北欧テイストのインテリアで新生活をスタートする

男女共に相変わらず人気が高いインテリアテイストというと「北欧スタイル」ですね。

そんな北欧インテリアがなぜ人気で、こんなにも支持されているのかを解き明かしながら、今春より新生活をする人に向けて買っておくとよい北欧インテリアをご紹介いたしましょう。

北欧テイストが男女に人気の訳

北欧のインテリア家具は半世紀ほど前に発表してから今日までも世界的人気があり、デザインにおいて評価の高いチェアが多くあり、また照明器具については皆さんがどこかで見たことがある!という超有名なものも多数あります。

そんな北欧のインテリアが何故男女に人気があるのでしょう。

引用元:SEMPRE

まず、ここ数年続いている“ローライフスタイル”がインテリアに求められるようなりました。

その追い風としてはデンマーク、スゥェーデンという本場の国から輸入でしか買えなかったハイプライス家具がデザインの意匠権が切れて、日本の国産家具メーカー等がメジャーな有名デザイナーの家具からインスパイアされて、リデザインされロープライスでおしゃれな家具をつくるようになり、消費者は気軽に北欧テイストの家具を入手することが可能になったのです。

引用元:SEMPRE

その売り手側のメーカーや小売店数と比例して販売店、インターネットショップや通販雑誌などの販売ラインも多岐多様になり、大勢の人が行ったことも、住んだこともない北欧ライフをイメージできるようになりました。そこにエコライフが更に後押ししたことは間違いないでしょう。

これまでエコライフというとファーマー(農業)を想起させ、ライフルタイルのイメージは正座とお布団生活の日本家屋でしたが、北欧の住宅がどんどん日本に輸入されるようになり、それに伴い北欧のインテリア、家具、グッズも増えて“日本住宅にも馴染みやすい北欧のインテリア”が好まれるようになりました。

そして私たちはエコライフをおしゃれに実現できるイメージを北欧のインテリアに感じるようになり、結果として男女からも“暮らしぶり”が支持せれるようなったということです。

引用元:SEMPRE

テーブルは複数の機能を同時に満たすべきだというアイデアから、家族が集まり、食事をし、本を読み、仕事をする・・・そして座る人みんなの顔が見える特徴的なフォルムの天板と、たとえテーブルのコーナーであっても座ることができるよう考慮したレッグのダイニングテーブルです。

北欧風に仕上がる5つのポイント

北欧風ときくとなんだか偽物のようですが、もちろん北欧デザインの家具があればそれはまさに北欧のインテリアになります。ただ部屋に1つだけ北欧の家具を置いたからいって北欧感はつくれません。

ではどんなアイテム、テイスト、コツがあると北欧風になるかご紹介いたしましょう。

まず、アイテムとして外せないのは

①デザイン性のある椅子
②おしゃれなペンダント照明
③無垢材、ガラス、鏡
④中間色を避けるビビットカラーの配色
⑤シルバー

などです。

①はこれまでもご紹介しましたように素敵なチェアがたくさんありますので、是非1脚は欲しいアイテムの1つです。リデザインのチェアでももちろん構いません。

②おしゃれなペンダント照明

ペンダント照明は“おしゃれ”というのがキーポイントになります。

何故なら北欧は日照時間が短いため、窓際には綺麗な花の鉢、キャンドルホルダー&キャンドルなどを置いて、そこで住む人や道行く人が薄暗い灰色の景色を心温まる工夫をしているほど明かりを大切にしているのです。

引用元:SEMPRE

デザイナー、ポール ヘニングセンによるペンダントシェード。

シェード両面を光沢とマットで塗り分けることで得られる、独特な光の効果を持った照明。その美しさは長い時の経過に耐え得る照明です。

③無垢材、ガラス、鏡

引用元:Re:CENO

北欧の森林の多いエコのイメージをおさえるには無垢材は外せない素材です。

ガラス、鏡というのは明かりにも共通しますが部屋を明るくする機能もあり、ガラスはスウェーデンでは世界で有名なガラスメーカーが多いので是非取り入れてみてくださいです。

④中間色を避けるビビットカラーの配色

カラーも明かりに関連して、部屋を明るく見せる工夫に壁に絵を描いたり、窓枠やインテリアグッズなどに明るい色のビビットカラーなどを使います。

色は大切なコツですので、顔でいうと女性なら口紅、男性ならネクタイという存在でしょうか。無いと間延びした感じになります。

⑤シルバー

引用元:ディノス

こちらはコロンとした見た目が愛らしいフィンランドデザインのジューサー。シルバーの色がインテリアとしてとても映えますね。

上と下のサイズが違うから、どんな柑橘類にも使えます。竹製の台付きで、カウンターに置きっぱなしでも絵になるオブジェのよう。北欧らしいアイデアにあふれた、生活に役立つデザインを手掛けるフィンランド発ブランド「マギッソ」のハンドジューサーです。

家具や食器、花瓶など、小物をシルバー系で揃えると品の良い北欧風に仕上がります。ぜひお試しあれ。

今年の春から北欧風にインテリアチェンジするのも愉しいですね。

是非、トライしてみてくださいね。

Text=大島香(topophili)http://www.topophili.com