狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツ

狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツ

2LDKや3LDKぐらいのマンションの間取りで、こんな5畳くらいの狭い部屋をよく見かけませんか?よくあるインテリアコーディネート例ではこのような5畳くらいの部屋は、お子様などの寝室に使われていることが多いですよね。でも、実際に寝室として寝るだけに使うのでよいのであれば、狭い部屋でもベッドを配置するだけで部屋のレイアウトが簡単にできそうですが、実は部屋が狭い以外にも色々と要因があり、なかなかそうもいかないことが多いのです。

狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツその1

出典:プラウド北浦和パサージュ

例えば、下の図のような5畳の部屋を寝室として使った場合に、部屋が狭い上に梁や壁がデコボコしていて、家具のレイアウトがしづらいですよね。

狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツその2

ダブルベッドをレイアウトしてみましたがこんな感じですね。ベッドがこれ以上の大きさだったり、シングルベッドを2台レイアウトしたいとなると、もうこの狭い部屋に他の家具を何も配置することができませんし、動線も確保できません。

今回は5畳の狭い部屋を寝室として使う場合の家具、インテリアのレイアウトやベッド選び等のアイデアをご紹介します。

狭い部屋を広く見せるにはヘッドレスタイプのベッドを選びましょう

寝室が狭いのなら、ベッドの選び方で少しでも寝室が広く見える工夫をしてみましょう。

狭い部屋を広く見せるのに最適なベッドのタイプはヘッドレスタイプでコンパクトなタイプのベッドです。フレームの大きいベッドはどうしても寝室に圧迫感が出てしまい、狭い部屋をさらに狭く見せてしまいます。マットレス一体型のベッドなどのコンパクトなタイプのベッドを選ぶと、圧迫感がなく狭い部屋を広く見せることができます。

ベッドのサイズによっては寝室のレイアウトを変えてダブルベッドなどの大きいサイズのベッドにすることもできます。

また、狭い部屋を広く見せるには、その他の家具、インテリアのレイアウトや窓まわりの使い方などでも工夫ができます。

>>窓まわりをスッキリさせて部屋を広く見せるコツ

狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツ引用元:Re:CENO

こちらのはヘッドレスタイプのシンプルなフレームのベッドです。アッシュ材の美しい木目と、落ち着きのある暖かな色合いがぬくもり感じます。脚を外すことで、ロータイプベッドとして使えるので、視線を遮らず、より空間に広がりが生まれます。

狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツ木製ベッド ノアナ ヘッドレスタイプ
¥44,800~ (税込)
購入する

狭い部屋を広く見せるにはベッド下の収納を活用しましょう

狭い部屋で困るのが収納ですよね。特に寝室は衣類の収納を兼ねることが多いですよね。衣類が寝室のクローゼットだけでは入りきらないという方は収納方法も工夫しましょう。

収納付きのベッドは最近よく見かけますよね。収納が付いていないベッドでも、ある程度脚が高いベッドであれば収納ケースなどを入れてベッド下のスペースを有効活用することができます。注意点としてはベッド下を引き出しにする場合にベッドの外に引き出すスペースが寝室に作れるかどうかを確認することを忘れないようにしましょう。

また、収納ベッドもいろいろな種類があります。ライフスタイルに合わせた収納ベッドを選ぶことをおすすめします。

>>収納ベッドの種類別、おすすめポイント

狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツ引用元:Re:CENO

大小異なる5つの引き出しがついたこちらのベッドは、すべてスライドレールがついているので物の出し入れが奥までスムーズです。高さのある引き出しもあり、引き出しと反対側にはスーツケースなど大きめの物が入るスペースがあり様々なものが収納できます。

狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツ木製ベッド ウェラ
¥37,584~ (税込)
購入する

狭い部屋を広く見せるには壁を収納として有効活用しましょう

寝室のクローゼットのスペースが十分でなかったり、収納スペース以上にものが多かったりする場合は、寝室の壁を収納として有効活用しましょう。

壁に棚をつけたり、フックをつけたり、壁を収納として使うと省スペースで有効活用することができ、狭い部屋のインテリアにはぴったりです。化粧品は棚に、よく着る服はフックに吊るして。大きなドレッサーやコートスタンドを置かなくてもよいですよね。

狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツその5

引用:Re:CENO STICKS MULTI HOOK

睡眠を優先させるなら大きいサイズのベッドを選びましょう

寝室が狭いからといって、ベッドも小さいサイズにするのはおすすめできません。寝室を2人で使用する場合、睡眠を優先させたいなら、最低でもダブルベッドから選ぶとよいと言われています。

大きいベッドは小さいベッドに比べてゆったりと眠ることができます。寝室を2人で使うなら、できればクィーンサイズまで大きいベッドを選びたいものです。そういった場合には、寝室の広さのギリギリまでの大きさのベッドを配置するという方法があります。眠ることだけでよい部屋であればおすすめです。

ベッドのサイズ選びの目安は、寝室の湿気対策などを考えると部屋の両サイドから最低10㎝、または、ベッドに入るスペース50cmの余裕を考えるて選ぶのがおすすめです。

>>ベッドサイズを決めるポイント、寝室の家具配置の基本

狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツその6

ベッドではなく布団を使ってみましょう

昨今ではミニマムな暮らしが人気ですよね。ベッドをなくしてみたという話も聞きます。思い切って布団生活にするのはどうでしょう。布団の出し入れが面倒でなければ、思い切ってベッドをやめて布団を使ってみるという方法もあります。ベッドと違い簡単に動かせる布団は臨機応変に配置することができます。

寝室の収納がクローゼットだけで布団が収納できないという場合にはこんな工夫もしてみましょう。例えば敷布団と掛布団は畳んでお気に入りの布を巻いて隠し、まくらをクッションのように置いてちょっとしたソファのように部屋に置いておく。狭い部屋で生活感を出さずに収納する工夫です。

>>布団を使っている人のおすすめレイウアト

狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツ引用元:Re:CENO

他にもこのようなすのこがあれば、いつでも清潔な寝床環境が作ることができます。使わないときは丸めてしまえばあまり場所も取らず、簡単に空間を作ることができ、布団で寝ている人にはおすすめのアイテムです。

狭い部屋のレイアウト、5畳の寝室のベッド選びやインテリアのコツロール式折りたたみ すのこベッド
¥10,790 ~ (税込)
購入する

5畳の寝室の間取りパターン

コンパクトなタイプのベッドで3つの間取りをダブルベッドとクィーンサイズのベッドを使用して寝室をコーディネートしました。どれも、よく見かける、柱でデコボコした5畳の狭い部屋です。

pattern.1

pattern.2

pattern.3

今回ご紹介したように、狭い部屋を広く見せる方法はいろいろなパターンがあります。狭い部屋だからといってインテリアをあきらめないでくださいね。狭い部屋を広く見せるインテリアのコツはこちらの記事も参考にしてみてください。

無料の試着アプリRoomCo ARは実際の部屋に原寸大の家具を置いて試すことができます。ぜひ活用してみてください。RoomCo ARの詳細はこちら

Text=RoomCo naviインテリアコーディネーター