お手入れ簡単!おうちで洗えるカバーリングタイプのソファ

お部屋の中で大きな面積を占めるソファは、インテリアの要となる重要アイテム。後々後悔しないように、事前にしっかりリサーチして、納得のいくお買い物をしたいですよね。

そこで今回は、ソファの購入や買い替えをご検討している方にカバーリングタイプのソファをご紹介します。
そもそもカバーリングとは?そのメリットやデメリットは?きちんと理解して、素敵なソファライフを実現しましょう!

ソファには種類が2種類ある!?

ひと言でソファといっても、実は生地を張り込んだ張り込みタイプのものと、取り外しができるカバーリングタイプ、2種類があるのをご存知でしょうか?

それぞれにメリットやデメリットがありますので、詳しくご紹介したいと思います。

カバーリングタイプのソファとは?

引用元:Crastina

本体を布製の生地で包むことができるソファを“カバーリングタイプ”といいます。

またカバーリングタイプのなかにも
・背もたれや座っているクッションのカバーがパーツごとに外せるハーフカバーリングタイプ
・本体まで外せるフルカバーリングタイプ

の2種類があり、どちらか選択することも可能です。

洗濯することを考えて、カバーの取り外しやすさや、着脱しやすいかを必ずチェックしましょう。

張り込みタイプのソファとは?

引用元:TIMELESS COMFORT

デザインをより個性的なものにしようとすると、色々な制約のない“張り込みタイプ”のソファがおすすめです。

生地のたるみやズレがほとんどなく、デザインも多岐にわたります。重厚感のある本革のソファなどがその一例ですね。

最近では撥水加工がされているものも多いですが、小さいお子さんやペットがいらっしゃるご家庭には、汚れた際に洗えるフルカバーリングタイプのソファが望ましいでしょう。

カバーリングタイプのメリット&デメリット

メリットは?

カバーリングタイプのメリットはなんといっても、ドライクリーニングや自宅で簡単にできること!日常的に触れて汚れてしまう部分をいつでも清潔に保つことができるのはうれしいですよね。

また、季節によってカバー部分を取り替えることができるので、見飽きてしまったソファのカラーやデザイン変更も可能。ソファのような大きな家具でも、気軽に模様替えができる点もメリットの1つです。

デメリットは?

その反面、ソファを使用しているうちにカバーのたるみやズレが発生してしまったり、カバーの着脱に時間がかかったりというデメリットも。

デザイン重視の張り込みタイプか、ホームケアができるカバーリングタイプか。ご自身のライフスタイルやインテリアの好みによって、選択しましょう。

カバーリングタイプのお手入れ方法は?

「水洗い可」と表記されている場合は、ご自宅の洗濯機でお洗濯が可能です。洗濯機で普通の選択ができるのか、手洗いのみか、ドライクリーニングのみかで洗う頻度も変わってきます。

洗濯機での洗濯が理想ですが、脱水は生地の色落ちや収縮にもなりかねますので、やさしく手洗いがおすすめ。

「水洗い可」という表示がない場合は、通常家庭では行わず、クリーニング店などの専用会社に頼むことになります。

自宅で洗濯する場合、注意するポイントとは?

色落ちの原因になるため、塩素系漂白剤の使用は控えましょう。脱水すると生地が傷んでしまいます。バスタオルなどで水気を吸い取るのがおすすめです。

乾燥はできるだけ、日陰に吊り干ししてください。太陽の急激な乾燥は、変色の原因になります。

ソファの種類やメリット・デメリットを学んだところで、ここからは実際にカバーリングタイプのソファを見ていきましょう!

ひとり暮らしの方におすすめ

【Re:CENO】1人掛けソファー SIEVE bulge sofa

ソファでのんびり過ごしたい。でも大きなソファを置くほど部屋が広くない。そんな方におすすめなのが、少し広めに設計された一人掛けソファ。ワンルームの限られたスペースでもほっとできる、お気に入りの場所が完成です。

へたりにくい素材にこだわったクッションが、体をしっかりサポートしてくれます。もちろん、ファブリックはカバーリング仕様でドライクリーニングが可能。お手入れの面でも安心です。

【ディノス】マルチリクライニング コンパクトソファ(座椅子) ハイバックタイプ

背部と肘部にリクライニング機能が付いたコンパクトな国産ソファ。

背もたれ、肘部共に13段階リクライニングが可能なので、「肘付きパーソナルチェア」「2人掛けソファ」「ごろ寝マットレス」など、お好みのスタイルに合わせてマルチに使用できます。もちろん、座り心地は抜群!

やわらかいファブリックのカバーは取り外してドライクリーニングできるので、いつでも清潔に使えるのもうれしいですね。

背もたれはスタンダードとハイバックの2タイプ。カラーはアイボリー、ダークブラウン、オレンジの3色から選べます。

引用元:ディノス

カップルにおすすめ

【Re:CENO】カウチソファー WIRY

国産コーデュロイ生地を使用した、オリジナルカウチソファ。

一見、張り込みタイプのソファに見えますが、マジックテープを用いたカバーリング仕様なので、汚れた際も安心!座面幅123cmと大人二人が並んで座っても、ゆったりと座ることができます。

座面高さは42cmと少し低めに設計されているので、狭いお部屋でも圧迫感なくお使いいただけると思います。

引用元:Re:CENO

【Crastina】ベッド感覚のふんわりソファー『Vuelo(ヴエロ)』

スペイン語で”飛行・フライト”を表す「Vuelo(ヴエロ)」。
高級羽毛と2種類のウレタンを使用したトリプルクッションが、その名の通り、まるで雲の上を旅するかのようなふわっふわの座り心地を実現しています。

全体的に低いローデザインが空間に圧迫感を与えず、お部屋を広々見せてくれます。

引用元:Crastina

ファミリーや来客が多い方におすすめ

【Re:CENO】カウチソファー SIEVE rect unit sofa

こちらは幅や奥行の異なる、2サイズのソファを組み合わせてつくるユニットソファ。その日の気分や人数に応じて、フレキシブに使えるのが大きな魅力です。

おしゃれで実用的なデザインはもちろんですが、やはり一番は本体部分もカバーリング仕様でマジックテープで簡単に取り外しができること!汚れても手軽にメンテナンスができるのは嬉しいポイントですよね。

引用元:Re:CENO

【Crastina】ソファー&スツールセット『Moln(モルン)』

「L字ソファを置きたいけど、どれも大きくて部屋に合うサイズが見つからない…」なんてお悩みの方はいませんか?
そんな方におすすめなのが、組替え&可動ヘッドレストソファ『Moln(モルン)』です!

幅が3人掛けと同じサイズ感の201cmなので、生活動線を遮ることなくゆったりとくつろぐことができます。

また組み替えが可能で、
①右カウチソファ
②左カウチソファ
③ソファ+オットマン
の3WAYの組み合わせができ、シーンに合わせて使用できます。

もちろんこちらも、本体・座面クッション・背面クッションすべて取り外せるフルカバーリングタイプ。
オーソドックスでシンプルなデザインはどんなスタイルのお部屋にもマッチし、永く愛用できますよ。

引用元:Crastina

いかがでしたか?

カバーリングタイプのソファはお手入れが簡単なだけでなく、お部屋の模様替えにも適しています。
お好みのカバーリングソファで、インテリア生活をもっと楽しんでくださいね!