理想のソファの選び方、内部構造と張り地がポイント?

デザイン、座り心地、サイズ感 、すべてを叶える理想のソファの選び方

ソファは素材やサイズ、デザインによって価格が異なり、手頃なものもあれば、非常に高価なものまで、実にさまざまです。

ソファはお部屋の中心にもなる重要な要素なので、慎重に選びたいものですが、その選び方は何を基準に検討すれば良いか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、あなたのライフスタイルに合ったソファの選び方をご紹介します。

知っておくとためになるソファの内部構造

ソファの良し悪しを左右するのは、デザインや素材ではありません。実は内部構造が座り心地の良さや、耐久性に大きく関係しています。ソファはその内部構造にこだわっているものほど、値段が高くなるのです。

一般的なソファは、フレームにウレタンフォームと呼ばれるスポンジ素材のようなものを乗せてクッションを作り、そのクッション部分に衝撃吸収材を組み合わせて、座ったときの衝撃を和らげています。

実は、ソファの耐久性や座り心地を安定させるのは、クッション部分ではなく、衝撃吸収材です。衝撃吸収材には「コイルスプリング」、「ウェービングテープ」、「S字ばね」の3つがよく使われるので、覚えておくと良いでしょう。

引用元:Crastina

コイルスプリング

縦巻きのスプリングが個々に体重を支えるので、座面のどの部分に座っても均等に体重を受け止めてくれます。

へたりにくく耐久性が高いので、比較的高価なソファに使われていることが多いです。

引用元:大塚家具

ウェービングテープ

繊維とゴムを混ぜたような幅広のテープを縦横に組み合わせたもので、座り心地は柔らかく沈みこむような感じ。

コイルスプリングほどの弾力や耐久性はなく、比較的手頃なソファに使われていることが多いです。とはいえ、最近のエービングテープは質が良く、耐久性もかなり期待できます。

引用元:大塚家具

S字ばね

銅線を波形に曲げていることからその名がつきました。

弾力、衝撃吸収力はコイルスプリングには劣りますが、しなやかな弾力を持ち合わせているので、座り心地も良く、コストの高いコイルスプリングに代わって主流になりつつあります。

張り地は見た目とお手入れ方法が選び方のポイント

ソファの張り地は

・本革
・合成皮革
・布

の3種類が主流です。

見た目の印象はもちろん、お手入れ方法も変わってくるので、自分のライフスタイルにあったものを選びましょう。

引用元:大塚家具

重厚感のある「本革」

高級感のある本革は、しっとりとした肌触りで、クラシカルでモダンな雰囲気のお部屋にぴったり。牛革が使われることがほとんどで、上質な革は通気性や吸湿性に優れています。

オイルやクリーナーで年1〜2回メンテナスすれば、使い込むほどしなやかになり、経年変化が楽しめます。水に濡れたり、摩擦によって変色するので注意が必要です。

【IDEE】SERIEUX SOFA Camel 1600

シンプルなデザインながらデティールにこだわった本革ソファ。四角いフォルムがさりげないアクセントを演出します。

体を包み込まれるようなゆったりとした座り心地。永く使うほどに革の風合いが増す、味わい深い一点です。

重厚感のある本革ソファ

引用元:IDEE

【Crastina】ウルティマソファ/2.5人掛け/幅180cm

上品な光沢感のあるホワイトのオールレザーソファ。ポケットコイルスプリングを採用し、ばらつきのない安定した座り心地が特徴です。

座面にはウェービングテープとS字をダブル使いし、耐久性も抜群。適度な弾力があり身体が沈みにくいので、疲れにくく快適な座り心地です。

お手入れ簡単な「合成皮革」

見た目はレザーに近く、ポリウレタンなどをベースに作られた人工的な生地。加工や着色もしやすく、インテリアにマッチした色を探しやすいのが特徴です。

値段も手頃で、汚れても水拭きできる気軽さも魅力的。小さな子供やペットがいる家庭に特におすすめです。

【Re:CENO】RUSO カウチソファ

アメリカンヴィンテージスタイルの国産カウチソファ。天然木の暖かみと無骨なブラックレザーの組み合わせが、ファッション性の高いコーディネートを作り出します。

水にも強いPVCレザーが使用されており、もし飲み物をこぼしてしまってもサッと拭き取ることができるので安心ですね。

少し硬めのクッションで長時間座っても疲れにくく、食事をとるときのダイニングソファとしても最適。

お手入れ簡単な合成皮革ソファ

引用元:Re:CENO

【大塚家具】ラブソファ ベローナ2 ソフトレザーNブラック#C500S

高級感のあるブラックのレザーソファは、すっきりとしたフォルムのモダンなデザインで、重たくなりすぎないのがポイント。なめらかな触り心地で伸縮性の高いソフトレザーは、汚れがつきにくくお手入れも簡単。

座面にはS字スプリング、ポケットコイルと3種類のクッションを組み合わせており座り心地も抜群です。

色柄豊富な「布」ソファ

自然なやわらかさとあたたかみを感じられる素材で、色、柄、テクスチャーなど選択肢が広いのが特徴。

撥水加工や防汚加工をしてあるものも多いですが、本革や合皮に比べると汚れやすく、手入れはしにくくなってしまいます。カバーが外せて洗えるタイプのものもあるので、生活シーンにあわせて選ぶと良いでしょう。

【IDEE】POLA SOFA

丸みのあるフォルムと、細部の脚部のバランスが美しい「POLA SOFA」はIDEEのベストセラーアイテム。デンマークの家具をイメージし、日本の家庭でも馴染むようにデザインされました。

アームや背を薄くすることでコンパクトな3人掛けソファを実現。スペースを気にして3人掛けを避けていた方にも是非おすすめです。

脚部はナチュラル、ダークブラウン、アントンブラウンから。張地は豊富なカラーバリエーションから選べます。

色柄豊富な布ソファ

引用元:IDEE

【Re:CENO】2.5人掛けソファ Mile

ふっくらとボリュームのあるフォルムで、包み込まれるような優しい座り心地が魅力のソファ。硬さを感じさせないウレタンクッション入りの肘掛けは、寝転んだときのちょっとした枕にもグッド。

脚部を外してローソファとしても使用できるので、床座スタイルがお好きな方にもぴったりです。

カラーはベージュとグレーの2色展開。

【大塚家具】ソファ シネマ ウォールナット材 カバー 布#2/ベルト付

あたたかみのあるウォルナット材を使用した布ソファ。取り外し簡単なカバーリングタイプで、8色から選ぶことができるので、気分や季節に合わせて着せ替えることもできます。

横幅は160cmとコンパクト設計なので、1人暮らしのお部屋にもぴったり。アクセントカラーを選んで、インテリアのポイントにするのもおすすめです。

基本的な知識があれば、生活シーンや目的に合わせてソファを選ぶことができます。

高価なソファが耐久性も優れているのはもちろんですが、自分のライフスタイルに合わなければ、無理して手に入れる必要はありません。じっくり向き合って検討してみてはいかがでしょうか。