コーディネートがうまくいく 失敗しないソファの選び方

初心者でも失敗しないソファとラグ・カーテンのカラーや柄の合わせ方

ソファの購入を考えるのはどのような時ですか?一人暮らしをスタートする時?引っ越しの時?結婚するタイミング?など、暮らしの変化がある時に買おうかなと頭をよぎることが多いのではないでしょうか。

一年を通してソファが最も売れる時期は意外にも8~9月のようです。ソファは高価な買い物ですのでボーナスで購入する人も多いのかもしれません。

その高価なソファ、一度購入するとなかなか買い換えない家具のベスト3に入るほど、買うとしばらくは使っている人が多いのが現状のようです。

そうなると購入時の失敗は避けたいものですね。ではどうすれば失敗した!と思わないでソファを購入できるのでしょうか。そこで購入時のポイントをご説明いたします。

自分のライフスタイルを知りましょう

初心者でも失敗しないソファとラグ・カーテンのカラーや柄の合わせ方

引用元:Re:CENO

テレビを見たり、くつろぐ時にはどのような体勢が多いか確認しましょう。

まっすぐ足を伸ばして寛ぐのが好き。または、ソファの肘に頭を乗せて横になるのが気に入っている。二人でいつも映画を見るので両方にオットマンが必要。などなど必ず自分の好む体勢がありますのでそれをまず知ることです。

また、まだソファを使ったことがなく、初めて購入する人も、テレビや食事をする際にどういう体勢が自分は落ち着くのか、どういう風にしたいか、憧れがあるかなどをイメージすることから始めてみてください。

素材や形、デザインを考えて

初心者でも失敗しないソファとラグ・カーテンのカラーや柄の合わせ方

ソファの足が見える、見えない、裾が布のボックスタイプ、木の台座があるタイプなどソファの足元の存在はインテリアやライフスタイルを大きく左右します。

足が見えるとその足の素材や色が床色に合うか、したい空間に似合うかがポイントになります。足が見えない場合はどのように見えないのか、布で隠れているだけなのか、それとも板に布が固定されたような幕板になっているのかでも見た目の印象が違います。

傾向として、掃除を好む人は足が見えるタイプを希望されることが多いですし、家具の移動をあまり好まない人はどっしりした幕板タイプを好まれるようです。

素材の特性と自分の好みを確認しましょう

初心者でも失敗しないソファとラグ・カーテンのカラーや柄の合わせ方

引用元:ACME Furniture

レザーは座るとヒンヤリするから嫌という人もいれば、ジュースなどこぼしても拭きやすいから好きという人もいます。確かにレザーは冬はヒンヤリとしますが、スローという布を掛けて使えばさほど冷たさは感じず、夏はそのままが気持ちよいという声もあります。

布製は色も生地も幅広くあり、その分価格の幅もランクがたくさんあります。その中から自分好みの1種類を選ぶのはとても大変ですが、予算を先に決めてから、消去法で「これは嫌い」「これはピンとこない」などと減らしていくと決まりやすいと思います。

素材こそお好み次第なので自分が座ることをイメージして考えてみてください。

ソファと他のアイテムのバランスは大丈夫?

初心者でも失敗しないソファとラグ・カーテンのカラーや柄の合わせ方

さて、ソファの足形、デザイン、素材感を選んだところで、次に考えたいポイントはウィンドゥトリートメント(窓周りのカーテンスタイル)との相性です。

最近は木製ブラインドやバーチカルブラインドなどのモダン好みの若年層が増えてきました。木製ブラインドやバーチカルブラインドなどは柄があるものより、色で選ばれることが多いようです。

壁を広く見せたい場合は壁に近い色を選んだり、ナチュラル感を求める場合はナチュラルブラウンや生成りのような色、少しラスティックテイストの(飾り気のない)カントリータイプなどを選んでいます。このようなタイプであればソファとのコーディネートは難しくないと思いますので気軽に試すのにはよいかもしれません。

服のコーディネートと同じように

初心者でも失敗しないソファとラグ・カーテンのカラーや柄の合わせ方

引用元:Re:CENO

次に、カーテン生地を使用したドレープやレースなどを使う場合、ソファとのコーディネートは少しでもインテリア効果を狙いたいものです。考え方は洋服のコーディネートと同じで、チェック柄のスカートを身につけている時にストライプ柄の上着を選んだりはしませんよね?

ソファの柄や色がとても気に入っているなら、そのソファが引き立つような、抑え気味の補助色で柄のないカーテンを選ぶとよいでしょう。

反対に、気に入ったカーテンをすでに窓にかけているのなら、そのカーテンに使われている色の中から1色選んで、ソファの布を同じ色にすると簡単に相性のよいコーディネートをすることができます。

ラグマットの存在には意味があります

初心者でも失敗しないソファとラグ・カーテンのカラーや柄の合わせ方

引用元:Francfranc

ソファを買う時に一緒に買うことが多いラグマット。あなたはラグマット派ですか?何も敷かない派ですか?ラグマットを敷く効果としてその場をコーナー付けるという印象的効果やソファの足で床を傷つけないという実用的な役目もあります。

海外ではソファやダイニングとカーペットの間にコーナーラグを敷くことがありますが、日本ではラグマットを敷く場合はソファの下が多く見受けられます。それは日本の座卓、正座文化の名残があるからかもしれません。

ソファを背もたれ代わりにして足を伸ばして床に座る人にはラグマットの存在は必須になるようです。また小さなお子さんがいる場合もラグマットがあると寝転んだり、座って絵を描いたりするのに便利なようです。

それではラグマットを敷く場合はどのようにソファと合わせるとよいのでしょう?

ソファの前部のみをラグマットに載せるのか、それともソファ全部を載せるのかを考えるときはラグマットの厚みに注意が必要です。もし前部だけならばあまり厚みがないタイプを選び、ソファが後ろ下がりにならないようにしないといけません。

またラグマットの柄選びは先ほどのカーテンと同様でソファの色が1色でも入っているものを選ぶと失敗しないですむでしょう。

いかがでしたか?なんとなく失敗しないで買えそうな気がしてきたでしょうか?

3Dのシュミレーションを使用して欲しいソファとラグやカーテンを合わせてみると、よりイメージが沸き失敗せずに済みそうです。是非試してみてくださいね。

Text=大島香(topophilihttp://www.topophili.com