2017
03.20

リビングは家族の部屋 キレイを保つ収納レイアウトのヒント

部屋のレイアウトで、必ずつきまとってくる収納問題。特にリビングは、家族が過ごす場所なのでたくさんの“物”が集まってきます。散らかる原因は、よく使う場所に収納場所がないことと、家族全員が収納場所を把握していないから。気づいたら、テーブルの上がカオス状態ということはありませんか?

ですが、よくよく考えると、寝室や子供部屋などは必ず造り付けの収納スペースがついていますが、リビングは収納スペースがないことがほとんど。自分たちで収納を考えなければいけません。ソファと同じように、収納のレイアウトも暮らしやすいリビングをつくるために大切です。

そこで今回は、リビングのキレイを保つ、収納レイアウトのヒントをご紹介いたします。

共有して使う物は”誰でも使いやすく”

部屋 レイアウト リビング

耳かきってどこに収納してあるの?そんなことを奥さんに聞いたりしていませんか?収納している場所がわからなければ、片付けができないのも当然です。これでは奥さんもイライラしてしまいます。家族が共有で使うものは、定位置を決めて、誰でも使いやすく収納できるようにしましよう。自分だけが使いやすくても意味がありません。

また、誰でも使う物は収納スペースを一か所にまとめ、物の種類や使用頻度に合わせて分類しておくことをおすすめします。そこに行けば収納してあるという意識をつけましょう。

家族ごとの収納スペースをつくる

部屋 レイアウト リビング

引用元:Re:CENO

家族が集まるリビングは、家族それぞれの物が集まってきて片付けにウンザリしてしまいます。

共働きの多い現代では、夫の帰宅後に鞄を片付けてあげるという光景など少ないのではないでしょうか。自分の物は自分で管理する。そんな時代です。

そこで、リビングに夫スペース、子供スペースなど、家族それぞれのスペースをつくることをおすすめします。帰宅後の鞄や時計、趣味の雑誌や本など。大きくなくてよく、リビングでよく使う物や、読みかけなど一時置きのスペースだけで十分です。収納する場所が決まっていないと散らかってしまいますが、専用のスペースがあれば収納するという意識がつきます。

専用スペースがいっぱいになったっら自分で整理して管理する。リビングがすっきりするヒントです。

収納のデザインや色をそろえるとスッキリ

部屋 レイアウト リビング

引用元:IDEE

スッキリと見える部屋の収納レイアウトは、収納家具や収納用品がそろっていることです。

一番のおすすめは、テレビボードと合わせた壁面の収納をつくり、その中に、共有スペース、専用スペースと分けて整理収納することです。ですが、賃貸や、部屋の間取りによっては、なかなか難しいこともありますよね。

そこで、テレビボードと収納家具のデザインや色をそろえる。収納BOXもそろえる。これだけで部屋がすっきりします。同じブランドで揃えるのがおすすめですよ。

リビングに収納を増やしたくない

部屋 レイアウト リビング

とはいっても、リビングはスッキリさせておきたい、収納家具を増やしたくないという方もいると思います。そんな方は、片付けができる自信があるようであれば、寝室や書斎、その他のスペースに収納場所をつくり、“スッキリ”を保ちましょう。少し自信がない方は、キッチンスペースやリビング横の部屋を活かし、なるべく近い場所に収納スペースを作りましょう。普段は開けて収納しやすく、来客時などにドアを閉めてスッキリさせることもできますね。

リビング収納をキレイに保つには、家族全員がわかりやすく、面倒にならない程度に意識をもって収納できるスペースづくりを心がけましょう。

Text=RoomCoNAVI 整理収納アドバイザー

おすすめの関連記事を見てみる

■狭いリビングダイニングでもスッキリ見せる収納のコツ

■収納が肝心!収納で部屋のレイアウトをすっきりさせよう

■狭いLDKでも広く見せたい!誰でも取り入れやすいコツ5選

リビングの部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】10畳の正方形リビングダイニングでも広く、快適に!

■【部屋のコーディネート】長方形リビングダイニングをRe:CENOでレイアウト

■【部屋のコーディネート】2人暮らしを始める方におすすめ!カップルに人気の2DKコーディネート

VRrooms