賢く使ってお部屋をすっきり!収納付きソファの選び方

今やソファは座ってくつろぐためだけのものではありません。ベッドとしても使えたり、収納スペースが付いていたり、シーンによって使い分けができる万能家具に進化しています。

お部屋が狭くてもソファを置きたいという方や、収納スペースが少ない方におすすめですが、収納方法や住まいにあった容量をきちんと選ばないと上手に活用できないまま、結局座るだけのものになってしまいます。

そこで今回は、収納付きソファの特徴をふまえた正しい選び方をご紹介します。

収納付きソファとは?

収納付きソファとは、座面の下やひじ掛けの下に収納スペースを兼ね備えた機能的なソファです。

限られたスペースを有効活用できるので便利ですが、収納するものによっては使いづらいものになってしまいます。メリット・デメリットをきちんと把握して選ぶようにしましょう。

収納付きソファのメリット

1.収納スペースが増える

1番のメリットは、収納スペースが増えることです。

特に1人暮らしのお部屋は収納スペースが少ないので、収納家具としても使えるのは便利ですよね。散らかりやすい細々としたものを収納できれば、お部屋がすっきりします。

 2.多機能なものが多い

収納付きソファは、座面だけでなく背もたれも動かせるものが多く、ソファベッドの機能も兼ね備えているものが多いのが特徴です。

収納スペースに寝具を入れて、来客用のベッドにしたり、仮眠用のベッドとして使うのもおすすめです。

収納付きソファのデメリット

1.出し入れが面倒

座面の下に収納するので、頻繁に使うものを入れると、その都度立って出し入れする必要があります。

1人で使うには問題ありませんが、2人暮らしや家族のいる方は、座っている人にどいてもらうことになるため、少し面倒になります。

 2.しまいっぱなしになりやすい

使う頻度が少ないものを収納する場合は、しまいっぱなしになりやすいというデメリットもあります。

座面下は湿気がたまりやすいので、定期的にチェックが必要です。

収納付きソファの種類

収納付きソファには、引き出しタイプと跳ね上げタイプがあります。

それぞれの特徴を理解して、生活スタイルに合うソファを選びましょう。

取り出しやすい引き出しタイプ

引用元:大塚家具

座面下が引き出しになっているタイプは、取り出しやすいのが特徴です。

座りながら使えるので、リビングでよく使うリモコンや眼鏡といった小物を収納したり、本や雑誌をしまっておくのに適しています。

収納力たっぷりの跳ね上げタイプ

引用元:Re:CENO

跳ね上げ式のタイプは、大容量の収納ができるのが特徴です。

座面を上に持ち上げるため、いったん立ち上がる必要があり、頻繁に使うものよりは、季節ものや寝具などを収納するのがおすすめです。

おすすめの収納付きソファ

最近はおしゃれで大容量の収納付きソファがたくさんあります。そこで、おすすめをいくつかご紹介します!

【ディノス】収納庫付ソファベッド 幅190cm(3人掛け)

座面下にたっぷり収納できる跳ね上げ式の収納ソファ。収納内部には不織布がはってあるので、衣類やブランケットなどの繊維品も収納しやすいのがポイントです。

無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインで、モダンな雰囲気のお部屋にぴったり。背面がリクライニング式になっていて、倒すだけでベッドとしても使うことができます。

引用元:ディノス

【大塚家具】 ソファベッド「シエナ」

スタイルに合わせたアレンジが楽しめる、収納付ソファベッド「シエナ」。

シート下部の2杯の引き出しとオットマン内部に収納が可能で、お部屋がすっきり片付きます。

アームとオットマンの位置を部屋のレイアウトや好みに合わせて変えれるのもうれしいポイントです。

引用元:大塚家具

【大塚家具】 アームレスラブソファ パズル

跳ね上げ式の収納がついたカウチソファと、引き出し式の収納が付いたアームレスソファを組み合わせて使えるソファセット。

頻繁に使うものと季節もので収納する場所を分けて使えるのが便利です。もちろんアームレスソファのみでの使用も可能。

座面も幅広くゆったり座れるので、1人暮らしのお部屋にも使えますし、2人暮らしやファミリーでのご使用にはセットがおすすめです。

引用元:大塚家具 

【Re:CENO】収納付き2人掛けソファー POSTRE

アームの付いた座り心地の良い2人掛けソファにも、大容量の収納スペースが。1人暮らしのお部屋にぴったりなコンパクトサイズですが、CDなら360枚、単行本が160冊収納できる大容量なのが魅力です。

開閉はスライド式で簡単なので、女性やお子様でもお一人で開け閉めができます。落ち着いたカラーリングのファブリックで、幅広いテイストのお部屋に馴染みます。

こちらも背もたれを倒すことができ、ソファベッドとしても使うことができます。

引用元:Re:CENO

いかがでしたか?

収納ソファはデザインもさまざまで、機能性も十分。収納付きは確かに便利ですが、基本的にはソファとして使うことを考えて使い勝手の良いものを選ぶのがポイントです。

生活スタイルに合わせて、使いやすく、くつろげるソファを選びましょう。