狭いリビングダイニングを広く見せる家具、インテリアのレイアウト 3つのコツ

狭いリビングダイニングを広く見せるインテリアのレイアウト、3つのコツ

部屋が狭い日本の住宅。よくある2LDKや3LDKの間取りのリビングダイニングは10畳、12畳くらいが多く、部屋が狭く感じます。そんな狭い部屋の家具、インテリアのレイアウトに困ったことがある方は多いのではないでしょうか。もしかすると、今の部屋の家具、インテリアのレイアウトがその狭いリビングダイニングをさらに狭く見える原因をつくっているかもしれません。狭い部屋は、少しでも広く見せたいですよね。

そこで、今回は狭いリビングダイニングでも広く見えるコツを3つご紹介します。コツは 「視線のぬけを意識する」「色使いで工夫する」「本当に必要な家具だけを選ぶ」の3つ。さっそく、1つずつみていきましょう。

視線のぬけを意識する

部屋の中で、一番視線の抜けるところといえば窓です。リビングダイニングの窓から見える風景で部屋を選ぶという方もいらっしゃいませんか?

まずは部屋の中で、入り口から窓を奥にして見たとき、入り口側から順に、背の高い家具から低い家具へと配置していきます。すると奥行感が出るため、狭い部屋が広く見える効果があります。遠近法の効果ですね。

狭いLDK

背の高い家具が入り口側

上の画像の部屋では、背の高い収納家具は入り口側に、TV台などの背の低い家具は奥の窓側に置いています。背の高い家具が見えないので、視線の先が広がります。

逆に下の画像のように背の高い家具を窓側に置いてみると・・やはり、リビングダイニングの入り口側が広々して見えますね!

狭いLDK

背の高い家具が部屋の奥側

次に、複数ある家具の奥行を揃えると、より部屋が広々と見えます。家具の置いていないスペースをまとめて作り、床の面積を広くみせるのがコツです。

狭いLDK_ ポイント①画像④

他に、ダイニングテーブルをガラス天板のタイプや、脚が細いタイプにすると、抜け感ができるのでおすすめです。

どうしても窓の前に家具を置かなければいけない場合は、低い家具にして視線がぬけるように意識しましょう。

>>”見せる”ガラス天板のダイニングテーブルで使い勝手も見た目も両立

色使いで工夫する

赤は、太陽や炎のイメージなど、あたたかく感じる方が多いのではないでしょうか。このように、色は、もつイメージによって特性があります。例えば、暑く感じる部屋を青色の心理効果で涼しく見せるなど色で感じ方が変わります。この色の特性をいかして狭い部屋を広く見せる方法をご紹介いたします。

まずは部屋の中で面積の大きい床・壁・天井の色について。黒やこげ茶などの暗い色は、狭く見え、逆に白やベージュなどの明るい色は、広く見える効果を活用します。

下の画像のように、床・壁・天井の順に明るくなるよう色を決めていくと、天井が高く見えます。

狭いLDK

天井に向かって明るい部屋

狭いLDK

天井に向かって暗い部屋

次に面積の大きいソファ・ラグ・カーテンの色。見比べて見ると、やはり明るい色を選んだ部屋が広々としています。

狭いLDK

明るい部屋

狭いLDK

暗い部屋

また、色には飛び出して見える膨張色と、へこんで見える後退色があります。一般に赤などの暖色系は膨張色、青などの寒色系は後退色と呼ばれています。この特性をいかして、遠くに見せたい壁に後退色を選ぶと部屋の奥行感が出て、広く見せることができるんです。また、カーテンは柄や形状、吊り方によっても広く見えるポイントがあるので参考にしてみてください。DIY好きの方は壁の塗装や壁紙の張り替えにチャレンジしてみるのもよいかもしれませんね。

>>部屋が広く見える、カーテンの色や種類の選び方

狭いLDK

後退色

狭いLDK

膨張色

本当に必要な家具だけを選ぶ

リビングにはくつろげるソファを、ダイニングには食事をするダイニングテーブルを。インテリアを選ぶとき、そんな方が多いと思います。ですが、狭いリビングダイニングにはどうしてもスペースに限りがあるものです。

ここは思い切って、どちらか一方にするという考え方も大事です。自分の生活を思い起こしてみると、ダイニングテーブルがあるのに食事はいつもローテーブルで食べている。ということはありませんか?リビングダイニングが狭いからといって小さいソファを選んでしまい、実際はくつろげなかったということもありがちです。将来、広いリビングダイニングがある家に引っ越す予定の方が、無理に小さめのサイズを購入して、後々使えなくなるのはもったいないですよね。

8畳のリビングダイニングにソファを配置した例

狭いLDK_ ポイント③画像②

食事もリビングでという方に、ソファは大きめの190㎝幅、ローテーブルも120㎝幅と大き目をセレクト。狭くても本当に必要な家具を揃えたことで、お気に入りのソファでゆったりとくつろげるコーディネート例です。

狭いLDK

10畳の正方形リビングダイニングにソファダイニングを配置した例

正方形LDk

ソファもダイニングテーブルもどちらも置きたいという方におすすめなのが、ソファダイニングです。最近、各インテリアショップやメーカーでは、リビングでもダイニングでも使えるソファダイニングの販売が増えてきています。ダイニングテーブルのように腰を掛けて食事がとれるのに、ゆったりとくつろげる、欲張りなアイテムです。ソファダイニングのコーディネートは10畳くらいの狭いリビングダイニングにはおすすめですよ。

正方形リビングダイニング

狭い正方形のリビングダイニングの例

日本の住宅は占有面積が狭い傾向にあり、無理に2LDKや3LDKの間取りにしている場合も多く、そんな場合はリビングダイニングが狭くなりがちです。そのような狭い部屋には必要なものを選ぶことが大切です。自分のお気に入りの家具を見つけるのも楽しいですし、愛着をもって永く使うようにもなるのではないでしょうか。どうしても欲しい。これは必要!という家具をランク付けして選んでみるとよいですね。

Text=RoomCo naviインテリアコーディネーター

おすすめの関連記事を見てみる

■狭いLDKでも広く見せたい!誰でも取り入れやすいコツ5選

■部屋がスッキリ見える家具配置 5つのコツ

部屋が広く見える、カーテンの色や種類の選び方

狭いLDKの部屋のコーディネートを見てみる

■狭いLDKでお悩みの方に。参考コーディネート例5選

■ちょっとしたポイントで広くみえる。10畳のリビングダイニング

■12畳縦長の狭いリビングダイニングをコーディネート