に収納スペースがないことと、家族全員がどこに何を収納するのか場所を把握していないから。気がづいたら、テーブルの上がごちゃごちゃになってカオス状態ということはありませんか?

ですが、よくよく考えると、寝室や子供部屋などは必ず造り付けの収納スペースがついていますが、リビングは収納スペースがないことがほとんど。リビングに関してはどこに何を収納するか、自分たちで収納スペースを考えなければいけません。ソファなどの家具選びと同じように、収納スペース作りも暮らしやすいリビングをつくるために大切です。

そこで今回は、家族みんなが集うリビングをスッキリときれいに保つ、収納方法のアイデアをご紹介いたします。

家族で共有して使う物は”誰でも使いやすい場所に”

部屋 レイアウト リビング

「ねぇ、耳かきってどこにあるの?」「このあいだ買ったアレ、どこにしまったっけ?」そんなことを奥さんに聞いたりしていませんか?みなさん覚えがあるのではないでしょうか?いくら片付けをしなさいといっても、そもそも物を収納している場所がわからなければ、片付けができないのも当然ですよね。これでは奥さんもイライラしてしまいます。家族みんなが共有して使うものは、収納の定位置を決めて、誰でも使いやすく収納できるようにしましよう。自分だけが使いやすくても、みんなが使いにくければ意味がありません。

また、誰でも使う物を収納スペースを一か所にまとめ、物の種類や使用頻度に合わせて分類して収納しておくことをおすすめします。そこに行けばみんなが使うもの全てが収納してあるという意識をつけましょう。

家族ごとの収納スペースをつくる

部屋 レイアウト リビング

引用元:Re:CENO

家族みんなが集まるリビングは、家族それぞれの物が集まって来るので、物が多くて片付けにウンザリしてしまいます。

共働きの家庭が多い現代では、ひと昔前のように夫の帰宅後に鞄を片付けてあげるという光景など少ないのではないでしょうか。また、パソコンやスマホなど家族全員というより、個人で使うものが増えているのも最近の物持ちの傾向ですよね。自分の物は自分で管理する。そんな時代です。

そこで、リビングの収納も自分のものは自分で管理できるように、夫スペース、子供スペースなど、家族それぞれの収納スペースをつくることをおすすめします。帰宅後の鞄や時計、趣味の雑誌や本など。収納スペースは大きくなくてよく、リビングでよく使う物や、読みかけの本など一時的に置けるスペースだけでも十分です。収納する場所が決まっていないと散らかってしまいますが、家族それぞれの専用の収納スペースがあれば、決まった場所に収納するという意識がつきます。

自分専用の収納スペースがいっぱいになったっら、自分でいらないものを処分したり、整理して管理する。自分専用の収納スペースを作るとこんな意識づけもできると思います。これもリビングがすっきりする方法です。

収納のデザインや色をそろえてスッキリと

部屋 レイアウト リビング

引用元:IDEE

リビングにかかわらず、スッキリと見える部屋の収納は、収納家具や収納用品の形やデザインがそろっていることです。

一番のおすすめは、テレビボードと合わせた壁面の収納をつくり、その中に、家族共有の収納スペース、それぞれの専用の収納スペースと分けて整理収納することです。ですが、賃貸の物件にお住いの方や、部屋の間取りによっては、なかなか壁面の収納を作るのは難しいこともありますよね。

そこで、テレビボードと収納家具のデザインや色をそろえるとか、収納BOXのデザインや色もそろえるということもおすすめです。これだけで部屋がスッキリとします。デザインや色を簡単にそろえるには、同じブランドでそろえるのがおすすめですよ。

リビングに収納を増やしたくない場合は?

部屋 レイアウト リビング

とはいっても、リビングはスッキリさせておきたい、収納家具を増やしたくないという方もいると思います。そんな方は、片付けができる自信があるようであれば、寝室や書斎、その他のスペースに収納場所をつくり、“スッキリ”を保ちましょう。少し自信がない方は、キッチンスペースやリビング横の部屋を活かし、なるべく近い場所に収納スペースを作りましょう。普段は開けて収納しやすく、来客時などにドアを閉めてスッキリさせることもできますね。

いかがでしたでしょうか?今回はリビングの収納をスッキリときれいにする方法をご紹介いたしました。家族全員が集まるリビングを収納でスッキリときれいに保つには、家族全員がわかりやすく、面倒にならない程度に意識をもって収納できるスペースづくりを心がけましょう。是非参考にしてみてくださいね。

Text=RoomCoNAVI 整理収納アドバイザー

保存保存

保存保存