2017
04.14

長方形のリビングダイニング タイプ別にみる家具配置と模様替えのヒント

リビングダイニングの間取りといえば、長方形のリビングダイニングが多いですよね。対面式のキッチンカウンターがついていて、縦に長い間取りと横に長い間取りをよく見かけます。リビングとダイニングを分けて家具配置をしやすいのがメリットです。

ですが、単調なインテリアになりがちなのは否めません。そこで今回は、縦長、横長、それぞれのリビングダイニング別に模様替えのヒントをご紹介いたします。

縦長リビングダイニング

代表的な縦長のリビングダイニングといえば、キッチンがカウンタータイプになっていて、リビング横に続く部屋があるパターン。戸建てでもよく見られ、家具の配置がしやすい万能な間取りです。ですが、長方形と思っていてもリビングダイニングの部分が正方形の場合もあるので注意してくださいね。 正方形の家具配置の参考記事

ブランズシティ久が原

引用元:ブランズシティ久が原

4つの代表的な家具配置パターン

縦長のリビングダイニングのベーシックな家具配置はこちら。

長方形LDK

長方形LDK

縦長のリビングダイニングの場合、ダイニングテーブルはキッチンカウンターに沿わせて配置するほうが、部屋のスペースを広くとれます。ソファ、収納家具は動線や収納量を考えて配置するようにしましょう。
縦長リビングダイニングの家具配置パターンをもっと見る

模様替えでひと味ちがう部屋にするヒント

よくある家具配置とインテリアになりがちな縦長リビングダイニング。ダイニングテーブルを楕円や丸型に変えてみてはどうでしょうか?柔らかい雰囲気もでますし、洗練されたインテリアに見えますよ。

部屋のコーディネート 長方形LDK

もうひとつのヒントは、ウォールシェルフ。縦長リビングダイニングは、窓やドアがなければ壁一面を大きく使うことができます。

ウォールシェルフは壁に取り付ける収納棚で、収納だけでなく飾り棚として、またアクセントとして部屋の印象をぐっとおしゃれにしてくれます。テレビ台の上部など空いたスペースを活用してみましょう。

横長リビングダイニング

横長のリビングダイニングの特徴は、カウンターキッチンと横に大きくとられた窓です。開放感がありますよね。キッチンも含め長方形になっているパターンとキッチンは出っ張っていてリビングダイニングが長方形になっているパターンとあります。

ブランズ世田谷中町

引用元:ブランズ世田谷中町

4つの代表的な家具配置パターン

ダイニングとリビングが明確で配置がしやすいのが横長リビングダイニング

長方形LDK

テレビ台など収納家具を置くスペースが決まっているので、ソファの配置の向きやサイズが制限されがちなのが難点。
横長リビングダイニングの家具配置パターンをもっと見る

模様替えでソファの配置を変えるヒント

ダイニングに背を向きっぱなしのソファは嫌だなと思ったら、模様替えを考えてみましょう。ソファの配置が変われば、キッチンからもコミュニケーションがとりやすくなりますね。

まず、ひとつめの方法はテレビ台を部屋のコーナーに置く方法。ソファの向きが変えやすくなりますよ。

もうひとつの方法は、思い切ってテレビはダイニングで見るスタイルに変える方法。マンションのモデルルーム写真でよく見るソファを壁に沿わせた配置です。

長方形LDK

どちらもダイニングにソファの背を向けていないので、部屋が広く見え、よりコミュニケーションがとりやくすくなる配置です。ダイニング側の壁にスクリーンを設置してプロジェクターで見るのもひとつの方法ですね。

単調なインテリアに飽きてきたら、試してみませんか?

Text=RoomCo NAVIインテリアコーディネーター

おすすめの関連記事を見てみる

■プチ模様替えで気分一新!部屋の印象をガラリと変えてくれるインテリアのアイデア

■縦長リビングダイニングの家具配置、ポイント&パターン10選

■よこ長LDKの家具配置、ポイント&パターン10選

■リビング横和室をおしゃれに見せる インテリアの基本ルール

縦長リビングダイニングの部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】長方形リビングダイニングをRe:CENOでレイアウト

■【部屋のコーディネート】11畳の長方形リビングダイニングをIDEEで北欧風に

横長リビングダイニングの部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】横長リビングダイニングを大人なヴィンテージスタイルに

■【部屋のコーディネート】アジアンな家具でリゾート気分なリビングダイニングに

VRrooms