寝室の照明は大切にしていますか?

寝室の照明は大切にしていますか?

「寝室は寝るところだから照明は何でもいいかな」なんて思っているとそれなりの寝室になってしまいます。なぜ寝室の照明が大切なのか?それは眠るときの安らぎ感は、照明計画や照明器具によって大きく左右されると言われているからです。

では一体どのような照明計画と器具があると快適な寝室になるのでしょう。

家で最も演出が求められる寝室の照明計画

ご新居のインテリアのご相談を受けるとき、照明の配線計画の打ち合わせをすることがあります。その中でよく思うのが、特にリビングダイニングと寝室は施主によって要望が大きく変わるということです。

それはその部屋に必要な、リビングダイニングにはダイニングテーブル、ベッドルームにはベッドやチェストといった家具のテイストやサイズがライフスタイルによって異なってくるからです。

中でもベッドルームはその使用するベッドや置き方はもちろん、敷布団という暮らしもあり、寝床をどこにどう置くかでまったく必要とされる照明効果が異なり、それに適当する照明配線と計画、照明器具の選択が求められます。

寝室の照明は大切にしていますか?

例えば「一人暮らしで6〜7畳の部屋に、引っ掛けシーリング1箇所が天井の真ん中にあります。ベッドルームとして快適に使うには照明はどうしたらよいのか?」とよく訊かれたりします。そこで、みなさんにも可能な寝室の照明計画や照明配置、照明器具と効果をご紹介いたしましょう。

快適なベッドルームの照明効果

天井の引っ掛けシーリング1つとそのスイッチが壁にあるだけで本当に快適になるの?と思いますよね。でも工夫次第で照明の効果的な使用と演出をすることが可能なのです。下記にいくつか器具選びのポイントとアドバイスを明記いたします。

  1. 天井の引っ掛けシーリングの照明器具は少し見た目もデザインのある器具を選びましょう。
  2. 照明のランプはLED電球の電球色を選びます。
  3. 器具はリモコン操作ができ、ON&OFFだけでなく調光できるものが望ましいです。
    寝室の照明は大切にしていますか?引用元:大塚家具
    リモコンで明るさも色も自由に調整可能なこちらのシーリングライトは、 120通りの組み合わせでお部屋全体を明るく均一に照らしてくれます。LEDを使用しているので10年間メンテナンスいらずで省エネです。シンプルながらナチュラルブラウンのアクセントが効いたデザインです。

    LEDシーリング ZT0336LEDシーリング ZT0336
    30,780 (税込)
    購入する
  4. 寝ているときに、天井の照明器具の光源が直接目に入らないタイプがよいです。
  5. 頭のそばにナイトテーブルなど置けるようでしたらテーブルランプを置くことで、本や携帯などを見るときに便利な明かりをつくることができます。
  6. 床にある配線コードなどは配線レールを使って邪魔にならないように固定しましょう。
  7. 入り口近くにコンセントがある場合、フットランプを差し込んで非常灯として使用できます。また人感センサーの器具を選ぶとより便利です。

いかがでしょうか?6畳ほどの部屋でも天井、テーブルの高さ、フットライトの高さとそれぞれ高低差をつけて施すことで様々な効果と演出が作ることができ、使い勝手もよく便利という一石二鳥の照明計画になります。

睡眠に適した明かりの強さと量は?

