リビング横の和室のインテリアをおしゃれに見せる使い方

リビング インテリア リビング横

日本の部屋の間取りで多い典型にリビングの横に和室がついた「LDK+和室」の間取りがあります。そんな間取りはフローリングの洋風LDKと畳の和室の組み合わせなので、インテリアをまとめるのが難しく、おしゃれなインテリアになりづらいものです。そのような理由から物件選びの際にリビングの横に和室がついたこの間取りを敬遠する方も多いのではないでしょうか。

和室の畳の上を絨毯で覆い隠したり、テーブルや椅子などの家具を置いたり、独立した1つの部屋として使うこともできますが、リビングとのテイストが合わずにどこか違和感のある空間になりがちです。そこで今回はそんな和室の使い方に関する悩みを解決していこうと思います。和室の良さを活かしながらもおしゃれに見せることができるインテリアの基本ルールに沿った、上手な和室の使い方をご紹介します。

和室にはなるべく大きな家具を置かない

リビング インテリア リビング横

和室の大きなメリットは、部屋の使い勝手の良さにあります。テーブルを置けば人が集まる空間になり、布団を敷けば寝室にもなるなど、和室は用途に応じてさまざまな部屋の使い方ができます。そのため、和室のインテリアは大きな家具を置いて使い方を限定してしまわずに「何にでも使える部屋」にしておくのがベターな使い方です。また、ふすまなどで部屋を仕切らずに、開け放しておいたほうが、空間に奥行きが生まれます。ただし、何にでも使える部屋イコール物置部屋になってしまうとおしゃれな和室にはなりませんので、収納などをうまく使って物が外に出ていないようにし、なるべく空間を広く見せられるように工夫しましょう。

家具を置くなら背の低いものに統一

リビング インテリア リビング横

引用元:大塚家具

今でこそダイニングテーブルやソファなど、座って生活することが当たり前になっていますが、それ以前はもともと日本人は床座での生活が基本でしたので、日本の部屋の天井もそこまで高く造られてはいませんでした。そのため、和室の天井に合わせて、ちゃぶ台に座布団など、家具類はすべて背の低いものが合わせられてきました。逆に背の高いチェストなどを置いてしまうと、どうしてもバランスが悪くなってしまい、空間に圧迫感も出てしまうので、家具を置く場合はなるべく背の低い高さのものに統一すると、空間を広く使うことができます。最近では和室に合った背の低いテーブルやチェアなども売られていますし、和室にはそのような視点で家具を検討してみると良いと思います。

淡いナチュラル系よりも色の濃い家具を合わせるとおしゃれに

リビング インテリア リビング横

和室のインテリアの色選びは畳の色に合わせて、家具をナチュラル系の色味にしてしまいがちですが、ダークブラウンやダークグリーンなどシックな濃い色合いを合わせたほうが、モダンな印象でおしゃれなインテリアになります。畳に使われている色に合わせて、茶系か緑系で統一すると良いでしょう。また、隣のリビングの色合いとトーンを合わせると空間につながりが生まれます。そういう意味では隣り合うリビングと和室のトーンをどうするか、リビングの家具も一緒に考えて、家具を選んだ方が良いかもしれません。

リビング インテリア リビング横

例えば、上の写真は明るい茶系のテーブルを合わせたものです。部屋全体の統一感があるインテリアにはなるものの、これでは和室の印象が強調されすぎてしまい、リビングのインテリアとなかなかマッチしませんのでおすすめできません。隣のリビングの洋風インテリアと合わせたければ、濃い色の家具を置いて、モダンな印象のインテリアにまとめるのがおすすめです。

いかがでしたでしょうか。和室のインテリアは基本的なコツをおさえればそんなに難しくはありません。和室は使い勝手が良いだけでなく、インテリアの工夫次第でおしゃれな空間に見せることができます。和室をどのように使いたいか考え、家具を置く場合は、天井高とのバランスが取れるように背の低い家具を選び、色選びはあまり淡いナチュラル色の家具を選ばず、濃い目でリビングとのつながりが出るようなトーンのものを選ぶのがポイントでしたね。このように和室は使い勝手が良いだけでなく、インテリアの工夫次第でおしゃれな空間に見せることができます。リビング横の和室のふすまを締め切ったりせず、和室の特徴を活かしたインテリアにトライして、おしゃれな空間を作ってみてはいかがでしょうか。