2016
11.07
狭い部屋 カーテン

カーテンから考える、狭い部屋を広く見せる方法

誰でも、狭い部屋は広く見せたいですよね。広く見せるための家具配置やカラーのポイントは以前もお話ししましたが、家具配置以外にも工夫できることを知っていますか?それは、窓まわりです。カーテンやブラインドなどの窓まわりは、保温性や光を通さないものなど、機能で選んでいる方が大半だと思います。もちろん間違いではありませんし、大切なことです。でも、できるなら部屋が広く見えるものを選びたいですよね。今回は部屋を広く見せたい方につかえる、窓まわりの工夫をご紹介いたします!

 窓まわりがスッキリすれば部屋も広くみえる

プリーツカーテンとプレーンシェード、どちらがスッキリ見えると思いますか?

狭い部屋カーテン 狭い部屋シェード

そうです。プレーンシェードですよね。カーテンはレースカーテンと2重に吊るすことが一般的です。そしてプリーツカーテンであればヒダがある分、意外と奥行をとっているんです。

一方、プレーンシェードはヒダがなくスッキリしますよね。窓枠の内側に取り付けできれば、手前にでっぱることがなく、さらにスッキリします。ロールスクリーンヤブラインドも同じですね。

狭い部屋カーテン 狭い部屋シェード

ですが、注意点が3つあります。

①高さのある窓は、ブラインドを上げた時のタタミ代に注意する

狭い部屋 狭い部屋

タタミ代とは、シェードやブラインドを全部開いた時に、「たたまれている部分」のことをいいます。高さのある窓は、このタタミ代が厚くなります。窓を開け切った時に、タタミ代が窓にかかってしまっていては、せっかくの窓が狭く感じてしまいます。このような場合、窓と天井の間に余裕があるようであれば、タタミ代の分を考慮して窓の上に取り付けるのがおすすめです。

②面積が大きい窓ほど明るくみえる、淡い色を選びましょう

狭い部屋 狭い部屋

窓は面積が大きいものなので黒やこげ茶はどうしても重たくなってしまいます。広く見せたい場合は白などの明るい色を選びましょう。

③よく出入りする窓は不向き

洗濯などで、よく出入りする窓はシェードや横型のブラインドは不向きです。窓を開けるのに面倒で時間がかかるためです。

カーテンで広く見せる工夫

では、カーテンでも広く見える、吊り方やスタイルの工夫をご紹介します。

天井を高く見せる工夫

天井が低くて狭く感じる方は、カーテンを天井に近いところから吊るすのがおすすめです。縦が協調されて、天井が高く見える効果があります。腰窓でも天井から吊るすと天井が高く見えますよ。

狭い部屋 狭い部屋

色を淡い色にするとより部屋が広く見えます。

狭い部屋

ノンプリーツカーテンにすればスッキリ

IDEE

引用:IDEE

ヒダのないノンプリーツのカーテンにすれば部屋もすっきりします。カーテンであれば出入りもしやすいので、よく出入りする窓がある場合はおすすめです。

広く見える柄はある?

標識や広告のように大きい柄や濃い色は、目につきやすく、狭く感じやすいです。小ぶりな柄にすると圧迫感をおさえることができます。ただし、小窓であれば、アートのように部屋のポイントになり奥行感を出す効果があるので印象的な柄を選ぶとよいでしょう。

色が鮮やかな柄は狭い部屋では注意しましょう。

IDEE

引用:IDEE

小ぶりな柄は狭さを感じませんね。

IDEE

引用:IDEE

大きい柄でも淡い色や寒色と呼ばれるブルー系の色であれば圧迫感をおさえることができます。

IDEE

引用:IDEE

カーテンなどの窓まわりは部屋になくてはならないもの。新しい家に住むときは誰もが選びますよね。窓まわりを選ぶときは、広く見える工夫をちょっと視野に入れてみてはいかがでしょうか。

Text=RoomCo naviインテリアコーディネーター

おすすめの関連記事を見てみる

■狭いLDKでも広く見せたい!誰でも取り入れやすいコツ5選

■狭いLDKでも広く見せたい!家具配置の3つのコツ

■狭いリビングダイニングでもスッキリ見せる収納のコツ

狭い部屋のコーディネートを見てみる

■【部屋のコーディネート】ソファダイニングと布団でミニマムに暮らす2DKの部屋

■【部屋のコーディネート】10畳の正方形リビングダイニングでも広く、快適に!

■【部屋のコーディネート】5畳の部屋を工夫して暮らす。一人暮らしのインテリア

VRrooms