ちょっとした工夫でリビングダイニングの照明を変える方法

リビングダイニング 照明

リビングダイニングの照明はどのように選びましたか?暮らし方が多様な現代では、シーリングライトだけでなく、フロアライトやスタンドライトなどを合わせた多灯照明を取り入れている方も多いのではないでしょうか。いつもと違う雰囲気にできたり、リラックスできる空間をつくれたりと多灯照明はおすすめです。今回はより、リビングダイニングのインテリアを楽しんでもらうために、簡単に取り入れられる照明の工夫をご紹介します。

簡単に間接照明をつくる方法

フロアライトはお持ちですか?照明のカサが動かせるタイプのフロアライトをお持ちの方におすすめの方法です。

IDEE

引用元:IDEE

間接照明とは、壁や天井に光を照らして、間接的なやわらかい光で明るくすることをいいます。光源が直接あたらないのでやわらかい光でリラックス感が増します。カサを動かせるタイプのフロアライトを壁に向けて置いてみましょう。スタンドタイプのライトでも柔らかい光をつくりたい時はおすすめです。持っていない方も、フロアライトやスタンドライトを取り入れてみてはいかがでしょうか。

料理が美味しく見える吊るし方

ダイニングテーブルの上に照明を取り付けている方は多いと思います。また、料理が美味しく見えるように、あたたかみのある電球色タイプの電球をつけている方がほとんどなのではないでしょうか?そのとおりで、料理を美味しく見せるには、テーブル面を暖色系の灯りで照らしてあげることが必要です。

引用元:IDEE

美味しく見えるようテーブルを照らすために、まず、照明の高さを意識しましょう。おすすめはペンダントライトにすることです。ペンダントライトをダイニングテーブルの天板から70㎝ほどの高さを目安に取り付けることをおすすめします。テーブルの高さが68~72㎝が一般的なので床からは140㎝ほどの高さになります。立ってみると、低すぎないか?と思うのですが、座るとお互いの顔も照らされ、ちょうどよいのです。

リビングダイニング 照明

またテーブルの天板が大きい場合は、複数のペンダントライトを吊るして、料理全体を照らすよう工夫しましょう。料理が美味しく見えると食欲も会話も弾みますね。

取り付けプラグが吊るしたい場所にない!

リビングダイニング 照明

テーブルの上に照明を持ってきたいけど、家具の配置によってプラグが真上にない!ということはよくあるのではないでしょうか?プラグの位置は簡単に移動できないので吊り方を工夫する必要があります。

ライティングレールを取り付け、希望の位置に照明を吊るす

リビングダイニング 照明

ライティングレールはスポットライトというとイメージがわきやすいでしょうか。スポットライトは希望の位置を照らせるよう動かすことができますよね。ライティングレールは天井のプラグに取り付けができる市販のものがあるのでおすすめです。今手持ちの照明に、ライティングレール用のプラグを取り付ければ、希望の位置に持っていくことができます。こちらも家電量販店などで簡単に手に入りますよ。

コードを長くして、天井を経由するフックを取り付けて吊るす

リビングダイニング 照明

コードを長くして、天井にフックを取り付ける必要がありますが、シンプルにしたい方はこの方法がおすすめです。ちょっとおしゃれに見えるので、あえてこの方法にしてみてもおもしろいかもしれませんね。照明に合わせて家具の配置が制限されるのも困りものです。ぜひ、チャレンジしてみてください。

照明は部屋を明るくするためだけではなく、暮らしを楽しくするためのもの。いろいろな工夫を取り入れてみてくださいね。

コーディネート使用ブランド:Re:CENO

Text=RoomCo naviインテリアコーディネーター