意外に男性が気にする女性の部屋のレイアウト

部屋レイアウト 女性

そんな部屋があるのでしょうか?と女性の人は思いますが、年頃の男性等に訊いてみましたら、あるのですね、意外と。

女性の部屋のレイアウトの大前提では男性の皆さんが清潔感と自炊力と口を揃えて言っていました。さてその心は。どうやら男性は女性の部屋のレイアウトから家庭的かそうでないかを感じ取り、そこに女性らしさを見出すようです。

ではどんなレイアウトが好まれるのでしょう?

明るい日差しが差し込む窓がある

部屋レイアウト 女性

一見女性らしさに関係なさそうですが、メインの部屋にそういう窓があるところで暮らしている女性は健康的で、洗濯も好んでしていそうな清潔なイメージを持つそうです。窓が小さい、少ない、また暗い感じはその女性も内向的で消極的な感じがするという意見もありました。

部屋に入って日差しが降り注ぐ窓がない場合は上手く鏡を取り入れるとよいかもしれません。

台所が独立している部屋

部屋レイアウト 女性

広さは無くても台所が個別にレイアウトされていると部屋の空間が衛生的で清潔に感じるものです。またキッチン周りの小物からはちゃんと料理をしているかなど食生活の様子も伺えるという場所なので綺麗で可愛らしく、かつ機能的な物を集めたいものです。家庭的な感じはこういうグッズにこだわっているかも関係がありそう。上手く飾りながらの収納も楽しめると好印象な感じですね。

部屋にレイアウトされたクローゼット

部屋レイアウト 女性

大きめのクローゼットが部屋にレイアウトされていると服はもちろん、バッグや靴なども収納でき、いろいろ生活小物も入れられるので部屋が整理整頓しやすいですね。お陰でごちゃごちゃした物が目につかないので片付け上手な印象が持てます。片付けが苦手な人には大型クローゼットは必須かも、です。

写真や絵などを飾っているコーナー

部屋レイアウト 女性

家族の写真や、思い出の写真、旅先のポストカードや絵などを飾っているコーナーが部屋のどこかにレイアウトされていると男性から見て友人や家族を大切にしていそうな印象があるそうです。この女性と交際したとしたら自分も大切にしてくれそうな気がするというのですから、部屋のどこかに思い出のコーナー、または思い入れのあるものを飾るレイアウトを作るとよいかもしれません。

ベッドとテレビの位置関係

部屋レイアウト 女性

ベッドとテレビの位置が何の関係あるの?と思いますが、以外と男性はよいところを見ているなというご紹介です。一人暮らしの女性の部屋で寝室のベッドからテレビが見えるようにレイアウトしている場合は一人暮らしが長く、自己本位なタイプの女性に感じてしまうらしいのです。リビングやダイニングで誰かと一緒に見るような場所にテレビをレイアウトしているとオープンに受け入れてくれ、一緒に何かを楽しもうとする性格を感じることができ、反対にベッドから見みるためのテレビ配置の女性の部屋はちょっと引いてしまうことがあるということです。

いかがでしたか?男性目線は意外な部屋のレイアウトの指摘がありますね。

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com

保存保存

保存保存

保存保存