使いやすいキッチンのレイアウトの重要ポイント

リビングダイニング キッチン

ひと昔前のキッチンといえば、家の間取りの奥の方にあって、リビングダイニングからは完全に独立した存在でした。しかし、最近のキッチンはリビングダイニングに続いた間取りになっていることが多く、LDKの中での存在感を増してきていますよね。新しいマンションを見ても、家事の間も家族の顔が見える間取りになっているタイプのLDKが人気です。リビングダイニングから見えている間取りになっているからこそ、カウンターキッチンやアイランド型のキッチンなど、キッチンのインテリアもこだわりたいものです。そこで今回は、LDKにおける、キッチンのレイアウトのポイントをご紹介いたします。

キッチンに必要なアイテムのレイアウトのポイント

キッチンを構成するものはシンクやコンロだけではありません。冷蔵庫、食器棚もキッチンに欠かせないものですし、他にも、調理家電や食材の収納棚、ゴミ箱などいろいろなアイテムが必要です。

リビングダイニングキッチン

そんなキッチンに必要ないろいろなアイテムを上手にレイアウトするには、家事をするために必要なものを考えて、それらがリビングダイニングからの見せ方や隠し方を考えてレイアウトする必要があります。また誰が使うのか、誰と作業するのかも考えて、作業スペースの広さやレイアウトを決めていきましょう。また、キッチンで大きなスペースを取る冷蔵庫は重要アイテムですので、冷蔵庫のレイアウトのポイントは後ほどご紹介します!

コンパクトなキッチンは家事がしやすく使いやすい

使いやすいキッチンのレイアウトは、家事動線が重要なポイントです。家事動線とは、料理を作るなど、家事をする際の一連の動きをさします。家事動線が、短く無駄のないことが効率UPのカギになります。この動線の最適な距離は、キッチンのワークトライアングルと呼ばれ、以下の図が動きやすさの目安の距離になりますので、参考にしてみてください。

リビングダイニングキッチン

また、料理の手順である作業の流れを考慮することも大切です。一連の作業の流れは以下の通りになります。

冷蔵庫➡シンク➡作業台➡コンロ➡食器棚➡テーブル

この流れがスムーズな動きでできるキッチンのレイアウトが、無駄な動きが出ない効率的なレイアウトといえます。

リビングやダイニングは広いほうが嬉しいですが、キッチンは広すぎるよりコンパクトなほうが使いやすく、家事も効率的にでき楽になるんですね。食事をするテーブルもキッチンから運びやすい場所にレイアウトするようにしましょう。醤油を忘れたなど、キッチンとテーブルの位置は近い方が何かと楽ですよね。

片付けが苦手なひとや、においが気になるひとのキッチン

リビングダイニングキッチン

キッチンがリビングダイニングに入りこんだ間取りで困るのが、生活感が出てしまうことです。料理の片付けが苦手という方や、料理の際の油はねや、においが気になる方はキッチンのレイアウトを工夫する必要があります。特に料理をよくする方は調味料やキッチン道具なども多く、できれば壁で区切られているキッチンを選ぶことをおすすめします。

それでも、リビングダイニングの中にキッチンを入れたい方は、壁側にキッチンをレイアウトし、カウンターでリビングダイニングを区切るレイアウトや、手元が隠せるカウンターになっているタイプや、セミオープンタイプのキッチンを選びましょう。または、L字型のキッチンで、コンロが壁側にあるタイプもおすすめです。

LIXIL

引用元:LIXIL

キッチンの中心、冷蔵庫の位置は重要なポイント

リビングダイニングは家族が集まる場所です。そんなリビングダイニングにキッチンが入ってくるとなると、キッチンの中での大きな存在感がある冷蔵庫の位置も重要になってきます。

冷蔵庫は多くの場合、キッチンの奥の方にレイアウトされていますが、キッチンの中で家族の誰もが毎日使うものといえば冷蔵庫です。料理はしなくても牛乳をだしたり、調味料をとったり、無意味に開けてみたり。1日に1回は冷蔵庫を開けていルと思います。でも、何故か冷蔵庫はキッチンの奥にレイアウトされがちです。冷蔵庫の形に奥行があるので圧迫感をださないために奥にいってしまいるのです。

リビングダイニングキッチン

もしかすると、冷蔵庫は家族全員がよく使うのであれば、キッチンの奥にあるよりも手前にあったほうが使いやすいのではないでしょうか?そうすれば、シンクで作業をしている人の後ろを邪魔にならないように通って、冷蔵庫に向かうこともなくなります。最近の冷蔵庫はデザイン性が高くておしゃれなものも多いですし、少しくらい主張をしてもよいですよね。家族が冷蔵庫を取り出しやすい配置を考えてみてもいいのではないでしょうか。これも使いやすいキッチンのレイアウトのひとつかもしれません。

いかがでしたでしょうか?今回は使いやすいキッチンのレイアウトの重要ポイントをご紹介させていただきました。ご紹介させていただいた通り、最近のキッチンはリビングダイニングのインテリアの一部になってきています。心地よく、暮らしやすい部屋にするためにリビングダイニングだけではなく、使いやすいキッチンのレイアウトも合わせて考えてみてくださいね。

Text=RoomCo naviインテリアコーディネーター

保存保存

保存保存