シンプルモダンインテリアのコーディネート術

シンプルモダンインテリアのコーディネート術

最近のインテリアのタイプ&スタイルを大きくわけるとナチュラル、アーバン、クラシック、トラディショナル、エレガント、アジアン、モダン、和風、カントリー・・・といったところでしょうか。

これを更に細かくすると北欧や南欧風、またシャビーやチープなどなど、アレンジテイストで分けると増大な種類になります。

この詳細に分けられるテイストは感覚的な要因も含んでいるので、言葉から受ける印象とインテリアタイプ&スタイルのズレが生じることは少なからずあります。

引用元:ディノス

実際、一昔のインテリアスタイルより現在は遥かにミックススタイルが増えているので、一概にこれはこのスタイルといったようにライン引きできない現状です。そのような現状でも“モダン”というテイストは特別なようです。

何となくでも漠然と多くの方が共通のイメージの認識をしているのが今人気のシンプルモダン。

今回は、このシンプルモダンのコーディネートのイロハをご紹介いたします。

シンプルモダンに必要なイロハの「

インテリアの打ち合わせを始めると“わたしはセンスがないので”と言われる方が少なくありません。でもどのような方でもセンスは少なからずあります。

その中でも“モダンテイスト”というスタイルにおいては、多くの方にお写真をお見せして「どれがモダンテイストでしょうか」とお訊きしてモダンテイストを間違える人はほとんどいません。

このことからわかるように、モダンというインテリアテイストは選別しやすい要素があるということです。
それではここからモダンテイストのシンプルモダンの要素を掘り下げてみましょう。

-1)メインカラー数は基本3色に

 引用元:ディノス

これはシンプルモダンのテイストに限らず、モダンのインテリアの色使いに共通することでもありますが、シンプルモダンの場合は主にホワイト、シルバー、ブラックまたはグレージュ(グレーまたはベージュカラーのこと)系を使うことがシンプルと認識されやすい色になります。

-2装飾要素を最小限にする

引用元:Crastina 

室内に小物雑貨や家具、柄のファブリックや壁の装飾品など、アイテムがあればあるほど色が増えてしまいます。その結果、シンプルから掛け離れてしまい、シンプルモダンの演出は一層ハードルが高くなります。

それは何故でしょう?
シンプルモダンは何といっても置いている物が少ないということが前提になります。物が多い分、シンプルモダンな印象は作りに難くなるのです。

(-3)目立つ色を使わない、置かない

引用元:ディノス 

-1、イ-2に関連しますが、通常のモダンのインテリアテイストにはビビットやアクセントカラーに小物なども使うことがありますが、シンプルモダンに仕上げる時は目立つ色を控える方が成功します。

紺碧のランプシェード、真紅の花瓶、煌びやかな黄金色の額などはあるだけでそこに目が行ってしまいます。シンプルに仕上げる時は主張のある物は出来るだけ置かないようにすると上手く作れるのです。

シンプルモダンに必要なイロハの「

「イ」は主に色に関わるポイントでしたが、ここではインテリアのテクスチャーについてになります。
インテリアのテクスチャー、つまり素材ですが、何がシンプルモダンに仕立て易いかご存知でしょうか。

-1)直線的であり無機質なこと

引用元:Crastina

ガラスや金属、プラスチックなど無機質なもの、また木目を塗りつぶした塗装仕上げの物、レザーなども使うことがあります。質感として清潔感や透明感、軽快でスッキリしたクリアなイメージを与える物ということになります。

そしてデコラティブな造形ではなく、飾り気がなくスッキリとした直線や曲線のラインにすることがポイントです。

(-2)家具のデザインや形を斬新な物で

引用元:大塚家具

装飾と色の少ない無機質な空間ではそこに置く家具がポイントになってきます。できれば大量生産されている家具ではなく、機能がたくさんという家具でもなく、独創性のあるデザインに拘ったデザイナーの家具を数点ほど置くと、空間は一気にモダンになります。

デザイナー家具の持つ、斬新でシンプルながらもインパクトのある家具は少し高価ではありますが、その場を作るのにとても手取り早くシンプルモダンを作ることも可能です。

シンプルモダンに必要なイロハの「

最後の「ハ」は室内のスペースそのもの、つまり建築に関連することです。
これまでご紹介した点を活かすには、それが生きる室内建築であることが大きく左右します。

例えば無機質なデザイナー家具をパイン材の床に置いても、シンプルモダンな印象とはならない訳です。ビニールフロアでもそれは同じです。

これまでの「イ」「ロ」を活かすことができる建築が室内にされていなければ、なかなかシンプルモダンのイメージを作ることは容易ではありません。すでにそのような建築がされている、またこれからリフォームする予定があるなど、室内の建築素材もマッチできる人にシンプルモダンは向いていると言えるでしょう。

おすすめのシンプルモダン家具

【大塚家具】椅子 ネオ

モダンスタイルにぴったりな、シンプルなデザインのダイニングチェア。

合成皮革の張り地と細身のアルミ脚の組み合わせがちょっぴり都会的。リーズナブルな価格なのも魅力的ですね!

カラーはブラック、ホワイト、レッドの3色から選べます。

【ディノス】Detroit デトロイト ポルトガル製テレビ台

ヨーロッパに人気のコンクリート柄で、感性が光るクールなテレビ台。セメント調の石目柄とブラックのコントラストがシックな印象を与えます。

重厚感の中に遊び心が垣間見えるコの字型のデザインは、落ち着いたインテリアの中のちょっとしたアクセントになります。

裏面にはコード穴が2つあり、配線もスムーズに行えます。

【Crastina】フロアライト『STYLISH』

憧れのデザイナーズ照明のようなデザインのフロアライト。
高級感のあるクロームメッキシェードと、台座から伸びたアーチ状アームのシンプルデザインです。

球体は角度調整が可能で、台座は大理石タイプとクロームメッキタイプからお部屋のイメージに合わせて選べます。

ワンランク上のお部屋づくりをしたい方におすすめしたい一点です。

【ディノス】LeClass/ルクラス レザー引き出し付きベッド フレームのみ

牛革張りのヘッドボードにボタン留めを施してボリュームを持たせた、英国調のチェスターフィールドタイプのベッドフレーム。寝室をホテルルームのようなゴージャスな空間に演出します。

床板下には収納に便利な2杯の引き出し付。
カラーはブラックとホワイトの2色から選べます。

【Crastina】ダイニングテーブル「geo」/直径110cm/円卓

クロスした金属脚とガラス天板が洗練された雰囲気のガラステーブル。

約1cmの厚みのガラス天板は強化ガラスを使用しているので、安心してご使用頂けます。

人気のシンプルモダンは決して難しくありませんので、このコラムを読まれて「私なら出来そう!」という方は一度チャレンジしてみてくださいね。

Text=大島香(topophili)http://www.topophili.com