2017
05.19

ペットと快適に過ごせる部屋のレイアウト3つのコツ

ペットを飼っていますか?それとも飼う予定はありますか?最近では一人暮らしの女性で犬や猫と暮らしている方が結構多いですよね。

今日は特に犬を飼っている、飼いたいと思っている方へ、犬と快適に暮らせる”あれこれ”のレイアウトをご紹介いたします。

噛めないレイアウト作りと工夫

産まれて間もない子犬や小型犬は、好奇心旺盛で何でもカミカミするのが好きです。

小さな犬から見ると床にある電気コードなどはちょうど噛むのに手頃ですし、遊ぶ道具にもなりますね。怒るに怒れないその噛む行為を防ぐには、コンセントの周りに家具をレイアウトして犬が入っていけないようにしたり、コードを長く引かなくて済むように電気関係をまとめてコンセント近くに配置替えをしてみるのも一つの方法です。

それが難しい場合はコードカバーを使って床の巾木にはわせて固定し、噛めないようにすると、よりよい策といえるでしょう。そうすることで大事なコンセントやコードにいちいち心配して犬を怒らなくて済みますし、犬もコードの隙間にできやすいほこりを口に入れなくて済みます。

聖域を部屋にレイアウトする

犬も中型、大型になれば机のあれこれが近くなります。パソコンや机に向かって仕事ばかりしていると犬も退屈になり、これ見よがしに悪さをすることもありますね。犬にとってもストレスになりますが犬と遊んであげたいのに今は遊んであげれないなどと気を使ってあなたもストレスになるようでしたら快適に過ごせませんね。

そのような時は犬が入ってこれない空間を部屋に作ることをご提案します。また犬もその場所にご主人様がいるときは邪魔してはいけないのだなとわかるようになります。

そのかわり聖域から出たら犬と思いっきり遊んであげてくださいね。

それでは、入ってこれないように部屋の中をどうレイアウトしたらよいかですが、犬が水を飲んだり、用を済ませる場所や動線からは離れた部屋の角に聖域をつくりましょう。

その時にご主人様が犬から姿が見えないように背丈よりやや低めくらいの高さの姿見の鏡やL型のパーテーションなどがあると空間を作りやすいです。もちろん聖域には大切なものを置いているデスクや棚など、その角のレイアウトに組み込みしましょう。

レイアウトに素材の違う床材を置く

犬も滑る床、冷たく硬い床の素材はあまり好きではないようです。滑ると爪が立たなく犬もストレスになり、カチャカチャとひっかく音や傷は人のストレスにもなります。

コンクリートや大理石などは人は掃除がしやすいですが犬にとってけっして居心地のよい床材とは言えません。

アドバイスとして、部屋の中に一部のコーナーでもよいので犬がほっとできる素材のものを置いてあげてください。

例えば、コルクでできた床材はおすすめの素材です、汚れも拭きやすく、水も浸透しにくい、そして犬にとっても爪が滑らない最適な床材です。最低畳2畳くらい置けると好ましいですがご自身の部屋のスペースやレイアウト、犬の大きさと特徴に合わせてぜひ試してみてください。

犬がそこにいることが多ければ快適な証拠になります。

いかがでしたか?可愛いペットと快適な生活ができる小さなヒントにされてみてくださいね。

おすすめの記事を見てみる

■お部屋の模様替えを始める前にやっておきたい3つのこと

■狭いリビングダイニングを広く見せるインテリアのレイアウト、3つのコツ

■インテリアをおしゃれにまとめる カラーコーディネート術

■一人暮らし6畳1Kの部屋のインテリア、レイアウトパターンとアイテム別ポイント

■ひとり暮しの部屋でもできる!シャビーシックなインテリア

寝室のインテリア、風水を取り入れた部屋はベッドの位置がポイント

部屋のコーディネートをいろいろ見る

■あなたの部屋の参考に!部屋のコーディネート集「VR rooms」

VRrooms

RoomCo

RoomCo naviは、家具とインテリアを楽しむための情報サイトです。
お部屋づくりに役立つ様々な情報を発信しています。

©LivingStyle, Inc. All Rights Reserved.