神経の交感神経を抑えリラックスする副交感神経を高めるのに最も適している明かりはろうそくの明かりと言われています。

最近はコードレスのLED照明器具も増え、デザインも海外製のシンプルなタイプからデコラティブな物まで色々販売されています。

中でも人気なのは小型の照明器具で光の色もいろいろあり、その時の必要としている色を選ぶことができるLEDタイプで、リモコン機能のあるものです。

寝室の照明は大切にしていますか?引用元:Crastina INTER FURNITURE

このイルミネーションライト「ひかりPlus」は、16色から好みの色を選んだり、ランダムな色の変化を楽しむことができます。優しい光と丸みを帯びたフォルムが気持ちを落ち着かせるのにぴったりですね。

1つでは小さな明かりでも2、3個部屋のあちらこちらに置くことで照明の演出効果もあり、明かりの強さも操作できます。さらに部屋の床のコーナーに置くなどすると部屋を広く見せるといったことも期待できます。離れた場所に設置してもリモコンで操作可能なので側に行って操作する必要はありません。

また光源が見えないデザインの照明器具は、光源が見える器具より日中の高まっていた交感神経を和らげる作用があると言われています。

LEDシーリング ZT0336
4,212 (税込)
購入する

寝室の照明は大切にしていますか?引用元:無印良品

回すことによってON、OFF、調光が可能なこちらのダイヤル式LEDライト。眩しすぎない、柔らかな光で手元を照らしてくれます。小型ですが、本を読むのにも十分な明るさがあり枕元の明かりとして重宝しそうです。電源のない場所にも置くことができる充電式で、停電時も安心ですね。

ダイヤル式LEDライト 型番:MJDLL‐1
3,900 (税込)
購入する

このような効果から寝室の照明は、
①部屋の広さに対して必要とされるワット数ではなく、少し小さめの照度のもの
②明かりの光源が直接見えないもの
③小から大の調光ができるもの
④置く場所による高低差をつけられるもの
以上の条件を考えながら作るのがよいと言えるでしょう。

自分のライフスタイルと行動パターンを確認する

では実際自分の寝室の照明計画はどうしたらよいでしょうか。

それにはまず自分のライフスタイルを把握することから始めることです。自分の寝室での行動、寝室に求める要素などを改めて見直して見ましょう。

例えば、あまりよい睡眠ができていないと感じるのは、寝る時に部屋の電気を消したあと、ベッドの中など暗い中でスマートフォンを見ることで、画面の強い光に脳が刺激され眠る体制ではなくってしまうことが原因と言われています。

そのような時は真っ暗にせず、少し手元灯の明かりを作ると、暗闇の強い刺激の光を少し和らげることができますので、手元灯をナイトテーブルに置くなど工夫をする必要があるとわかってきますね。

こうして自分の暮らしに最適な寝室の照明計画を考え、器具を選ぶことができます。

計画の中でナイトテーブルを置けるスペースがない場合はフロアスタンドを使うことでナイトテーブルが無くても光源を作ることができますので、置けないと諦めずにどのような照明器具があるのか調べることも計画の準備の一つです。

寝室の照明は大切にしていますか?引用元:Re:CENO

いろいろな種類の木を組み合わせて、寄せ木の要領で作られたフロアライト「FERRO(フェロ)」。 天然木のぬくもりと、シェード越しの暖かな光が、寝る前のくつろぎの時間を演出してくれます。木目調のベッドとあわせてナチュラルテイストの寝室に。

また寝室にお気に入りの写真や絵を壁にかけているなら、スポットライトのように向きを変えられるような照明器具を天井の引っ掛けシーリングに取り付けると絵や写真などに明かりを当てて壁の写真や絵の演出を高めることもできます。

フロアライト FERROフロアライト FERRO
23,760~ (税込)
購入する

できるだけ広く部屋を使いたいから何も置きたくない、置けないという人には壁や天井の色に近い白の飾りの少ないシーリングライトを取り付けできる、角度調整可能なスポットライト機能のある器具なども選択としてはよいですね。

またリモコン機能としては最近の照明器具にスマートフォンにあるBluetoothを使ってリモコン操作できる対応照明器具がありますので、便利さもプラスして選択するのもよいでしょう。

このようにライフスタイルを考えて器具を選ぶとその効果が作りやすいというのも寝室の照明計画になります。

これからの秋に向けてぐっすり眠れるような寝室の照明計画を見直してみるのはいかがでしょうか。

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com